≫Amazonで誰でも1000円もらえる裏ワザ

【疲れる】刺激に敏感な内向型は社会で疲れやすい理由【対策アリ】

ども!内向型ブロガーのカンノ(@kanno414)です。

 

なんだかいつも疲れる。普通に生活してるだけなのになんでだろう?自分が内向型だから?

 

こんな質問に答えますね。

【この記事の内容】

 

・まずは内向型について知ろう

 

・内向型にとって現代社会は疲れやすい理由

 

・疲れやすい内向型が取るべき対策

ちなみに記事を書いてるぼくもかなりの内向型でして、いつも謎の疲労感を持ちながら暮らしてました。

でも、周囲を見るとぼくのように疲れ切ってる人がいなくて「これなんでだ?」と不思議だったんですよね。

同じように生活して元気な人もいれば、ぼくのように疲れる人もいる。

ですが、自分が内向型だということを知ってからは「疲れやすさの謎」が解決したんですよね。

というわけで本記事では「内向型が疲れやすい理由」を解説していきます。

 

 そもそも「内向型」とはどんな性質?

「内向的・内向型」という言葉は聴いたことがあると思いますが、その意味はご存知でしょうか?

かく言うぼくも知らなかったのですが、本を読んで内向型について学ぶことでその意味がわかってきました。

ここではざっくり説明しますが、内向型とはこんな性質を持つ人のことなんです。

【内向型とは?】

・外部の刺激に敏感な性質を持つ人

 

・刺激には対人関係や環境などが含まれる

 

・刺激に敏感なため、内向型にとって「一人の時間」が休息になる

 

・反対に人と会うのは刺激が強く、エネルギーを使う

 

世間的には内向型って根暗で内気で人見知りなイメージがありますが、実は違うんですよね。

刺激に対して敏感に反応してしまう人のことを「内向型・内向的」と定義しているんです。

もしかすると「これは自分の説明ですか?」と思った人がいるかもしれませんね笑

また、自分が内向型かよくわからない人はこちらに内向型診断テストを用意してます。

科学的に根拠のあるテストも紹介してるので、自分を深く知りたい方は【診断】内向型のチェックテストをまとめてみた【あなたは内向型?外向型?】をどうぞ。

 現代社会は内向型にとって刺激が多く疲れやすい

「外部の刺激に敏感なのが内向型」とわかってもらえたと思います。

では、なぜ内向型は疲れやすくなるのか?と言えば、そもそも現代社会が刺激に溢れてるからなんですよね。

例えば、、、

・情報にあふれたネットやSNS

・人とモノに溢れた都会

・外向的で社交的な人が好まれる社会

・学校や会社など集団生活が当たり前とされる環境

こんな感じで、内向型にとって刺激になるような要素がそこらじゅうに溢れてるんですよ。

そして刺激を毎日多量に浴びていればそれがストレスになり、やがて疲れとして現れる。
もしかすると「え?そんなことで疲れるの?普通のことじゃない?」

そう思うかもしれませんが(ぼくも以前はそう思ってました)、内向型にとってこれらの刺激を受け続けるのはきついんですよね。

 具体例:都会で生活する内向型の1日

例えば都会で生活する内向型を例にしてみましょう。

 

朝起きたら会社や学校へいくために電車に乗ります。

通勤ラッシュと重なれば人がぎゅうぎゅうに詰め込まれた車内で過ごすことになるでしょう。

やっとの思いで目的地に着いたら同僚や友人、その他の人たちと顔を合わせ軽く話します。

職場では新しい取引先とのあいさつ、学校では初対面の人とのグループワークなど、多くの人と関わる場面があるでしょう。

仕事や学校が終われば人が溢れる街に繰り出し、お酒を飲んだり友だちと遊びに行くこともありますよね。

そして待ちに待った休日にはSNSで知り合いの楽しそうな投稿が溢れ、自分も遊ばないと!という気持ちになって外に出かける。

結果:超疲れた

 

一見すると誰もが経験するあたりまえの日常に思えますが、内向型にとっては刺激の連続だったりするんですよね。

満員電車、対人関係、人ごみ、遊び、SNS、休日の過ごし方など。

すこし極端な例を挙げたかもしれませんが、内向型にとってはこれらの何気ない日常が疲れの原因になることがあります。

 

念のため言っておくと、だからと言って「人嫌いになれ!」とか「友達と遊ぶな!」というわけではありませんからね笑

外向的な人にはあたりまえの生活でも、内向型にとっては刺激が強かったりするということです。

 まとめ:刺激に敏感な内向型は社会で疲れやすい理由

内向型の性質を理解できれば、疲れやすい理由が見えてくるんだよね

ここまでの話をまとめます。

・内向型とは刺激に敏感な性質を持つ人

 

・刺激には対人関係や環境などが含まれる

 

・現代社会は内向型の刺激になる要素が溢れている(満員電車、集団生活、都会、SNSなど)

 

・刺激を受けすぎるとストレスがたまり疲れる

考えすぎなだけじゃない?それくらい我慢しないと!

そう思うかもしれませんが、内向型は脳の構造で決まるのでどうしても「あたりまえのことが疲れる」場合があるんですよね。

ぼくも学生の頃にみんなのノリに合わせるだけで超疲れた思い出がありますからね笑

もしも今「どうして普通のことをしただけで疲れるんだろう、、こんな自分はダメなんだ」と思ってる人がいれば安心してください。

それはあなたのせいではなくただ内向型なだけかもしれません。

そして、内向型の特徴や性質を理解すればもっと生きやすくなります!

 

 【省エネ】疲れやすい内向型が取るべき対策

というわけで、ここからは疲れやすい内向型が取るべき対策を紹介します。

今、疲れを感じてる人でも対策を立てればグッと生きやすくなるんですよね。

ぼくも内向型の特徴を理解したうえで行動を変えていったら、疲れてヘトヘトになることがなくなりました。

「疲れを根本から解決したい!」というあなたはよければどうぞ

 

 大人数の場をなるべく避ける

内向型にとって人がたくさんいるパーティや飲み会のような場は刺激が強いです。

なので、もしも「今日は疲れてるなぁ」と思ったら大人数の場は回避しましょう。

疲れた状態で誘いに乗るとうまく振る舞えず疲れ果て「なんで来ちゃったんだろう、、」と激しく後悔しますからね(経験済み)

予定がないのに断るのは気が引けるかもしれませんが、ゆっくり休むのも内向型にとっては大事な予定です。

 通勤ラッシュや人ごみを回避する

人ごみや騒音も内向型がストレスを感じやすい環境になります。

特に現代だと「満員電車」は人じゃなくてストレスを詰めこんでるのでは?と思うほどひどいですよね笑

なので、内向型は満員電車や通勤ラッシュをなるべく回避したほうがいいです。

具体的には電車をいつもより2本早めるとか、会社の近くに引っ越して自転車で通うなんて方法もありますよね。

もちろん手間はかかりますが、人ごみにさらされるよりは幾分マシだと思います。

ぼくも大学生の頃はラッシュ前の電車に乗って、余った時間をカフェで過ごしてましたからね。

 予定に「一人になる時間」を入れておく

内向型にとって休憩は「一人の時間を味わう」ことです。

なので、疲れていたら絶対に、疲れてなくてもできるだけ「一人の時間」を作るといいですよ。

「え!でも1人で過ごしてると痛い目で見られる、、」

そう思うかもしれませんが、それは一人で過ごすのが苦手な人の意見なのでスルーでOK。

 

内向型の人ほど自分の時間を楽しめると思うので好きなことをしましょう。

昼寝でも読書でも散歩でもアニメでも!あなたが心の底から落ち着けるものなら何でもアリですよ。

内向型にとって一人の時間とは毎日を楽しく生きるための充電期間ですからね。

 内向型について理解して活かす

疲れにくさをなくす最強の方法は内向型(自分)について理解することですね。

内向型の性質を理解できれば「疲れにくい状況」が作れるので、生きやすさが加速します。

また、一般的に内向型はネガティブに捉えられることが多いですが、実はその反面いくつもの長所やメリットがあるんですよね。

これらを活かしていけば自分を知るだけでなく、自信にもつながるのでぜひ学んでほしいです。

 

なお、当ブログではぼくが内向型について学んだ知識や経験をすべて紹介しています。

記事を読めばひと通り内向型について理解できると思うので、よければ参考にしてみてください。

 

▽内向型について学べる参考書籍

ぼくが内向型の特徴を知ったのがこちらの本。

内向型の脳はどうなっているのか?どうしたらそんな自分を活かせるのか?という話をエビデンスを交えて解説してくれます。

レビューは【感想】考えすぎるあなたへ。「内向型を強みにする」を読んでみたら、かなり気持ちが楽になったよでしています。

内向型にもう一歩踏み込んで、具体的にどうすれば活かせるの?内向型は外向的になれないの?

というテーマに触れているのがこちらの本。

THE内向型のぼくとしては希望の光になりましたね。

 

内向型の具体的な活かし方について書かれていたのがこちら。

内容は読みやすい文体で内向型について紹介していたのですが、個人的には内向型の具体的な強みや弱みを紹介していたのがが面白かったですね。

「自分では言葉にできなかったけど、なんとなく気づいていたこと」を的確に示してくれるので、自分への理解が深まりました。

 

内向型とは少し異なりますが、HSP(繊細過ぎる人)はどうすれば生きやすくなるのか?というテーマを扱ってます。

読んだ感想としてはHSPも内向型もかなり共通点があると思っていて、ぼくは読んで心がラクになりました。

【書評】「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本を読んでみた感想!でレビューもしてるので、余裕があれば読んでみてください。

 

以上、【疲れる】刺激に敏感な内向型は社会で疲れやすい理由【対策アリ】という話でした。

ではでは!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました