≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

【会話】内向型は無口?答えは状況によって変わる【コミュニケーション】

ども!内向型ブロガーのカンノ(@kanno414)です。

 

内向型の人って対人関係で無口になるよね。コミュニケーションがニガテなんだろうか?

 

こんな質問に答えますね。

【この記事の内容】

 

・内向型は無口にもなるしおしゃべりにもなる

 

・内向型が無口になる場合、おしゃべりになる場合

 

・無口になりやすい場での内向型の振る舞い方

 

ちなみに記事を書いてるぼくも生粋の内向型人間でして、特に大学生の頃は「ぜんぜん喋らないよね!無口だよね!」と言われておりました。

とはいえ、状況によっては「むしろおしゃべりだよね!」と言われることもありまして、この違いはなんなんだろう?と不思議だったんですよね。

ですが、内向型について理解を深めるにつれて「内向的な人が無口と思われる理由」がわかったんですよ!

というわけで、前半では内向型が「無口と誤解される問題」に切り込み、後半では具体的な対策も紹介します。

 

 結論:内向型は無口にもなるしおしゃべりにもなる

冒頭でも言いましたが、内向型人間は無口にもなればおしゃべりにもなります。

内向型と聞けば根暗で人見知りなボッチ。みたいなイメージがあるかもしれませんが、実は状況によってその印象はガラッと変わります。

それはなぜか?解説しますね

 

 内向型の性質を理解するとコミュニケーションの取り方がわかる

そもそも内向型とはどんな性質がご存知でしょうか?

ぶっちゃけて言うと、この性質を理解しておけば「なぜ無口にもおしゃべりにもなるのか?」という理由がわかるんですよね。

ここでは簡単に説明しますが、内向型とはこんな性質を持つ人なんです。

【内向型とは?】

・外部の刺激に敏感な人

・刺激には対人関係、環境などが含まれる

・内向型にとって人と会うのは刺激になり、一人で過ごすのが休息になる

・刺激に敏感で1人を大切にするので、深い思考を持つ人が多い

 

これはわたしの自己紹介かな?と思ったあなたはおそらくガッツリ内向型です笑

もし「自分が内向型かよくわからない」という人がいれば、こちらに診断テストを用意してます。

超内向型のぼくもすべて実践してすべて内向型だったので信憑性は高めですよ。

詳しくは「【診断】内向型のチェックテストをまとめてみた【あなたは内向型?外向型?】」をどうぞ。

 

 内向型が無口になってしまう場合

内向型は刺激に敏感で対人関係が大きな刺激になる。

とわかってもらえたところで、どうして無口になるのか?を考えてみましょう。

ここではわかりやすく「飲み会」を例に考えてみます。

飲み会がイメージしにくい人はパーティやその他の集団活動に置き換えてみてください。

 具体例:大人数の飲み会に参加した場合

今日は新入社員も交えたとある部署での飲み会。

初対面の人もいれば、上司もいてそれぞれが話に花を咲かせている

ときには誰かが盛り上げようとして無茶ぶりもありつつ、ガハハ!と楽しそうにビールをあおる。

気づけばぼくはそんな状況に疲れ切っていて、先輩や上司から「〇〇楽しんでるか?もっと話せよな!」と言われ、さらに疲れて口を閉ざす。

 

、、、はい笑

こういう状況だと内向型の人は8割くらい無口になってしまうんですよね。

というのも太字部分に注目してほしいのですが、これはすべて内向型にとって刺激になるんですよね。

もちろん適度な刺激ならいいのですが、この場合は刺激過多で疲れてしまうんですよ。

内向型は普段からよく考える癖があるので、初対面の人や多種多彩な話、突然の無茶ぶり、相手に気をつかわせたような言葉

大人数の場でありがちなこれらの状況が内向型を疲れさせ、しゃべる気力をなくすんですよね。

あなたにも似たような経験がないでしょうか?

 

 内向型がおしゃべりになる場合

内向型も適度な刺激や深い思考を楽しめる場合はおしゃべりになるんですよね。

では、具体的にどんな状況でどれくらいの刺激がちょうどいいのでしょうか?

ここでは内向型のぼくが心地いと感じる具体例で考えてみました。

 具体例:仲のいい友達と二人でカフェで過ごす場合

日曜日の午後、仲のいい友達と二人で居心地のいいカフェにやってきた。

ふかふかのソファに腰を下ろし、コーヒーを味わいながら一息つく。

友達とは近況報告から最近考えてること、おすすめの作品なんかを語り合った。

会話の途中、自分の趣味に話題が移り、つい熱を持って話しすぎて「あはは、ごめんなんかずっと話してるよね」と自分で苦笑い。

そんなときも「いや、その話面白かったよ!」と友達が受け入れてくれてひと安心。

その後はお互いの興味や情熱を持てることからなんでもない話までしばらく語り合っていた。

 

、、、はい!!笑

こういう状況だと内向型の人も話しやすいのではないでしょうか?

読んでもらった方はわかると思いますが、刺激が強すぎず適度なんですよね。

もちろん人と会うのはエネルギーを使いますが、それでも居心地のいい空間で、少人数でお互いのことを語り合うのは楽しいです。

途中、趣味の話題に移ってしゃべりすぎるシーンもありましたよね。

これはコアパーソナルプロジェクト」といって内向型の人は自分の好きな話題になると外向的になれるんです。

こんな風に内向型も状況に応じて無口にもおしゃべりにもなるんですよ

 

 まとめ:内向型は無口?答えは状況によって変わるよ

内向型は無口とも言えますが、おしゃべりでもあるんです!

 

・内向型と外部の刺激に敏感な人

 

・刺激には対人関係や環境などが含まれる

 

・刺激が強すぎると内向型は疲れる

 

・内向型が無口になる場合・・・刺激が強すぎる状況(大人数の飲み会、パーティなど)

 

・内向型がおしゃべりになる場合・・適度な刺激の場合(少人数の集まり、趣味や興味の話など)

 

内向型な自分は無口で根暗でダメなんだ、、、、

そう思いたくなるかもしれませんが、それはあなたにとって刺激が強すぎるだけかもしれません。

本当は金魚なのに、無理やり海で泳げ!と言われてるようなものですからね。うまく泳げなくて当然です
なので、ぜひ自分にあった刺激や環境を作って本来のあなたを出してみてください。

そこに移るのは無口な自分ではなく、楽しそうに笑う顔があるはずです。

 

 おまけ:無口になりやすい場での内向型の振る舞い方

とはいえ、刺激の強い状況は避けられないしどうにかならないの?

そんな人に向けて、ここからは無口になりやすい場での振る舞い方を紹介します。

せっかく同じ時間を過ごすなら楽しく過ごしたいですからね。

内向型の強みは考えることなので、知識を持って戦いに行きましょう!笑

 

 同じように1人、または少人数でいる人と話す

飲み会やパーティなどの大人数の場になれば、かならず自分と同じようなタイプの人がいると思います。

実際、内向型は人類の中で3~4割存在すると言われているので、10人の会なら少なくとも2、3人は同類です。

そしてそういう人とは内向型の強みを活かして「深い話」ができると思うので、純粋に会話を楽しめますよね。

「でも、話しかけてもいいのかな?」

そう思うかもしれませんが、誰しも自分の居場所や役割を求めてるので受け入れてくれると思いますよ。

 

 自分の好きなジャンルや分野に話を持っていく

これは正直レベルが高いのですが、「自分の好きな話にもっていく」という方法です。

先ほど紹介したコアパーソナルプロジェクト」を使えば内向型も外向的に振る舞えるので、自然な形で会話できるんですよね。

さらに、好きな話となればあなたはいくらでも話せるはずです。

下手すればオタクと思われるかもですが、場合によっては知識人にもなれるでしょう。

難易度は高めですが、頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

また、コアパーソナルプロジェクトについて詳しく知りたい人は「【書評】ストレスを操るメンタル強化術を読んでみた感想!考えすぎる内向型に読んで欲しい一冊」の記事を参考にどうぞ。

 

 自分の中で役割を作っておく

大人数の場だと内向型はつい考えすぎて遠慮がちになってしまいますよね。

そうなると自分だけポツンと浮いて、さらに無口が加速してしまいます。

本当は刺激が強いだけなのにトラウマになってしまったら元も子もありません。

 

なので、そんなときは自分の役割を明確にしておくといいかもです。

例えば「料理を注文する係」とか「使ったお皿をキレイにまとめておく係」みたいな感じですね。

細かなところに気づくのは内向型の強みですし、そうした人がいれば心地いい雰囲気になるでしょう。

面倒かもしれませんが、自分に役割を与えてあげると集団の中で浮くことなく振舞えますよ。

 

 会話するゲームだと思って参加する

考えすぎて、疲れて、話す気力がない!!

そんなときは社交の場をゲームだと思ってみるのもありです。

例えば「上司の〇〇さんに話しかければ1ポイント」、「目を見て相づちを打てれば1ポイント」、「世間話ができれば1ポイント」といった感じですね。

なにか話さなきゃ!と気負うほど、内向型は刺激過多になってダウンしてしまいますからね。

飲み会をゲームだと思って、会話をレベル上げだと考えれば気がラクになります。

こうなると「あぁ、飲み会か、、」というネガティブな気持ちが「よし!レベル上げに行くか!」というポジティブ思考に変換できますよ。

 

 疲れたらトイレ休憩しよう

どうしても疲れたらトイレ休憩をしましょう。

内向型にとってトイレは外の世界で一人になれるオアシスのような存在です。

飲み会やパーティの場なら頻繁にトイレに行くのも不自然じゃないですし、トイレでエネルギーを蓄えたらまた参加すればいいんです。

とはいえ「トイレに隠れるような自分はダメなやつだ、、、」と思わなくてもいいですからね。

一人の時間=エネルギーの充電」なわけですから、あなたは必要な行動を取ってるだけなんです。

どうか自己嫌悪せず、好きなだけ充電しちゃいましょう!

 

内向的なあなたがもっと生きやすくなれば幸いです

 

以上、【会話】内向型は無口?答えは状況によって変わる【コミュニケーション】という話でした。

ではでは!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました