≫Amazonで買って後悔しないグッズまとめ!

【感想】パレオダイエットの教科書(鈴木祐)は健康になりたい全人類におすすめ

ども!健康オタクのカンノです。

漠然と体調が悪い!最近太ってきた!すぐに風邪をひく!うつ気味かもしれない、、、

日々くらしていると直面するこれらの問題ですが、今回はそんな”健康全般”に役立ちそうな本を読んだのでご紹介。

ぼく自身、肌が荒れやすかったり、アレルギー持ちだったり、風邪を引きやすかったりしてずいぶんと不健康な暮らしを送ってきました。

ですが、今回紹介する”パレオダイエットなるもの”を実践することでそれらの症状が根こそぎ改善しつつあるんですよ。

、、、なんかこういうと宗教勧誘みたいですが、一応科学的根拠(エビデンス)に基づいてますのでご安心いただければと思います笑

なので、もし「自分も今の健康状態に不満がある!ありまくる!」という方はお手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

【感想】パレオダイエットの教科書を読んで気になったポイント

ちなみに本書の著者である鈴木祐さん(通称パレオさん)はご自身のブログで最新の科学論文をわかりやすくまとめてくれるスーパーマン。

このブログを読むだけでも健康に対する考え方やQOLが劇的に改善すると思うので、この記事を読まずとも鈴木さんのブログは読んでみてください。泣

また、鈴木さんご自身も豊富な研究データを参考にしつつパレオダイエットを実践してきた張本人でして、本書に書いてある内容には経験に基づいた知識もふんだんに散りばめられてました。

参考:パレオな男

 

 そもそもパレオダイエットとはなんぞ?

ここでいうパレオとはパレオリシック(旧石器時代)の略称でして、ざっくりいうと旧石器時代の人々(狩猟採集民)の生活を現代に取り入れて健康になろうぜ!というのがコンセプトになります。

とはいえ、「え、なんで原始人の生活をマネしなきゃだめなの?今、もう令和だよ??」と思うかもしれません。

その答えとして本書ではこのような説明がありました。

人類が誕生した旧石器時代は、およそ260万年前に始まり、1万年前に終わりを迎えました。つまり、人類は約10万世代にわたって木の実や根菜を集め、野生の動物や魚を狩りながら暮らしてきたわけです。

それに対し、農耕や牧畜が始まったのは1万年前のことで、現在のように加工食品やファストフードが広まったのはわずか100年前にすぎません。つまり人間のココロと体は、おもに旧石器時代の環境でうまく働くように進化したと考えられるのです。

つまり、現代人のカラダはまだまだ旧石器時代のカラダがベースになってるんだから現代の暮らしに適応できてないのでは?という仮説になるんです。

実際、旧石器時代の人々には現代病である糖尿病、うつ病、メタボ、がん、ニキビなどがほぼ確認されなかったとか!

そう考えると狩猟採集民の暮らしを取り入れることが現代人の病や不調を取り除く答えになりそうですよね。

 

ではどうやってパレオダイエットを実践すればいいのか?

とはいえ「そうかじゃあ原始人の暮らしに戻れば健康なのか!サバンナに行こう!全裸で過ごそう!」とはなれませんよね笑

そこで本書では「食べる・寝る・動く」という3つをベースに、現代人でも取り入れやすい狩猟採集民の暮らし方を紹介してました。

というわけでここでは各カテゴリーから気になるものを1つずつ紹介していきます。

 

食べる

まず、衝撃だったのが”人はもともとスリムな体型になるようにデザインされている”という事実でした。

「え、でもぽっちゃり体型の人とか太りやすい人もいるじゃん!今ではメタボなんて病気もあるくらいだし!」

ぼくもそう思ったのですが、どうやら現代の食生活が本来はスリムになるはずの人間を肥満に変えてしまうのだとか!

その大きな要因として本書で挙げられていたのが”セットポイント”という理論でした。

セットポイントとは?

・食べる量を増やした場合:空腹感が減り、体脂肪が燃えやすくなる

・食べる量を減らした場合:空腹感が増え、体脂肪が燃えにくくなる

つまり、本来なら人は食べ過ぎれば空腹にならず脂肪が燃え、食べなければ空腹になり体脂肪が燃えにくくなって結果的にスリムな体を維持するということ。

 

ところが現代ではこのセットポイントが崩れているために食べ過ぎても空腹になり、肥満やメタボが誕生してるんです。

そして人のセットポイントを揺るがす最大の原因として本書では”加工食品”を挙げていました。

ひと言で加工食品といってもそれは様々で、お菓子、ジャンクフードはもちろんのことハムやコンビニ弁当、ジュースなども含まれます。

そして本の中ではこうして結論付けていました。

加工食品によって脳が暴走したせいで、カロリーを摂り過ぎてしまうから太る。これが現代の肥満研究の結論なのです。

 

寝る

本書では狩猟採集民には不眠症がなく、誰もがスッキリ起きていると書かれていました。

ところが現代では不眠症はもちろん、目覚めの悪い朝もありますし、巷では睡眠薬や快眠を促す食品まで出回ってますよね。

では狩猟採集民と現代人の睡眠の差はなんなのでしょうか?

本書では

・光のコントロール

・日中の運動量

・ストレスホルモン

・睡眠環境

の4つの要素に分けていましたが、ここでは「光のコントロール」に注目してみます。

 

太古の人類は、長きにわたって太陽のリズムに従って暮らしていました。そのため、私たちの体には、生まれつき、自然光に反応して睡眠をコントロールするシステムが備わっています。これが「体内時計」です。

まず知って欲しいのが体内時計の存在ですね。

狩猟採集民は太陽の光を頼りにして暮らしていたため、光に反応して活動と睡眠をコントロールするようになっているんです。

ところが現代の生活では太陽以外の光が生まれたことで、人の脳が混乱してしまうわけです。

人工照明の登場によって、事態は大きく変わりました。夜でも明るい状態が続くせいで体内時計がパニックを起こし、いつ眠りにつき、いつ目を覚ませばいいのかが、判断できなくなってしまったからです。

 

そこで必要になるのが”光のコントロール”でして、具体的には夜間のブルーライトをカットするのが大切だとされてました。

というのも夜も光を浴びて過ごすのは脳に「朝ですよ!」と呼び掛けているのと同じなので、これでは寝つきも悪く、熟睡もできません。

なので、部屋の明かりを落としたり、スマホやPCの使用をやめるなどしてブルーライトをカットしていくんです。

本書には他にも様々なブルーライト対策があったので、手にした方はぜひ実践してみてください。

 

動く

あー出た出た!どうせ運動しないといけないんでしょ?筋トレとかハードなトレーニングとか!

そう思う人もいるかもしれませんがご安心を!

狩猟採集民の運動とはつまり狩りや食糧調達なわけですから、基本的には「歩く(ウォーキング)」だけでOKです。

とはいえ、歩くだけでいいならみんな歩いてるしスリムになるのでは?という意見もあるでしょう。

それは本書でも触れてる点でして、運動だけでは痩せることはできませんが、そのかわりに多くのメリットがあるとされてました。

具体的にはこちら

・若返り

・メンタルの改善

・頭を良くする

ここでは詳しいことに触れませんが、こうしたメリットが科学的に証明されていて、あらためて「運動って超大事だなぁ」と実感させられました。

 

また、本書のテクニックを1つ紹介しておくと、”NEAT(日常動作の活動量)”を増やすだけでも運動効果は得られるそうです。

例えば一駅前から歩いて帰る、エレベーターではなく階段を使う、立って読書してみるなど。

エクササイズの時間を設けなくとも日常動作に運動を組みこむことで、自然と健康になれるようです。

最後にNEATに関する嬉しい研究結果を紹介しておきましょう。

NEATを増やすだけでも、なんと週3のジム通いと同じだけの運動量になるというのです。

 

まさに塵も積もれば山となるですよね(しみじみ)

 

 パレオダイエット実践中のぼくの感想

そうは言ってもパレオダイエットって本当に効果あるの?と思われるかもなので、ぼくの感想も伝えておきます。

この記事を書いてる現在のぼくはパレオダイエットをはじめて1ヵ月ほどですが、以下のような効果を実感しております。

・とにかく毎日がすこぶる快調

・肌荒れが日々改善(具体的にはニキビが減ったり)

・余分な脂肪が落ちて腹筋が見えてきた(筋トレしてるからかも)

・メンタルの安定感が増した

・空腹になるとちゃんとお腹が空くように

・自然と食べ過ぎることがなくなった

・お通じもGOOD(下痢をしなくなりました)

・ジャンクフードやお菓子を食べたい!という欲が少なくなった

・布団に入ってから5分以内には寝てる

個人的には「もうパレオな生活しかしたくない!」と思えるほど効果を実感してますが、あくまで一個人の感想なので参考程度にどうぞ。

 

また、「そんなにストイックに暮らしてストレスたまらない?」と思うかもしれません。

ですが、基本的には加工食品を避ければどれだけ食べてもOKですし、夜もしっかり眠れるので翌日に疲れも残りません。なにより、運動を頑張る必要がないので気持ちよくカラダを動かせていい感じです。

強いてデメリットを挙げるとすれば、野菜、肉、フルーツなどの消費量が増えるので家族から少し白い目で見られたりするくらいですね笑

なんにせよ無理なく続けられますし、実感するメリットが多すぎるので「このまま一生続けるか~」と思うレベルには気に入ってます。(ほんとに始めてよかったなぁ)

 

一生健康でいたい方はぜひ「パレオダイエットの教科書」をどうぞ


というわけで、基本的にはべた褒めばかりしてきましたが、本当に褒めることしかないので仕方ありません笑

「太古の人々の暮らしを取り入れる」と聞けば抵抗があるかもしれません。

ですが、そこには人類は健やかに生きるための本質が詰まっていました。

これまでいろんな健康法を試したけどどうにも続かないし効果も出ない。

そんな人には激しくおすすめできる一冊だと思いました。

 

以上、【感想】パレオダイエットの教科書(鈴木祐)は健康になりたい全人類におすすめという話でした。

ではでは!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました