≫運営者のプロフィール

【コツ】独学でボイストレーニングをするなら歌や声をスポーツとして捉えてみるのも大事

IMG_6341

どうも!ブロガーのカンノです。

 

独学でボイストレーニングを続けていると、ふと思うことがあるんです

ぼくはスクールに通わず自力でボイストレーニングをしてるのですが、練習を続けてると「あること」に気づきました。

それが「ボイトレや歌ってスポーツだよなぁ」ってこと!

 

「なに言ってるの?スポーツじゃなくて音楽でしょ?」

「歌は芸術であり表現じゃないの?脳筋なの?」

もしかしたらそう思われるかもしれませんね。(泣)

ですが、ぼく自身「ボイトレをスポーツ」として捉えてからの方が成長スピードが増したような気がしてるんですよ!

この考えはもしかしたら独学で頑張るあなたの参考になるかもしれないので、シェアさせてください。

 

声は声帯や首回りの筋肉が連動することで出てくる全身運動

まず声の正体を分解していきましょう!

ぼくたちがなにげなく使っている”声”ですが、これっていったい何でしょうか?どこから出てるのでしょうか?

実は声は喉仏の中にある”声帯”と呼ばれるひだ状の筋肉を動かすことで出ているそうです。

もう少し詳しく言うと、声帯を動かすためにその周りの筋肉が連動することで声帯を通った空気が声に変換されるんですよね。

なんだか難しいことを言ってますね。笑

まあ、こういう専門的なことはさておき。注目すべきは普段何気なく使ってる声ですら”筋肉”によって動かされているということです。

無意識になにも考えずとも出てくるぼくらの声は、実は「筋肉を動かすことで起こる全身運動」によって出されてるんです。

そう考えると”声”という行動の捉え方がちょっと変わってきませんか?

 

歌は声という全身運動を絶妙なバランスで音色に変えたもの

声が筋肉を動かす全身運動だとすれば、歌はどうでしょうか?

たとえば今ここで「あ~~~」と声を出せば、そのとき声帯が筋肉で動いて声に変換されています。

一方で歌の場合は音程やリズム、声の種類など普通に声を出すよりも難易度が高いですよね。

これは先ほど説明した声を作る筋肉たちが複雑に動くことで”歌声”という絶妙なバランスの存在を生み出してると言えます。

まず声という基本があり、その応用として歌声が存在するわけですね。

筋肉を動かし、繊細な動きを再現しようとする歌や声はスポーツそのもの

声や歌の捉え方を理解してもらえたところで、1つ疑問がわいてきませんか?

 

筋肉を動かしその精度や技術を高めていくのって、そのまんまスポーツに置き換えれないか?

これです。

実際に筋肉を動かし、精度や技術を高めていくのはスポーツでやることなんですよね。

音楽や歌と聞けばどうしても芸術のイメージがありますが、こう考えると捉え方が変わってきますよね。

スポーツ選手は筋トレや基礎練習をくりかえし自分の体の使い方を覚え、試合でその能力を最大限に発揮します。

同じように歌手もボイストレーニングをしたりコンディションを整えることで、その能力をライブなどで発揮します。

ジャンルは違えど、どちらも根本的にやっていることは同じのような気がするんですよね。

あなたはどう思いますか?歌って意外とスポーツの側面がないでしょうか?

 

普段のボイストレーニングでもスポーツとして練習に取り組んでみよう

こんな経緯があってぼくは歌(特にボイストレーニング)をスポーツとして捉えるようになりました。

もちろんすべてがスポーツと同じ!というわけではありません。

ですが、自分の声をスポーツ選手に例えて理解することで今までより成長のスピードが変わってきたんですよね。

○ 今日の声は少し疲れがたまってるから休ませてあげよう

○ 今の自分はこの筋肉がうまく動かせてないな

○ この筋肉のトレーニングが足りてないかも、、、

こんな風に自分の身体と会話する機会ができるので、「自分が生徒であり先生」の独学ボイトレでとても役に立ってます。

 

まとめ:独学でボイストレーニングをするなら歌や声をスポーツとして捉えてみるのも大事

自分の声をスポーツとして捉えてみてはどうでしょうか?

この記事で伝えたかったことをまとめます。

POINT

○ 声は筋肉の運動によってつくられる

 

○ 歌は声という筋肉運動の絶妙なバランスによってつくられる

 

○ 筋肉を動かしその精度や技術を高めるという点で歌はスポーツと同じ

 

○ スポーツという側面からボイストレーニングに取り組んでみては?

自分の声をスポーツとして捉えることで意外な発見があったりします。

特に独学でボイストレーニングをしてる方は「どうすれば理想に近づけるか?」ということを日々考えてると思います。

「どうも最近は成長できてないな、、、」

もしそんな風に感じることがあれば、一度この考え方を取り入れてみてはどうでしょうか。

ボイストレーニングはスポーツである。

 

この記事があなたの独学ライフの参考になれば幸いです。

以上、【コツ】独学でボイストレーニングをするなら歌や声をスポーツとして捉えてみるのも大事 という話でした。

ではでは!

ぼくのボイトレのバイブルがこちら。

CDの声をマネするだけで無理なく高音発声に必要な基礎がつくれちゃいます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました