≫Amazonの買って後悔しないアイテムまとめ!

ギター練習の上達速度を加速させるただ1つのコツはアレだ!という話

ども!ギター小僧のカンノです。

いきなり結論から言っちゃいますと、ギター練習に「変化」をつけることで上達速度が上がるよね~という話をしてみようかと思います。

また、この理論は科学的にも効果があるのでは?と研究されてまして、ぼくも実践してますがその効果を体感しております。

関連:スポーツや楽器のスキルが倍のスピードで上がる方法があるかも!という実験 :パレオな男

 

では、なぜいつもの練習に変化をつけると上達するのか?またどんな変化をつければいいのか?

本記事ではそんなことを語っていきますので興味ある方はよければどうぞ!

 

いつも同じ練習ばかりしてると脳が飽きる

日々ギターを練習してるとぶつかるのが「同じことばかりしてて飽きる」ではないでしょうか?

とくに初心者の頃は覚えることもたくさんあるので、教則本などを見ながらやってるとだんだん飽きちゃいますよね。

ぼくもギターをはじめた頃はなんども同じコードや練習曲を弾いてましたが、「ま~たこれかよ!正直飽きた!」と感じてギターをやめることもありました。

 

、、というのも人間の脳は同じことを繰り返してると慣れるようにできてまして、慣れれば慣れるほど楽しさが消えていくんですよ。

例えばあなたは歯磨きするときになにかを意識するでしょうか?楽しいでしょうか?

多くの人にとって歯磨きは慣れて習慣になったため、もはやそこに感情がなくなるんですよね。

この現象と同じことがマンネリ化したギター練習に起こってまして、このままでは「ギター練習=無感情、退屈」というパターンになってしまいます。

 

いつもの練習にひと匙の「変化」を足してみよう

ではギター練習を飽きさせないためにはどうすればいいのか?

その答えが「変化をつける」というポイントになります。

変化をつけることで慣れきった脳に新しい刺激が加わるので自然と集中力や記憶力が上がるんですよ。

 

とはいえ、いきなり「課題曲を変える!」みたいな変化だと大きすぎますし、コロコロ練習を変えていては技術が身につきません。

そこで登場するのが「小さな変化をつける」というポイントになります。

小さな変化であればマンネリ化していた練習の中にも加えれますし、脳の慣れを解消できるのでモチベーションも保てるんですよ。

 

ぼくが実践してる変化をつける練習リスト

では具体的にどうやって小さな変化をつけていけばいいのか?

こちらにぼくがギター練習で使用する小さな変化リストを紹介しておきますので、よければ参考にしてみてください。

そしてあなたの練習内容にあわせて自分用にアレンジしていただければ幸いです。

【ギター練習で使う小さな変化リスト】

・足でリズムを取りながら演奏

・右手を意識して演奏

・左手を意識して演奏

・テンポをゆっくりにして演奏

・テンポを速くして演奏

・練習曲を流しながら演奏

・立って演奏

・座って演奏

・鏡を見ながら演奏

・いつもと違う場所で演奏

・いつもと違うギターで演奏

・動画を撮って演奏

・録音して演奏

・なにも意識せずに演奏

同じような練習の中にどうすれば変化をつけられるか?を意識すると自然に小さな変化がつけられると思います。

これはぼくも実感しますが、変化をつけたほうが”集中したいい練習になる”ので「飽きてきたな」と思ったら変化を加えてみてください。

また、余裕で演奏できるから飽きた!というパターンのときは次の練習に移ればいいので、あなたの上達度合いにあわせて使い分けてみるといいですよ。

 

いつもの練習に変化を加えてみるのはいかが?

というわけで、練習に飽きたら変化をつけようぜ!集中力や記憶力がUPして上達に結びつくぞ!というわりと当たり前の話だったかもしれませんね笑

ですが、ぼくを含め意外とこの理論をつねに認識できる人は少ないと思うので、ぜひ「飽きたら変化するタイミング」という言葉を思い出してみてください。

いろいろ書きましたがギターが上達する人や続けられる人って「いつまでも楽しさを忘れない人」なんですよね。

なので、ぜひとも楽しみながら日々の練習に励んでもらえたらと思います(ぼくもやります!笑)

 

以上、ギター練習の上達速度を加速させるただ1つのコツはアレだ!という話でした。

では~!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました