≫運営者のプロフィール

リップロールとは?そのやり方やできないときのコツ、練習の効果を解説する

IMG_6335

どうも!ブロガーのカンノです。

ボイトレを始めてみたらどうやら”リップロール”がいいらしいんだけど、これなによ?

という人に向けて、この記事ではリップロールの解説とやり方を紹介していきます。

また、リップロールはボイストレーニングをしていく上でとても大切なエクササイズになります。

○ 自分のパフォーマンスを最大限まで引き上げたい

○ 余計なチカラやクセを取り除きたい

○ 声を自由に扱えるようになりたい

こんな人にも実践してほしい方法なので、興味のある人はぜひチャレンジしてみてください!

 

リップロールとはなに?

文字通りリップ(唇)をロール(巻く)するように声を出す方法になります

は?って感じですよね。(藪からスティックにルー大柴みたいなこと言ってごめんなさい)

もう少し具体的に言うと「唇をブルルッと震わせながら声を出すこと」になります。

もしかすると子供の頃にふざけてやっていた人もいるかもしれませんね。

唇全体を震わせて”ドナルドダック”みたいに声を出していたあれです!

「リップロールのイメージができないのですが、、、」

という人はこちらでぼくが実際にリップロールをやってみたので、よければ参考にしてみてください。

タングトリルとの違いはあるのか?

タングトリルっていうトレーニングもあるみたいだけど何が違うの?

おそらくですが”リップロール”というマニアックな単語を知ってるあなたですから、”タングトリル”というトレーニングも聞いたことがあると思います。

「リップロールとタングトリルってどう違うの?」

という疑問があると思うのでここでは簡単に解説しますね。

 

まず、基本的にはどちらも歌に使う筋肉をほぐしてくれるウオーミングアップの効果があります。

ただしリップロールの場合は唇をよく使うので、舌を震わせるタングトリルとは微妙に使う場所が変わるんですよね。

「効果が変わらないならどっちでもいいじゃん!」

そう言われてしまうとなにも言えませんが、両方できたほうがより歌声を開放してくれますよ。

タングトリルがどんなものか気になる人はこちらをどうぞ。

リップロールの具体的なやり方を解説

ここからはリップロールの具体的なやり方を解説していきます

では実際にあなたにもリップロールを出してもらいましょう!

やり方は順を追って説明していきますが、こちらに大まかな流れを書いておいたので「これでわかるかも!」という人は始めてみてください。

リップロールのやり方

① 唇を軽く閉じる

 

② 唇は閉じたまま「ブルルッ」と唇を振動させるように空気を出す

 

③ 慣れてきたら②に声を混ぜてみる

 

④ ③に慣れたら地声から裏声まで自由に発声してみる

1つずつ進めていきたい人は以下に解説を入れいていくので、一緒にやっていきましょう。

 

① 唇を軽く閉じる

まずは唇を軽く閉じます

この”軽く”というのは曖昧な表現ですが、具体的には力を入れることなく唇を閉じるくらいの強さでOKです。

一度口を開けて、そのまま自然に任せて唇を閉じればいいですよ。

ここで力を入れすぎるとリップロールは途端にできなくなってしまうので注意してください。

 

② 唇は閉じたまま「ブルルッ」と唇を振動させるように空気を出す

唇を軽く閉じた状態のまま「ブルルッ」と呼気で振動させてみましょう

次は唇を軽く閉じた状態から「ブルルッ」と唇を振動させるように空気を出してみてください。

もしかすると何度か「プフー」と呼気がそのままもれてしまうかもしれませんが、焦らずいきましょう。

唇の閉じ加減と呼気の量を意識しながら、まずは一度でも「ブルルッ」と震わせてみてください。

 

③ 慣れてきたら②に声を混ぜてみる

「ブルブル」震わせるのに慣れてきたら、次はそこに声を混ぜてみましょう

唇のブルブル運動に慣れてきましたか?

そうしたら次は「ブルブル」という呼気の流れに声を加えてみましょう。

うまくいけば「ブルブル」という振動が効果音のように変わっていくと思います。

ここまで来た人はとりあえず「リップロール」はできてると思いますよ!おめでとうございます!

声が混ぜれるようになるとちょっと楽しいですよね。笑

あんまり人には見せられない姿ですが、好きなように発音してみてください。

 

④ ③に慣れたら地声から裏声まで自由に発声してみる

声出しリップロールができたら、あとはいろんな声や音程で試してみましょう

ここまできたら”地声や裏声” ”低音~高音”などいろんなパターンのリップロールを試してみてください。

まんべんなく声を出してあげると声のウォーミングアップにもなるので、歌ってみたときに解放感を感じられると思いますよ。

やり方の説明は以上になります。お疲れさまでした!

 

リップロールがうまくできないときの対処法

いまいちリップロールがうまくできないのですが、、、

という場合もあると思うので、こちらにリップロールのコツを紹介しておきますね。

○ 頬に手を軽く当ててリップロールしてみる

○ 唇を軽く濡らしてみる

どちらか1つ、もしくは2つとも実践すればリップロールはできるようになると思いますよ。

もし「それでもできない、、、」という場合はこちらの記事を読んでみてください。

リップロールができない原因と対処法を紹介してます。

 

頬に手を軽く当ててリップロールしてみる

(画像の女の子は決め顔ですが、その手を両頬に当ててもらえればOKです)

画像のように両頬をはさむように手を当てながらやってみてください。

呼気の流れをコントロールしやすくなるので、グッとやりやすくなると思います。

このやり方に慣れてきたら手を放してもできるようにしてみましょう。

 

唇を軽く濡らしてみる

リップロールがうまくできない場合の原因として「唇が乾燥してうまく振動しない」ことがあります。

この場合だとリップロールの難易度が上がってしまうので、軽く唇を舐めたり、水分補給するなどして対処してみてください。

いかかでしょうか?リップロールがうまくできない場合は以上の2つを意識してみてくださいね。

 

リップロールによって得られる効果やメリット

そもそもリップロールをすることでどんな効果があるの?

という人もいると思うので、こちらにリップロールで得られる効果やメリットをまとめておきました。

① 表情筋や首回りなどの歌に必要な筋肉のウォーミングアップ

② 歌に使う適切な空気量のコントロール

③ 余計なチカラが入りずらいので発声時のクセが抜ける

どんな効果があるか?を理解することで練習のモチベーションや意味も変わってくると思うので参考にしてみてください。

 

① 表情筋や首回りなどの歌に必要な筋肉のウォーミングアップ


まず第一にリップロールはウォーミングアップとしての効果が期待できます。

あなたもやってみてわかったと思いますが、唇を震わせながら声を出すことで「声が軽くなってほぐれる感覚」があったと思います。

これはリップロールによって歌でよく使う表情筋や首回りの筋肉がストレッチされてるからなんですよね。

スポーツで言えば準備体操のようなものですね。

ぼくも歌う前はリップロールをするのですが、やらないときよりも声の立ち上がりや自由度が明らかに違います。

 

② 歌に使う適切な空気量のコントロール

リップロールをやってみてわかったと思うのですが、「適切な息の量」でないとうまくできないですよね。

実はこの「声を出すときの息の量」は歌をうたう上でとても大切になります。

ブレス、ロングトーン、高音発声など。

いろんな場面で息のコントロールが必要になりますからね。

その練習としてリップロールは役に立ってくれるというわけです!(すごい!)

 

③ 余計なチカラが入りづらいので発声時のクセが抜ける

(脱力しすぎな我が家の愛猫くん)

いつもの声と違って、リップロールは強弱をつけたり力を入れるのが難しいですよね。

それだけにリップロールは余計なチカラが入りづらいので、脱力した発声をすることができてます。

「余計なチカラを抜いて脱力した声」というのはボイストレーニングで自分の声を作っていく基礎になるので、リップロールはその基礎作りもになってくれるんですよね。

 

まとめ:リップロールのやり方やできないときのコツを解説

リップロールができるようになると声の幅が広がりますよ!

リップロールができるようになると「声は自分でコントロールできる」ということがわかるので、今後の練習に役立つと思います。

特に独学で学ぼうと考えてる人にとっては自分の声を客観視し、変えていくことがなによりも重要になるのでぜひトライしてみてください。

ぼくもリップロールを初めてやってみたときは自分の声の変化に驚いた記憶があります。笑

この記事があなたの練習の役に立てれば幸いです!

 

以上、リップロールとは?そのやり方やできないときのコツ、練習の効果を解説する という話でした。

ではでは!

ぼくのボイトレのバイブルがこちら。

CDの声をマネするだけで無理なく高音発声に必要な基礎がつくれちゃいます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました