≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

タングトリルとは?そのやり方やできないときのコツ、練習の効果を解説する

IMG_6363

どうも!ブロガーのカンノです。

 

ボイトレしてたら”タングトリル”っていう謎のトレーニングに行き着いたけどこれなに?

という人に向けて、この記事ではタングトリルの正体や具体的なやり方を解説します。

またタングトリルができるようになると、以下のような効果も期待できるんですよ。

○ 自分のパフォーマンスを最大限まで引き上げる

○ 余計なチカラやクセを取り除く

○ 声を自由に扱えるようにする

改めて書いてみるとすごい万能ですね、、、笑

それだけにボイストレーニングをする上で大切なエクササイズになるので、ぜひ覚えていってください!

 

タングトリルとはなに?

すごくザックリ言うと”巻き舌”のことになります

ザックリしすぎですね笑

ですが、巻き舌ができる人なら8割方タングトリルができてると言っても過言ではありません。
ちなみに巻き舌がよくわからないという人に例を出してみると

○ 電話の「プルルルルルル」という音のマネ

○ 怖い人たちが「コルルルァ!!」と怒るときの声

などが巻き舌になります。
あなたも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?
タングトリルは巻き舌ができればほぼ完成してるので、ぜひイメージを膨らませてみてください。
「ごめん!何言ってるかぜんぜんわからない!」
という人はこちらにぼくが「タングトリルをしてみた音源」があるので参考にどうぞ。

リップロールとの違いはあるのか?

リップロールっていうトレーニングもあるみたいだけど何が違うの?

おそらくですが”タングトリル”というマニアックな単語を知ってるあなたですから、”リップロール”というトレーニングも聞いたことがあると思います。

「リップロールとタングトリルってどう違うの?」

という疑問があると思うのでここでは簡単に解説しますね。

 

まず、基本的にはどちらも歌に使う筋肉をほぐしてくれるウオーミングアップの効果があります。

ただしタングトリルの場合は舌をよく使うので、唇を震わせるリップロールとは微妙に使う場所が変わるんですよね。

「効果が変わらないならどっちでもいいじゃん!」

そう言われてしまうとなにも言えませんが、両方できたほうがより歌声を開放してくれますよ。

また、リップロールがどんなものか気になる人はこちらをどうぞ。

タングトリルの具体的なやり方を解説

ここからはタングトリルの具体的なやり方を解説していきます

では実際にあなたにもタングトリルをやってもらいましょう!

こちらに簡単なタングトリルの手順を説明しておきますが、「これでわかりそう」という人はさっそくはじめてみてください。

タングトリルのやり方

① 口を軽く開いて前歯に近い上顎に舌先をつける

 

② 「ドゥルルル」という音をイメージしながら息を吐く

 

③ ②の「ドゥルルル」という音に声をつけてみる

 

④ ③に慣れてきたら地声から裏声まで自由に発声してみる

1つずつ順を追って理解していきたい人はステップごとに解説を入れてるので、一緒にやっていきましょう!

 

① 口を軽く開いて前歯に近い上顎に舌先をつける

まずは舌先を上顎に軽く当ててみてください

まずはリップロールのフォームからですね。

口を軽くあけてもらって、舌先を上顎に軽く当ててみてください。

舌先を当てる場所は上顎のなかでも前歯に近いあたりがやりやすいと思いますよ。

どうでしょうか?自分の顔を正面からみたときに舌の裏側が見えていればOKです。

それがタングトリルをする際の基本フォームになるので覚えておいてください。

 

②「ドゥルルル」という音をイメージしながら息を吐く

「ドゥルルル!」という音をイメージしながら息を吐いてみましょう

つぎに声を出さず息だけで「ドゥルルル!」と巻き舌にしてみてください。

①で確認したフォームを意識しながら、「ドゥルルル」という音をイメージするとやりやすいですよ。

どうでしょうか?

これ、ぼくもやってみたんですけど「声を出さないほうが難しい」気がするので、最悪できなくてもいいです。笑

 

③ ②の「ドゥルルル」という音に声をつけてみる

②でやった「ドゥルルル」に声をつけてみましょう

さあこれが仕上げです!

②でやってもらった声を出さない「ドゥルルル」という巻き舌に、今度は声をつけてみましょう。

ハッキリと口に出して「ドゥルルル」と言ってもいいですし、出しやすければ他の音でもかまいませんよ。

「ドゥルルル」「トゥルルル」「ルルルルルル」出しやすければ何でもOKです!

 

いかがでしょうか?

巻き舌に声がのれば、それがあなたの”タングトリル”になります。

ここでできなかった人も後半に「タングトリル」のコツを紹介してるので、参考にしてみてください。

④ ③に慣れてきたら地声から裏声まで自由に発声してみる

③に慣れてきたら今度はいろんな声で試してみましょう

ここまで出来ている方はタングトリルには抵抗がないはずなので、もっと応用してみます。

具体的には低音~高音までを地声や裏声などでいろいろ試してみてください!

まんべんなく声を出してあげるとウォーミングアップの効果も大きいので、その日はカラオケにでも行きましょう!笑

いつもより声が軽く感じると思いますよ。

おつかれさまでした!

タングトリルがうまくできないときの対処法

手順通りにやってもうまくできないのですが、、、

タングトリルってコツをつかむまでが難しいんですよね。

そんな人のためにこちらではうまくできないときのコツや対処法を紹介しておきます。

○ タングトリルの音源を聴いて頭の中にイメージを作る

○ 舌先を上顎につけるタイミングと声を出すタイミングを同時にする

以上のポイントになるのですが、これでわかる方はさっそく試してみてください。

もし、「それでもできない、、、」という方がいればコメントをくださればできる限り回答します。

タングトリルの音源を聴いて頭の中にイメージを作る

タングトリルを文章で説明してみてわかったのですが「けっこうイメージがしづらい」んですよ。

特に初めてやる人にとってはイメージできないと「どれが正解なのか?」わかりませんよね。

なのでこの記事を読んでもタングトリルができない人は参考音源をたくさん聞いて「イメージを鮮明にしてほしい」んです。

記事の冒頭でぼくが実際にやってみた音源でもいいですし、YouTubeなどで「タングトリル」と調べればたくさん出てくると思います。

そうして音源に触れていくことでタングトリルのイメージがしやすくなったら、改めて挑戦すればいいのではないでしょうか。

 

舌先を上顎につけるタイミングと声を出すタイミングを同時にする

タングトリルのやり方①で「最初は舌先を上顎につける」と言いました。

間違ってはいないのですが、実際は舌先をつけた状態で声を出そうとすると「難易度が急に上がります」

舌先をつけることは必要ですが、そのタイミングは声を出すのとほぼ同時がいいです。

自転車に乗ったらすぐペダルをこぎ始めるように、タングトリルも舌先と声をほぼ同時にやってみてください。

それこそ少し勢いをつけるくらいでやってみると意外にうまくいくと思います。

タングトリルによって得られる効果やメリット

そもそもタングトリルをすることでどんなメリットがあるの?

という人もいると思うので、こちらにタングトリルで得られる効果やメリットをまとめておきました。

① 表情筋や舌回りなどの歌に必要な筋肉のウォーミングアップ

② 歌に使う適切な空気量のコントロール

③ 余計なチカラが入りずらいので発声時のクセが抜ける

どんな効果があるか?を理解することで練習のモチベーションや意味も変わってくると思うので参考にしてみてください。

 

① 表情筋や舌回りなどの歌に必要な筋肉のウォーミングアップ

まず第一にタングトリルはウォーミングアップとしての効果が期待できます。

あなたもやってみてわかったと思いますが、舌先を震わせながら声を出すことで「声が軽くなってほぐれる感覚」があったと思います。

これはタングトリルによって歌でよく使う表情筋や舌回りの筋肉がストレッチされてるからなんですよね。

スポーツで言えば準備体操のようなものですね。

ぼくも歌う前はタングトリルをするのですが、やらないときよりも声の立ち上がりや自由度が明らかに違います。

 

② 歌に使う適切な空気量のコントロール

タングトリルをやってみてわかったと思うのですが、「適切な息の量」でないとうまくできないですよね。

実はこの「声を出すときの息の量」は歌をうたう上でとても大切になります。

ブレス、ロングトーン、高音発声など。いろんな場面で息のコントロールが必要になりますからね。

その練習としてリップロールは役に立ってくれるというわけです!(すごい!)

 

③ 余計なチカラが入りづらいので発声時のクセが抜ける

7283236f.jpg
(脱力しすぎな我が家の愛猫くん)

いつもの声と違って、タングトリルは強弱をつけたり力を入れるのが難しいですよね。

それだけにタングトリルは余計なチカラが入りづらいので、脱力した発声をすることができてます。

「余計なチカラを抜いて脱力した声」というのはボイストレーニングで自分の声を作っていく基礎になるので、リップロールはその基礎作りもになってくれるんですよね。

 

まとめ:タングトリルのやり方やできないときのコツ、練習の効果を解説してみた

タングトリルがどんなものか理解してもらえたでしょうか?

ただの巻き舌でしょ?

と言われればそれで終わりなのですが、実は巻き舌ってボイストレーニングになるんですよ!笑

適切な息の量、ウォーミングアップ、脱力した発声などなど

タングトリルができるだけでもこれだけの効果が期待できちゃいます。

リップロールと同じくやらなきゃ損の手ごろなトレーニングなので、ぜひチャレンジしてみてください!

この記事が独学で頑張るあなたの参考になれば幸いです。

 

以上、タングトリルとは?そのやり方やできないときのコツ、練習の効果を解説する という話でした。
ではでは!

 

 

ぼくのボイトレのバイブルがこちら。

CDの声をマネするだけで無理なく高音発声に必要な基礎がつくれちゃいます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました