≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

内向的な人はミニマリストになると暮らしが捗る【シンプルに生きる】

ども!内向型ブロガーのカンノ(@kanno414)です。

 

内向的な人ってミニマリストになると暮らしが捗るんじゃない??

今回は内向型であり、ミニマリスト(自称)であるぼくがこのテーマについて深堀していきます。

【記事の内容】

・内向型、ミニマリストとは?

 

・内向的な人はミニマリストになると暮らしが捗るワケ

 

・ミニマリストになろうと思った人に読んで欲しい記事

内向型とミニマリスト。

一見すると関係ないようなこの2つですが、実はこれらを組み合わせるのは合理的なのでは?と思いました。

かく言うぼくも生粋の内向型であり自分のモノを8割以上捨てたミニマリストですが、思い返してみるとモノを捨ててからの方が自分らしく生きれてるんですよね。

それはなぜか?解説していきます

 内向的な人(内向型)とはどんな人?

ここではざっくり説明しますが、内向型とは以下のような特徴を持つ人のことです。

【内向型とは?】

・刺激に敏感に反応する人

・刺激には対人関係や環境(モノや音)などが含まれる

・刺激が強すぎると内向型はストレスを感じ疲れる

・適度な刺激だと内向型はリラックスできる(例:一人の時間など)

外部の刺激に敏感に反応してしまうので、人と会いすぎると疲れたりするのが特徴的ですね。

また、内向型にとっての休息は「ひとりの時間」なので自分の時間を大切にする人が多いです。

 

いかがでしょう、あなたは内向型でしょうか?

もし自分が内向型かわからなければ、こちらに診断テストを用意してます。

5分程度でできるので詳しくは「【診断】内向型のチェックテストをまとめてみた【あなたは内向型?外向型?】」をどうぞ。

 

 ミニマリストとはどんな人?

ミニマリストにはいろんな定義があるので、ここではぼくが考える「ミニマリスト」を紹介します。

【ミニマリストとは?】

・自分にとって大切で、必要なモノだけを持つ人

・モノを限界まで捨てる人ではない

ミニマリストと聞けば「モノをストイックに捨てまくる人」というイメージがあるかもしれませんね。

ですが、ぼくが思うミニマリストとは「自分にとって大切で必要なものだけを持つ人」だと考えてます。

なので、「モノを捨てるのが正義だ!」という人には今回のテーマは納得できないかもしれません。

どうでしょう。あなたはミニマリストでしょうか?それともここで定義したミニマリスト的な価値観を持ってるでしょうか?

 内向的な人はミニマリストになると暮らしが捗る理由

ここからは内向的な人はなぜミニマリストになるといいのか?という疑問に回答していきます

 

「モノが減る=刺激が減る」ので無駄な労力をかけずに済む

内向的な人はとにかくあらゆる刺激に反応します。

それは人や環境もそうですが、モノにも反応してしまうんですよね。

例えば机の上が散らかっていれば「このマンガおもしろそう」「あいつからラインが来てるかも」「あの資料どこだっけ?」

というように、あれこれ考えた挙句あたまがパンクし疲れてしまいます。

これが自分の家や部屋全体で起きてると考えたら恐ろしいですよね

 

だからこそ、ミニマリストになってモノがなくなれば、それだけ刺激の数が減るんですよね。

モノが減れば散らかることも少なくなるでしょうし、作業にも集中できるでしょう。

あらゆる刺激に反応してしまう内向型にとって、モノが多すぎる環境は満員電車と同じですからね。

 

 ミニマリストは大事なものだけを残すので内向型の価値観に合う

ミニマリストは何でも捨てるわけではなく、「自分にとって大切で必要なもの」以外を捨てます。

一方、内向型はひとりの時間を大切にすることで「自分にとって大切な価値観や興味」を深めます。

 

そう考えてみるとミニマリストも内向型も本質的にやってることは一緒なんですよね。

自分にとって大切なモノや価値観を残し味わう。

これが両者の共通点であり、ミニマリストはモノを通じて、内向型は自分自身を通じてのアプローチにすぎないんですよ。

とすれば、モノを捨てて大事なものを残すことで内向型の価値観がより鮮明になると考えられますよね。

大好きなモノに囲まれた自分のだけの空間や時間は、内向的な人にとってこの上ない喜びになります。

 

 捨てることで決断力や行動力も鍛えられる

内向型の長所はよく考え慎重になれるのですが、その反面優柔不断で決められないという短所にもなります。

決められない、行動できないというのはぼくを含め内向的な人にはありがちな状態ですよね。

ですが、ミニマリストになると「これは自分にとって必要か?」という判断を迫られるので、自然と決断力が鍛えられるんですよ。

もちろん、それだけ内向型にとって「決める」のは大変ですが、捨てる作業を通じて学べることも多いです。

ぼく自身、捨てることを意識してからは行動を自分で選べるようになったんですよね

 

 まとめ:内向的な人はミニマリストになると暮らしが捗る

内向的な人はこの機会にミニマリストになってみては?

・内向型とは・・・刺激に敏感に反応する人

・ミニマリストとは・・・自分にとって大切で必要なモノだけ残す人

 

【内向的な人はミニマリストになると捗る理由】

・「モノが減る=刺激が減る」ので無駄な労力をかけずに済む

・ミニマリストは大事なものだけを残すので内向型の価値観にあう

・捨てることで決断力や行動力も鍛えられる

 

ミニマリストってなんかうさん臭くない?スピリチュアルっぽくてイヤだ!

そう思うかもしれませんが、「大切なものを残す」というミニマリストの考えは「自分を大切にする」という内向型の価値観とマッチしてると思います。

ぼく自身も、モノを捨て大事なものをハッキリさせることで、自分に正直でいられるようになりました。

内向的な人は社会の中でつい本心を隠してしまいがちなので、まずは自分の周りから変えてみてはどうでしょうか?

 おまけ:この機会に断捨離しよう!と思ったあなたに知って欲しいこと

よし!この機会に断捨離してミニマリストになってみよう!

ここからはそう思ったあなたに知って欲しいことを紹介します。

すべてぼくの経験をベースに話しているので、気になるもの読んでみてください。

 

 当ブログ(タビチカ)ではぼくの断捨離体験談を紹介してます

当ブログ(タビチカ)にはぼくが断捨離をスタートし、ミニマリストになったときに体験談を紹介しています。

・モノを捨ててメリットあるの?

・実際どんな効果があったの?

などなど、赤裸々に書いてますので気になる人は「【体験談】片付け・断捨離を実践してわかった11個の効果・メリット」をどうぞ。

 

 片付けや断捨離の本を読むと、後悔なく捨てられます

片づけや断捨離ってどうすればいいの?なにから始めれば失敗しない?

という人にはこちらにぼくが片付けや断捨離でお世話になった本を紹介してます。

・なにから捨てればいいのか?

・どう考え、なにを残すのか?

・二度と部屋を散らかさないためにはどうするか?

そんな疑問が解決できるので詳しくは「【初心者向け】片づけ・断捨離を始めるのにおすすめの本6選【片付けのコツも紹介】」を読んでみてください。

 

 どうせ捨てるなら買取サービスを使って資金に換えると一石二鳥

ただ捨てるだけなのはもったいないよなぁ

という人は買取サービスを使って資金に換えると一石二鳥です。

ぼくも初めて断捨離したときはゴミ袋10個分のいらないモノが出てきたので、買取王子という買取サービスを使って売りました。

総額3万円程度にはなったので、侮れませんよね。

ネットから3分で申込めて手数料はすべて無料、いらないものを箱に詰めればOKなのでよければ使ってみてください。

≫買取王子 公式サイト

 

また、買取王子を使ってみた感想は「【評判】片づけ・断捨離で使う買取サービスは「買取王子」がおすすめ!利用者がメリット・デメリットを語るよ」でまとめてます。

 

以上、内向的な人はミニマリストになると暮らしが捗る【シンプルに生きる】という話でした。

ではでは!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました