≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

【裏声】ファルセットとは?その正体と声の出し方・発声方法やコツを解説する

IMG_6314

どうも!ブロガーのカンノです。

ファルセットってなに?裏声?そもそもどうやって出すの?

という人に向けて、この記事ではファルセットの発声方法やコツを伝えていきます。

ボイストレーニングにおいてファルセットはとても重要な声でして

○ 曲を切なく聴かせたい

○ 音域を伸ばしたい

○ ミックスボイスをマスターして自由に歌いたい

こんな場合にはファルセットの攻略が必要不可欠になります。

そしてファルセットが使えるようになるだけでも歌うのが楽しくなりますし、音域も伸ばしていきやすいのでよければ参考にしてみてください!

 

ファルセットとはどんな声?

ファルセットとはなんだ?

”ファルセット”はおそらくボイストレーニングを始めるまで聞きなれなかった単語だと思います。

それだけに歌唱の幅を広げたり、ミックスボイスと呼ばれる歌唱法を身に付けるにはファルセットを出せるようになる必要があるんですよね。

 

さて、あらかじめ結論を言っておくと、ファルセットとは「息漏れの多い裏声」になります。

息漏れ?裏声?なんのこっちゃ!

初めてファルセットの概念を聞いた人からすればこんな風に感じると思うので、具体的に説明していきますね。

例)アーティストが曲の途中でふっと力を抜いて出すキレイな声


わかりやすい例として実際のアーティストを挙げてみましょう。

まずはあなたの好きなアーティストを思い浮かべてみてください。

その好きなアーティストの曲で、歌の途中に「ふっと力を抜いた裏声」で歌うシーンはありますか?

ちなみにぼくはMr.childrenや秦基博さんが好きなのですが、よくサビの途中や終わりにその声を聴きます。

 

もし、思い当たらなければ、参考になるアーティストとして「平井堅」さんの曲を聴いてみてください。

彼らが曲の大事な場面で出すあの「力が抜けた切ないような裏声」をイメージしてもらえたでしょうか?

実はその声こそが「ファルセット」と呼ばれるものになります。

 

イメージはできたけど、自分にはあんな綺麗な声は出せない気がする

あんな綺麗な声は自分には出せないんだけど、、、

そう感じる人がいるかもしれませんね。

たしかにぼくも初めてファルセットを知ったときは「あんな浄化されそうな声だせねぇよ」と思ってました。笑

でも大丈夫です!練習していくうちにファルセットはうまく出せるようになりますから。

騙されたと思ってぼくについてきてください。(一回くらいなら騙されてもね!笑)

ひとまず今は「ファルセットがどんな声なのか?」というのを感覚として理解してもらえればOKですよ。

ファルセットの具体的な出し方・発声方法

ここからは具体的なファルセットの出し方を伝えていきます

ファルセットを初めて知った人でも出せるよう順に解説していくので、1つずつクリアしてみてください。

具体的には以下の手順で進めていきます。

ファルセットの出し方

① まずは裏声で自由にしゃべってみる

② 裏声に慣れてきたらフクロウの鳴き真似をしてみる

③ 心配なら自分の声を録音して聴いてみる

④ 息漏れのある弱弱しい裏声が出ていればOK!

もし、ここを読んだだけで理解できそうならさっそくチャレンジしてみてください。

もう少し詳しく知りたい!という人は1つずつ掘り下げていくので一緒に進めていきましょう。

 

① まずは裏声で自由にしゃべってみる

こんにちは!独学大好き!インターネットカラオケマンのカンノです(裏声)

ファルセットを習得する前にまずは裏声に慣れてみましょう。

おそらく普段の生活で裏声を使ったことがない人はいないと思うので、自分のなりの裏声を自由に出してみてください。

もし「裏声のイメージが沸かない」という人がいたら、ミッキーマウスの声を真似るのがいいですよ。

「ハハッ!ぼくの名前は○○!夢の国からやってきたんだよ!ハハッ!」こんな感じで。

ただしこの練習はこっそりやってくださいね。絶対ですからね?

「恥ずかし、、オレ何やってるんだろう」感が非常に強いです。ええ!!!笑

また、裏声に慣れるまでこの練習は続けてみてくださいね。

日常生活の中でさりげなく裏声を混ぜてみるのもおもしろいですよ!

 

② 裏声に慣れてきたらフクロウの鳴き真似をしてみる

だいぶ裏声で喋るのに慣れてきたな(裏声)

そうしたら、次はその裏声をファルセットにコーディネートしていきましょう。

冒頭でも説明しましたがファルセットとは「息漏れのある裏声」のことになります。

とはいえ、いきなり「息漏れのある裏声を出しましょう!」と言われてもよくわからないですよね。

なのでここではファルセットの練習として「フクロウの鳴き真似」をしてみましょう。

「ホーホー」と薄暗い森の中で聞こえるあの鳴き声です。

実はフクロウの鳴き真似こそ「息漏れのある裏声」の感覚をつかむのに最適なんですよね。

試しに裏声で「ホーホー」発音してみてください。

どうでしょう?裏声に混じって息が漏れる感じがありませんか?

③ 心配なら自分の声を録音して聴いてみる

自分の声は本当にファルセットになってるだろうか?

自分の声がファルセットになっているか心配な人は「自分の声を録音」するといいですよ。

裏声になってるか?息は漏れているか?フクロウみたいに聴こえるか?

ここまで紹介してきたポイントを確認しながら聴いてみてください。

 

また、客観的に自分の声を分析できる能力は独学でボイストレーニングをするにあたって超大切なことです。

この段階から自分の声を録音するクセをつけておけば成長速度も変わってくるので、ぜひ実践してみてください。

④ 弱弱しくても息漏れのある裏声が出ていればOK!


初めてファルセットを出す人ほど、その声は弱弱しく聞こえるかもしれません。

ですが、これまでの人生でその声をほとんど使ってないわけですから頼りなく聞こえるのは当然です。

はじめから上手にできる人なんてほとんどいませんからね。

それよりも録音して聴いてみた自分の声が「息漏れのある裏声(ファルセット)」になっているか?

頼りなくても、弱弱しくても、小さくても、ファルセットが出ていればひとまずOKですよ。

 

お疲れさまでした!これからは少しずつファルセットを強化していきましょう。

ファルセットを出すときのコツ・ポイント

どうしてもファルセットが出せないのですが?

という人がいるかもしれないので、こちらにファルセットを出すときのコツやポイントをまとめておきました。

また、ファルセットが出る人でも改めて意識してほしいことでもあるので、1つずつチェックしながら声を出してみてください。

○ 身体の余計なチカラを抜く・・・手足や首をぶらぶらしてみましょう

○ 特にアゴの力を抜いてみる

○ 力が抜けなければ首を左右に軽く振りながら発声してみる

○ ファルセットを使うアーティストを聴いて真似てみる

○ 普段から裏声を使うように意識してみる

経験上、女性よりも男性の方が裏声を出し慣れてない印象があります。

なので初めて裏声を出す男性ほど難しく感じるかもしれません。

ですが、ファルセットは練習すれば誰でも出せる声なのでゆっくりと確実に掴んでいきましょう!

 

また、こちらには参考音源としてぼくがファルセットを出してみたのでよければどうぞ。

 

まとめ:ファルセットの正体と声の出し方・発声方法やコツを解説

ファルセットが出せるようになると歌える曲の幅がグッと広がりますよ!

今回は「ファルセット」と呼ばれる声の正体と出し方を紹介していきました。

「こんな弱弱しい声が使えるの?」

「これで歌は上達するんかいな?」

もしかしたらそう感じるかもしれませんが、安心してください。

しっかりファルセットを鍛えていくことで表現の幅が広がったり、ミックスボイスと呼ばれる高音発声の開発につながっていきます。

ボイストレーニングをしていく上で大切になる概念なので、ぜひ習得していってください!

 

以上、【裏声】ファルセットとは?その正体と声の出し方・発声方法やコツを解説する という話でした。
ではでは!

ぼくのボイトレのバイブルがこちら。

CDの声をマネするだけで無理なく高音発声に必要な基礎がつくれちゃいます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました