≫Amazonで買って後悔しないグッズまとめ!

【それある!】内向型のあるあるをまとめてみた【内向型人間の生態】

IMG_7326

ども!内向型ブロガーのカンノ(@kanno414)です。

 

内向型人間に共通点ってないのかな?「あるある」みたいなことがわかればもっと生きやすくなるのに、、

こんな質問に答えますね。

【この記事の内容】

・そもそも内向型とはどんな性質?

 

・内向型人間のあるあるまとめ

 

・もっと内向型への理解を深めたい人に読んで欲しい記事

後述しますが、内向型とは人の性質のようなもので、そこには共通点があるんですよね。

そう考えると内向型には「内向型が取りやすい行動や考え」があると思うんです。

記事を書いてるぼくも生粋の内向型ですが、本やネットで内向型について調べるほど「同じような人もいるんだな!自分だけじゃないんだ!」と思ったものです。

もしかすると、今読んでくれているあなたは「なんで自分はこうなんだ、、」と思っているかもしれませんね。

そこでこの記事では「内向型人間のあるあるだろうな」というポイントをまとめてみました。

自分だけじゃない!と心を軽くしてもらえれば幸いです。

 

まず「内向型」とはどんな性質?

では、そもそも内向型はどんな性質なんでしょうか?

内向型の定義はいくつかあるのですが、ここではぼくが本を読み漁った中でしっくりきたポイントを紹介します。

【内向型とは?】

・外部の刺激に敏感な性質を持つ人

・外部の刺激には対人関係や環境などが含まれる

・大きな特徴として内向型は一人の時間が休息になって、外向型は誰かと過ごすのが休息になる

カンタンにまとめると内向型は対人関係でエネルギーを使い、一人でいるときにエネルギーを充電できる人なんですよね。

例えるならば内向型はコードを指してじっとすると元気になるスマホで、外向型は風が吹けば元気になる風力発電のようなものです。

まずは内向型にはこんな性質や特徴があるんだと認識してくださいませ。

ちなみに自分が内向型かわからない人はこちらに「診断テスト」を紹介してるのでよければどぞ!

刺激に敏感で1人の時間が大切な内向型には「共通のあるある」があるはず

IMG_7307

刺激に敏感で、一人の時間がリラックスタイムになるのが内向型ですが、、、

この性質だからこそ取りやすい行動や考えがあると思うんですよね。

つまり「内向型あるある」が存在するのでは?と考えたわけです。

そこでここからは内向型の皆様に共感してもらえそうなあるあるを一気に紹介してみます。

「そうそう!わかる!!」と感じてもらえればなによりですので、楽しみながらどうぞ!笑

 

予定のない休日にテンション上がる

内向型は外に出て人と会うだけでもエネルギーを使います。

なので、エネルギーを使い果たしてる時こそ「一人になりたい!」と思っちゃうんですよね。

すると「予定のない休日」にえも知れぬ喜びを感じるんですよ。

「あぁ今日は自分の好きなように過ごせる、、、充電できる、、、」みたいな感じです。

トイレはサンクチュアリ

IMG_7280

外の世界でエネルギーを使い果たした内向型が唯一安らげる空間、、、それがトイレです。

トイレで休憩って笑

そう思われるかもしれませんが、外の世界で心置きなく一人で居られるのはトイレくらいですからね。

内向型にとってはまさにサンクチュアリなんです!

少人数で遊ぶのが好き(大人数は苦手)

内向型は刺激に敏感なため少人数で深い話をするのを好みます。

もともと考え事が好きなので深い会話をするのは気持ちいいですし、少人数ならエネルギ消費も少ないんですよね。

また、反対に内向型は大人数の場が苦手な傾向があります。

人が多いとどうしても会話が薄くなったり、人の入れ替わりも激しいので消耗しちゃうんですよね。

 

考え事が好き

内向型は自分の内側からエネルギーを充電するので、自然と普段から考え事をするようになります。

もしかすると「なんでこんな考えすぎるんだ!」と思うかもしれませんが、それは自分の性質だと考えたほうがいいかもです。

(ちなみにぼくも昔は考えすぎる自分に自己嫌悪してましたが、、笑)

 

話すよりも書くのが好き

深い思考をする内向型にとってアドリブ要素の強い会話は基本的にニガテです。

その反面、自分の頭でじっくり考えてから言葉にできる文章は得意だったりするんですよね。

ぼくも書いて伝える方が好きだからブログをやっていたりしますしね!

 

読書が好き

考え事や一人の時間が好きになると、自然と読書が好きになる内向型も多いです。

かく言うぼくも文字の世界に没頭してコーヒー片手に自分の時間に浸るのが好きなんですよね。

もしかしてあなたも本好きですか?さてはあなた内向型ですね?(すっとぼけ)

 

電話が苦手

「突発的な会話×誰からかかってくるのがかわらない×いつ終わるかも不明」

という三拍子がそろった電話は内向型的に苦手な人も多そう。

ちなみにぼくも電話は大の苦手でして、かかってくる電話には友人でさえもでないことがありますし、自分から電話するときは頭の中でシミュレーションしますからね笑

電話の着信があると本能的に「エネルギーを消費する!」と思っちゃうんでしょうねぇ。

 

自分の好きな趣味や分野になるとやけにしゃべる

IMG_7279

オタクかな?と思われるかもですが、一人の時間を大切にする内向型は自然と特定の分野に詳しくなることが多いです。

ぼくでいうとブログもそうですがギターやボイトレ、自転車旅などですかね。

友人や家族と会話してる時もこれらの話題になれば急に話すようになります。

科学的にはこれをコアパーソナルプロジェクトと呼ぶのですが、コアパーソナルプロジェクトがあると内向型でも外向的になれるのでなにか持っておくといいかもですね。

 

知り合いを見つけても声をかけない

電話のパターンと似てますが、突発的な会話が苦手な内向型は「街で知り合いを見つけてもスルー」することがあります。

言い訳をさせてもらうと、別にその人が嫌いなわけでないんですよね。

ただ、予定にないコミュニケーションがあると一気にエネルギーを使ってしまい疲れるんです。

なので、あらかじめ遊ぶ予定をしていたならいいんですけどね。すまん!!

 

飲み会やパーティが苦手

現代での社交の場と言えば飲み会やパーティですが、基本的に内向型はこれらのイベントが苦手です。

前述したように、突発的な会話が苦手なのはもちろんのこと、初対面の人や無駄にテンションの高いノリもあったりして刺激が強め。

もちろん社交の場は悪いものではないですし、そこで素敵な出会いもあるのでしょうが、下手に参加すると内向型は大ダメージを受けるかもです。

なので、内向型の強みを理解して、社交の場での振る舞いを意識したうえで参加するといいかもしれませんね。

都会がニガテ

刺激に敏感な内向型は人や物が多くてゴチャっとした都会がニガテです。

目や耳に入る刺激を自然と吸収しちゃうので疲れますし、個人的にはキャッチのお兄さんとかもニガテ笑

なので、遊びになると静かな場所や田舎を好む人が多いのではないでしょうか?

カフェとかアウトドアとか地方とか自分の家とかね。

 

刺激の強い遊びや作品がニガテ

シンプルに内向型は刺激の強いモノが苦手な傾向があります。

ホラーやグロ系の作品、クラブや遊園地など大勢の人が集まる遊び、激辛料理など、、、

刺激が強い=脳への情報量が多いので、繊細な内向型はすぐに疲れてしまうんですよね。

とはいえぼくもたまに激辛料理が食べたくなりますが、本当にたまにでいいんですよねぇ。

 

まとめ:あなたはどう?内向型人間のあるあるをまとめてみた

あなたはどれくらい当てはまりましたか?

・内向型とは外部の刺激に敏感な人

・刺激には対人関係や環境などが含まれる

【内向型あるある】
・予定のない休日にテンション上がる
・トイレはサンクチュアリ
・少人数で遊ぶのが好き(大人数は苦手)
・考え事が好き
・話すよりも書くのが好き
・読書が好き
・電話が苦手
・自分の好きな趣味や分野になるとやけにしゃべる
・知り合いを見つけても声をかけない
・飲み会やパーティがニガテ
・都会がニガテ
・刺激の強いモノや作品がニガテ

おそらくですが、内向性が強い人ほど「あるある!」と共感してもらえたかと思います。

こうして羅列してみると内向型の性質って現代社会では生きづらいですね笑

とはいえだからだめだ!というわけではなくて、苦手なことや自分の性質を理解していれば自分でコントロールできて生きやすくなると思います。

また、内向型にも外向型にない強みやメリットがあるので、それを活かしていけば生きやすさは加速するでしょうね(後述してます)

 

おまけ:内向型についてもっと理解を深めたいあなたに

IMG_7283

内向型のあるある以外にも、もっと理解を深めたいのですが、、、

という人に向けて、こちらに参考になりそうな記事や書籍を紹介しておきます。

内向型な自分の取扱説明書があれば、どんどん生きやすさが向上するのでよければどうぞ。

 

当ブログでは「内向型」についてあれこれ語ってます

ぼく自身も内向型なので、気づいたことやノウハウはすべてこのブログで紹介してます。

基礎知識から実生活での活かし方まで書いてるので、あなたの興味あるものからどうぞ。

内向型を知るのに最適な書籍

 

ぼくが内向型の特徴を知ったのがこちらの本。

内向型の脳はどうなっているのか?どうしたらそんな自分を活かせるのか?という話をエビデンスを交えて解説してくれます。

レビューは【感想】考えすぎるあなたへ。「内向型を強みにする」を読んでみたら、かなり気持ちが楽になったよでしています。

 

内向型にもう一歩踏み込んで、具体的にどうすれば活かせるの?内向型は外向的になれないの?

というテーマに触れているのがこちらの本。

THE内向型のぼくとしては希望の光になりましたね。

 

内向型とは少し異なりますが、HSP(繊細過ぎる人)はどうすれば生きやすくなるのか?というテーマを扱ってます。

読んだ感想としてはHSPも内向型もかなり共通点があると思っていて、ぼくは読んで心がラクになりました。

【書評】「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本を読んでみた感想!でレビューもしてるので、余裕があれば読んでみてください。

以上、【それある!】内向型のあるあるをまとめてみた【内向型人間の生態】 という話でした。

ではでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました