≫Amazonで買って後悔しないグッズまとめ!

【書評】最高の体調 ACTIVE HEALTHを読んでみた感想!現代人は野生化することで健康になる⁉

IMG_7306

ども!健康なまま一生を終えたいブロガーのカンノ(@kanno414)です。

 

日々暮らしていると体調のいい日と悪い日があるんだけど、できれば毎日ベストなコンディションで生活したい!

そう思ったので、今回は最高の体調 ACTIVE HEALTHという本を読んでみました。

ひと通り読み終わった感想としては、、、

・科学的に根拠のある健康法が知りたい

・とにかく毎日を心身ともに健康的に暮らしたい

・健康についてさらに理解を深めたい

こんな人におすすめできると思いました。

巷では健康番組が毎日のように放送されてますが、それでも現代では生活習慣病やストレスが絶えないのも事実。

じゃあどうしたら健康になれるの?毎日健やかに暮らせるの?

健康オタクのぼくとしては気になるところだったので、本書を手に取ってみました。

 

「最高の体調 ACTIVE HEALTH」とは?

日々の不調や不満には様々なレベルがあります。たんに朝起きれないという人もいれば、仕事の集中力が続かなくて作業が進まない。さらには怒りや不安がコントロールできずに人生が上手くいかない人、つねに体調不良に襲われている人、毎日の暮らしに張り合いがなく空虚な気持ちのまま暮らしている人など、症状や問題の深刻さには個人差があるはずです。まずは現代人が抱える問題の「共通項」をあぶりだし、すべてを柔軟に解決する汎用的なフレームワークを提供します。


著者はサイエンスライターとして年間5000本もの科学論文を読む鈴木祐さんという方。

鈴木さん自身も科学的に根拠のある健康法を試しまくり、それを「パレオな男」というブログにまとめていたりします(ちなみにぼくはこのブログのファン笑)

そんな科学が認める健康法を実践しつくした方が書いたのが「最高の体調 ACTIVE HEALTHなんです。

また、本書には食事や睡眠だけでなくメンタルや人間関係に至るまで健康に関するすべてのことが書かれてました。

それって中身が薄くならない?

そう思うかもしれませんが、本書ではベースになる理論があるので決してチープな内容ではありませんでしたよ。

また、実際に読んでみると「健康の本はこれ一冊でいいんじゃない?」と思うほど中身が濃厚でして、手っ取り早く健康になりたい人にはぜひ読んでみて欲しいです。

「最高の体調 ACTIVE HEALTH」を読んでおもしろかったポイント

ここからは本書を読んで「これはおもしろいぞ!」と思ったポイントを紹介していきます。

正直、この本に限ってはメモしたポイントが多すぎたので、その中でも厳選してみました笑

では、どうぞ!!

 

現代の生活は人類の進化とミスマッチが起きている

壮大なタイムスパンを見れば、人類は進化の過程で古代の環境に最適化してきたと考えるのが自然でしょう


本書では前提として「現代の生活は人類の進化から見たらミスマッチだよね」という考えをベースにしてました。

というのもぼくらが定住して農耕生活を営むようになったのはここ1~2万年前なのですが、、、

人類の歴史を見ると実に600~700万年もの間は狩猟採集をベースとした生活だったんですよ。

つまりぼくらの遺伝子や心身はまだまだ狩猟採集民のままなんじゃない?

そう過程したのが本書で紹介している健康法の大前提なんです。

 

人類に備わった生存システムが現代の豊かな環境ではうまく働かず、古代ではあり得なかった「肥満」という現象が現れた、というわけです。 この人類の進化と現代のミスマッチが進化医学の根幹になります。

例えば本書では「肥満」を例に挙げてましたが、食糧調達が困難だった古代の狩猟採集民にとって肥満なんてありえないわけですよね。

ですが、現代は食べるものに困らず、むしろ高カロリーなものが急速に普及していきました。

すると古代の身体に適応してるぼくら現代人では肥満に対応できず病気になるんですよね。

いや~、進化的に考えるとまだまだぼくらは狩猟採集民がベースになってるわけなんですな。

 

古代と現代のミスマッチは3つある

リーバーマン氏は、古代と現代のミスマッチが起きるパターンを3つの枠組みでとらえました。  多すぎる :古代には少なかったものが、現代では豊富すぎる  少なすぎる:古代には豊富だったものが、現代では少なすぎる  新しすぎる:古代には存在していなかったが、近代になって現れた


では具体的に古代と現代ではどんな違いがあるの?

という質問に本書では以下の3つを定義してました。

・多すぎる:古代には少なかったものが、現代では豊富すぎる

・少なすぎる:古代には豊富だったものが、現代では少なすぎる

・新しすぎる:古代には存在していなかったが、近代になって現れた

1つずつ例を挙げてみると、例えば「多すぎる」のは現代で言えばカロリーや情報などですよね。

どれも古代には現代ほどなかったものです。

また、「少なすぎる」のは運動、野菜、人間関係などでしょうか。

どれもニュースやテレビなどで取り上げられる話題ですよね。

最後は「新しすぎる」ですが、これはインターネットやIT技術、SNSなどが最たる例でしょうね。

新しいものはぼくらに豊かさをもたらしましたが、その反面多くの悪影響も起きてますよね。

本書ではこの理論をベースにいくつもの健康法則を紹介してました。

自分の生活に多すぎる、少なすぎる、新しすぎるものはなんなのか?

これを自問していくのが健康への近道なんですよね。

 

自然とのふれ合いが最強のストレス解消法

IMG_7307

「自然とのふれ合いにより、確実に人体の副交感神経は活性化する」というものです。 副交感神経は気持ちが穏やかなときに働き出す自律神経で、日中にたまった疲れやダメージを回復させる働きを持っています。つまり、自然は人体の疲労を回復する働きを持つわけです。


著者の鈴木さんもいたるところで絶賛してるのですが「自然とのふれ合い」には大きなメリットがあるようです。

例えば本書では自然とふれあうことで副交感神経が活性化し、ストレス解消や疲労回復になるというもの。

副交感神経系とは言ってみればリラックスしてるときに働く神経でして、これが自然を見るだけで活性化するそうなんです。

たしかに自然の中で過ごしていると「なんとなく癒されるなぁ」くらいには思ってましたが、これが科学的に実証されたわけですな。

これを知ってから、ぼくは積極的に自然を求めるようにしてまして休日は海や公園でボーっとしております笑

ぜひあなたも最寄りの自然に自分を浸してみては?

 

孤独はタバコよりも健康に悪い

その結果は、「良好な社会関係」の数字がずば抜けており、孤独だった人に友達ができた場合は最大で 15 年も寿命が延びる傾向があったとのこと。 健康への効果はエクササイズやダイエットの約3倍に当たり、なんと禁煙よりも「友人」のほうが影響が大きいというから衝撃的です。


本書で衝撃的だったのが孤独はタバコよりも健康に悪いぞ!ということ。

健康に悪影響を及ぼす人気ナンバーワンのタバコでさえ、孤独には負けるというんですね。

実際、孤独な人と友人がいる人の間には寿命が15年も違うそうで、なかなか厳しい現実ですよね。

とはいえ「だからみんなパリピになろう!イェイ!!」というわけではないそうです。

本書では「孤独を感じるのが体に悪い」と書いてあったので、友人が少なくても充実してる人、むしろ一人がなによりも最高!という方は大丈夫みたいですね。

他にも友達がいない人が「どうすれば自然と友人になるのか?」みたいな話もあって面白かったですよ。

 

他にも「最高の体調 ACTIVE HEALTH」で気になったポイントまとめ

IMG_7160

気になるところだらけで紹介しきれなかったので、こちらにぼくのメモを残しておきます。

「これは気になるぞ!」みたいな話題があれば読む価値アリだと思うので、気になる人は手に取ってみては?

・デジタルデバイスが近くにあるだけで、認知機能は大きく低下する。デバイスの存在を近くに感じた時点で、目の前の作業に使える認知のリソースは減ってしまうのだ

 

・私たちの脳と体は「低カロリー」には上手く対応できますが、「高カロリー」を処理するようには設計されていません

 

・普段の食事をもっと野生的に変えて、自然の微生物との触れ合いを取り戻すのが重要

 

・快楽ばかりを追う人生は退廃に至り、安らぎだけの毎日に前進はなく、不安ばかりの暮らしは日々をよどませます。それぞれがしっかり噛み合ってこそ、人間はうまく機能できるのです。

 

・ ヒトの認知リソースは大勢の友人をさばくようにはできていないため、1回につき5人前後としか親密な人間関係を築けない

 

まとめ:最高の体調 ACTIVE HEALTHを読んでみた感想!

こんな人におすすめ

・科学的に根拠のある健康法が知りたい

 

・とにかく毎日を心身ともに健康的に暮らしたい

 

・健康についてさらに理解を深めたい

健康法を書いた本は今まで何冊も読んできましたが、人類の進化に焦点を当てた本ははじめてでした。

特に個人的には「現代人はまだまだ古代に適応してる」みたいな話は興味深くて、単純に読み物としても面白かったです。

というわけで、ぼくは本書をきっかけに少しずつ野生化していこうと思いますが、よければあなたもどうでしょうか?笑

半分ネタでいいましたが、古代の暮らしを現代に応用するテクニックは科学的に正しいアプローチみたいですよ。

 

おまけ:「最高の体調 ACTIVE HEALTH」に書いてあることを実践した感想

とはいえ本書に書いてあることを実践して、ホントに健康になるの?

という人もいると思うので、ぼく個人が実際に試してみた感想も載せておきますね。

本書を購入しようか検討してる人は参考にどうぞ(随時更新していきます)

 

 

 

 

 

以上、【書評】最高の体調 ACTIVE HEALTHを読んでみた感想!現代人は野生化することで健康になる⁉という話でした。

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました