≫運営者のプロフィール

【独学】ソロギター初心者でも弾けた!曲の練習方法をすべて公開【挫折しない】

IMG_7079

どもども!ブロガーのカンノです。

ソロギター初心者だけど曲の練習ってどうすればいいの?というか独学でも弾けるのだろうか

こんな質問に答えますね。

【この記事の内容】

○ 独学&初心者はソロギターを弾けるのか

○ ソロギター初心者でも弾けるようになった曲の練習方法

○ ソロギター初心者が挫折しないためのコツ


ちなみにこの記事を書いてるぼくもソロギター歴7ヶ月の初心者でして、完全独学でギターを始めました。

ソロギターは難しい、独学ではムリだ!と言われてますが、練習を工夫することでなんとか弾けるようになったんですよね。

参考までにこちらにぼくが演奏した動画を紹介しておきます。(ソロギターを始めて6ヶ月頃の演奏です)

独学&初心者でもソロギターを弾くのは可能です

2a4d3974.jpg

まず伝えておきたいのが「独学や初心者の人でもソロギターはできる」ということです。

おそらくソロギターって「ギターの中でも難しい上級者の遊び」というイメージがありますよね。

ぼくも始める前はそう思っていましたし、確かにソロギターが弾ける人は上手いイメージがあります。

ですが、実際に取り組んでみると独学で初心者のぼくでもソロギターはできたんですよね。

「あれ?練習すれば意外とできるんだ!」

初めて1曲弾けるようになったときは堪らなくうれしかったです。

 

1曲でも弾けるようになるとソロギターの世界が楽しくなる

1曲でも弾けるとソロギターの魅力に憑りつかれます(実体験)

もう1つ伝えておくと、練習して1曲でも弾けるようになるとソロギターの楽しさに気づくんですよね。

大好きな曲が自分のギターから奏でられる喜びは経験した人にしかわかりません。

ですが、多くの人は曲が弾ける前に諦めてしまうので「ソロギターは難しい!つまらない!」となってるように思います。

なので、まずは「確実に曲が弾けるようになるロードマップ」を知る必要があると考えました。

 

【独学】ソロギター初心者でも弾けた曲の練習方法を公開

FullSizeRender

というわけで、ここからは独学&初心者のぼくが実践している練習方法を紹介します。

 

① 楽譜を見て、まずはいろんな曲を弾いてみる

② 試した中で「練習すればなんとかできそう!」という曲を見つける

③ 楽譜を熟読しながら冒頭からパートごとに練習する

④ 曲の全体像が理解できたら暗譜する

⑤ 苦手なフレーズなどの弱点を克服

⑥ 曲のお手本(動画、音源)があればマネをして完成度を高める

⑦ 繰り返し練習し、頭で考えなくても弾けるようになれば完成

 

この練習方法を使って、実際に曲を弾けるようになれたのでよければ参考にしてみてください。

また、ぼくもまだ初心者なので有益な情報があれば随時更新していきますね。

一緒にソロギターの世界を楽しみましょう!!

 

① 楽譜を見て、まずはいろんな曲を弾いてみる

今は本以外にネットでも楽譜が手に入るので、いろいろ試してみるといいです。

演奏レベルからジャンルまで本当に様々なので、片っ端からのぞいてみてください。

ここで1つポイントがあるとすれば「できるだけあなたの好きな曲」を選ぶといいですよ!

「好き」というだけでモチベーションが保ちやすくなるので、後々の継続力に効いてきます。

 

▽ ちなみにぼくはジブリ音楽が大好きなので、練習曲はジブリから選びました。

参考までにぼくがお世話になった楽譜を紹介しておきますね。

初めてのソロギターはこの動画の「風の通り道」でした(無料の楽譜あり)

▽ 愛用してる楽譜はこちら!

難易度がやさしいので初心者のぼくでも「ジブリソロギター」が楽しめてます。

② 試した中で「練習すればなんとかできそう!」という曲を見つける

これならどうにかなるかも、、、(ゴクリ)

初心者なので最初はもちろん弾けませんが、あれこれ試した中で「これは練習すればできそうだ」という曲を見つけましょう。

反対にどれだけ弾きたくても難しすぎる曲はNGです。

ぼくは経験ありますが、憧れだけで”とある曲”に挑戦したらすぐに挫折しましたからね。笑

本当にソロギターを続けたいならレベルを下げて「自分にもできるかも」という曲から始めるといいですよ。

よく言われますが、初心者こそ小さなハードルから跳んでいきましょう!

 

③ 楽譜を熟読しながら冒頭からパートごとに練習する

FullSizeRender

課題曲が決まったら、さっそく練習に取り掛かっていきましょう!

とはいえ最初は「楽譜を見ても弾けない状態」だと思うので、根気強く楽譜を読み込みます。

勉強で言えば、この時点では公式も基礎知識も知らないわけなので、まずは理解することが大切なんですよね。

具体的にはギターを片手に冒頭からパートごとに練習していくといいですよ。

いきなりすべて弾こうとすると

「こんなのできるわけない!」「全然弾けなくてつまらん!」

と思いたくなるので、ここは弾けなくても1つずつ理解するつもりでいきましょう。

 

④ 曲の全体像が理解できたら暗譜していく

知識を理解したら今度はそれを暗記しましょう!

③で冒頭からラストまで楽譜が理解できたら、今度はそれを覚えていきます。

この楽譜を覚える作業を「暗譜(あんぷ)」と言いますが、ソロギターをカッコよく弾くには必要な作業になりますよ。

また、この段階では曲が完璧に弾ける必要はありませんが、ある程度弾けると暗譜しやすいです。

なので自信がつくまで焦らず③のステップを繰り返すのもいいですよ(ぼくはそうでした)

なお「覚えるのがニガテ、、、」という人はこちらに暗譜のコツを紹介してるのでよければどうぞ。

⑤ 苦手なフレーズなどの弱点を克服

FullSizeRender

暗譜ができたら何を見なくても曲が弾けるわけですが、そう簡単にはいきません。

楽譜を覚えていても「どうしてもミスする苦手なフレーズ」が出てくると思います。

個人的にここが一番苦しい場面ですね。笑

ミスしやすいフレーズがあることで演奏が止まりますし、曲も完成しないんですよね、、悔しい!

諦めたくなりますが、そこはグッとこらえて苦手を克服していきましょう。

ネットを調べれば同じ壁に当たった人はいるでしょうし、アドバイスを求めるのもありです。

また、当ブログにはぼくの練習日誌を公開しています。

苦手の克服や練習メニューなども紹介してるので興味があれば参考にどうぞ。

⑥ 曲のお手本(動画、音源)があればマネをして完成度を高める

ここからは完成度を高めていきます!!

ここからは完成度を高める段階なので、⑤の時点で満足した人は読み飛ばしてもらってOKですよ。

さて、この段階まで来ると、ある程度曲は弾けると思います。

ですが、さらに完成度を高めたいならお手本を用意しましょう。

YouTubeの動画でもいいですし、ぼくの場合なら楽譜に付属のCDですね。

BlogPaint

これらのお手本と自分の演奏を比べてみると「テンポの違いや抑揚、フレーズのなめらかさ」などに気づくと思います。

というのも、上級者の演奏には「上手に演奏する要素」が散りばめられてるんですよね。

これを手っ取り早く吸収するには「マネする」のが一番です。

何度もお手本の演奏を聴きながら「どうすれば同じように弾けるか?」を考えて練習してみてください。

 

⑦ 繰り返し練習し、頭で考えなくても弾けるようになれば完成!

あとは自動で弾けるようになるまで繰り返して完成!

最後は仕上げとして何度も練習して、頭で考えなくても弾けるようになればOKです。

この段階まで来るともはや手グセですが(笑)、覚えた曲がいつでも弾けちゃいますよ。

おつかれさまでした!!

 

まとめ:ソロギター初心者でも弾ける曲の練習方法

これが初心者のぼくでも曲が弾けるようになった練習方法です!

① 楽譜を見て、まずはいろんな曲を弾いてみる

② 試した中で「練習すればなんとかできそう!」という曲を見つける

③ 楽譜を熟読しながら冒頭からパートごとに練習する

④ 曲の全体像が理解できたら暗譜する

⑤ 苦手なフレーズなどの弱点を克服

⑥ 曲のお手本(動画、音源)があればマネをして完成度を高める

⑦ 繰り返し練習し、頭で考えなくても弾けるようになれば完成

ソロギターは初心者には難しい!独学はムリだ!

そう思われてますが、練習を工夫することでぼくは曲が弾けるようになりました。

もちろん始めた頃は不安でしたが、続けるうちに少しずつ上達してきたんですよね。

「ギターで好きな曲を弾けるのってこんなに気持ちいいのか!」

この記事がソロギターを始めたい人の参考になれば幸いです。

 

【初心者向け】独学ソロギターで挫折しないためのコツ【1分で読める】

ソロギターの練習方法はわかったけど、モチベーションの保ち方がわからない

そんな人に向けて、ここからはぼくも実践してる「ソロギターで挫折しないコツ」を紹介します。

特に独学でチャレンジしてる人に読んで欲しいのでぜひどうぞ!

(※1分ほどで読めます)

 

自分が好き or 興味ある曲を選ぶ

あなたの”好き”は練習する上で最強のガソリンになります

ソロギターの課題曲はなるべく自分が好きな曲にするといいです。

初心者向けだからと言って興味のない曲を練習しても、演奏が楽しめないと継続は難しいんですよね。

反対に好きな曲であれば練習自体が楽しめますし、弾けたときの喜びもひとしお!

諦めそうになっても「この曲が弾きたい!」という情熱が宿るので、ギター練習のガソリンになってくれますよ。

 

初心者こそ憧れよりも現実を見る

あんな風に演奏してみたい!!

ギターを始めるキッカケは憧れが多いと思いますが、ここで注意点が1つ。

憧れは持ってもいいですが、いきなりそれに挑戦すると9割方挫折します。

早く結果を出したい!という気持ちはよくわかるのですが、まずは現実を見ましょう。

具体的には「今の自分でも届きそうなレベルの曲」から始めるといいです。

憧れを諦めろ!とは言いませんが、まずは自分の足元を見て一歩ずつ進むのが大切ですね。

 

練習の成果を発表できる場をつくる

FullSizeRender

独学で練習する人は特にですが、目標設定がないとモチベーションの管理は難しいです。

そこでぼくは「発表の場」を作るようにしています。

「え?発表?そんなのムリ!」

と思うかもしれませんが、発表といっても軽いものでいいですよ。

○ SNSに自分の動画や練習過程を投稿

○ 友人や家族などに演奏を聴いてもらう

○ YouTubeなどに動画投稿してみる

こんな感じで、今は発表のハードルが低い時代なので誰でもできると思います。

実はぼくも演奏を見せるのには抵抗があったのですが、やってみるとモチベーションは高まるし「もっとうまくなりたい!」という向上心にもつながりました。

誰か聴いてくれる人がいると音楽はより楽しくなりますよ!

紹介した方法も取り入れながら、あなただけのギターライフを送ってみてください!

 

以上、【独学】ソロギター初心者でも弾けた!曲の練習方法をすべて公開【挫折しない】という話でした。

では~!

▽ ギター関連の記事はこちらからどうぞ

 

▽ YouTubeにはソロギターの演奏動画をUPしてるのでよければ聴いてみてください。

カンノのギターチャンネルはこちら

 

▽ ぼくが愛用してるジブリソロギターの楽譜はこちら

難易度がやさしいので、初心者のぼくでも挫折することなくソロギターが楽しめる良書です。

▽ 愛用のマイギター

ミニサイズのエレアコなのでどんなシチュエーションでも演奏できるぼくの相棒です!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました