≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

ポタリングに最適な服装・ファッションはなに?春夏秋冬のおすすめスタイルも紹介

IMG_6569
更新日:2019/6/5

どもども!チャリブロガーのカンノです。

 

ポタリングに最適な服装ってなんだろう?自転車を趣味として始めたいんだけど、どんなファッションにすればいいのか迷う、、、

こんな質問に答えます。

【この記事の内容】

○ ポタリングとは?ざっくり解説

○ ポタリングに最適な服装を紹介

○ 季節ごとのおすすめウェアを紹介

自転車旅より、サイクリングよりもゆるく楽しめるのが「ポタリング」ですが、どんな服を着ればいいの?と迷う人もいると思います。

そこで自転車歴6年、最近はほぼ毎日ポタリングしてるぼくが「最適なファッション」を紹介しますね!

記事を読めば服装の悩みは消えると思うので、よければ参考にしてみてください。

 

【基礎知識①】ポタリングとはなに?

カンタンに言うと「散歩の自転車バージョン」ですね!

「ポタリング」という言葉をはじめて聞いた人もいると思うのでざっくり説明すると、”自転車版の散歩”という表現がしっくりきます。

「え?自転車で散歩なんてできるの?」

「は?、、、、は?なにいってるの?」

という人もいるかもしれませんね。

もう少し詳しく言うと、ポタリングは「距離もスピードも気にせずマイペースに自転車をこぐもの」と認識してもらえればOKです。

エクササイズも兼ねて~とか、低強度の運動に~など、表現はさまざまですが、ここでは「自転車でマイペースに散歩すること」として統一しておきますね。

【基礎知識②】サイクリングとポタリングの違いはなに?

ぽたぽた

ポタリングとサイクリングって同じじゃない?違いはあるの?

そう思う人もいるかもしれませんが、一応違いはあります!

図を見てもらうとわかりますが、サイクリングは「運動」や「レクリエーション」などのスポーツ的な側面が強いです。

一方ポタリングは「気ままに」とか「散歩」といったスポーツよりも緩い遊び的な側面が強いんですよね。

サイクリングは運動。ポタリングは遊び。そう捉えてもらうのがわかりやすいですね。

あと個人的には”ポタリング”の語呂がなんだかとてもゆる~い感じがして好きです。笑

ポタリングに最適な服装は「動きやすければなんでもOK」です

IMG_6333

さて本題!

ポタリングに最適な服装ですが、ぼくは「動きやすければなんでもOK」だと思ってます。

、、、ガッカリしたでしょうか?

でも、サイクリングほど激しく運動しないポタリングなら動きやすい服装が快適なんですよね。

なのでジャージやスウェット、ユニクロなどで十分です。

ぼくも普段はユニクロやアウトドアウエアを着て走ってますからね。

肝心なのは気持ちよく自転車に乗ることです。

あなたの動きやすいお気に入りのファッションで外に出かけましょう!

 

自転車用の服って聞くと「ピチピチのやつ」を思い浮かべたんだけどどうなの?

自転車の服と言えば、ピチピチのアレでしょ?

と思うかもしれませんが、特に決まりはありません。

本格的なレースや動きやすさを重視するならサイクルウェアがいいですが、別に普通の服でもOKですよ。

「自転車乗り=ピチピチ」みたいな公式がある気がするかもしれませんが、ないです!笑

ぼくを含め、意外と普段着で走ってる人も多いので安心してください。

【春秋編】ポタリングにおすすめの服装・ファッション

自転車のベストシーズン「春秋」に持っておくといい服装を紹介します!

 

ウインドブレーカー

自転車乗りなら1枚は持っておきたいのがウインドブレーカーですね。

自転車をこいでると風が強かったり寒暖差が激しい日ってないですか?

特に春や秋はその傾向が濃い気がします。というかたまにすごい寒い!笑

そんなとき「ウインドブレーカー」を持っているとカンタンに温まれますし、風もシャットアウト。

サドルの上の自転車ライフを快適にしてくれる名わき役なんですよね。

便利なので、ぼくはいつもリュックにウインドブレーカーを1枚忍ばせてます。

 

フリース

寒がりさんはウインドブレーカーの中にフリースを着ると最強ですよ。

フリースはアウターとして着ると風が入り込んで寒いのですが、ウインドブレーカーの下に着れば保温性を発揮してくれます。

カラダが温まってきたらフリースを脱げばいいですし、冷え込んできたら中にIN。

春と秋の寒暖差に、フリースは柔軟に対応してくれます。

まさに自転車界の中間管理職!さりげないフォローがたまりません。

 

【夏編】ポタリングにおすすめの服装・ファッション

どれだけ暑くても外に出たくなる季節!夏のおすすめファッションです

 

アーム・レッグカバー

FullSizeRender

夏場にチャリダーが抱える悩みNo.1と言えばやはり「日焼け」です。

あなたも真っ黒に焦げた自転車乗りを見たことあるのではないでしょうか?

「自転車に乗ったらああなるのか、、、」「正直イヤだなぁ」

という人も安心してください!アームレッグカバーがあれば日焼けを最小限に抑えることができます!

アーム・レッグカバーとはその名の通り「腕や足につけて日焼けを防止するアイテム」(画像)

これがあれば90%以上の紫外線をカットできるので、夏場でも素肌を守れます。

絶対に焼きたくない。パンダはマジ勘弁。そんなあなたに。

レッグ(脚用)カバーはこちら。

サンダル

夏場に靴なんか履いてられない!暑い!蒸れる!ついでにくさい!

というあなたにはサンダルをそっとおすすめしておきます。

「え?自転車にサンダルって危なくない?」と思うかもしれませんね。

ですが、ぼくも愛用してる「Newport H2」はサンダルなのに靴のように履けて、それでいて涼しいんです。

サンダルなの?靴なの?どっちでもいいけど自由だ!

デザイン性も高いのでアウトドアや普段使いでもOKな万能アイテムです。

カラーバリエーションは豊富なので、あなたのお気に入りを見つけてみては?

【冬編】ポタリングにおすすめの服装・ファッション

寒かろうが自転車遊びはやめられない!そんな冬に活躍するアイテムを紹介します。

 

ダウン

冷気をシャットアウトし、中を温める「ダウンジャケット」冬の自転車生活に必須です。

「寒くて正直外に出たくないな、、、」という日も、ダウンを着ると不思議と「おれ行けそうな気がする!」となるものいいですね。笑

ダウンはアパレルからアウトドアメーカーまでたくさんの種類が出てますが、ポタリング用なら安いものでOKですよ。

ぼくもユニクロのウルトラライトダウンを使ってますからね!

 

冬用サイクルグローブ

冬のポタリング快適度は末端の冷えをいかに抑えるか?が8割です。

素手でハンドルを握ろうものなら、5分も乗ればカチコチに。

スマホもろくに触れないくらい使い物にならないので、自転車どころではありません。

グローブしましょう!(切実)

最近は安くとも暖かくて高機能のサイクルグローブが出てるので、冬場はそれで手を守りましょう。

もう、赤くしもやけしたマイハンドを見る必要はないんです。

 

厚手のソックス(ウールがベスト)

冬場のポタリングで冷えるのは指先だけでなく足先も冷えます。

せっかく服を着こんでも足先だけ凍ったような感覚ありませんか?

ぼくはそれがイヤだったので厚手の靴下を履いて、足先をしっかり保温してました。

ちなみにのぼくのおすすめはメリノウールという素材を使ったものでして、これを履くだけで凍てついた足が溶けていきます。

また、湿気も逃がすので汗をかいても履き心地は快適なんですよね。

靴下にしては値が張りますが、一足あると心強い冬のコタツ的存在です。笑

 

まとめ:ポタリングに最適な服装・ファッションと季節のおすすめ

服装を整えるだけでポタリングの快適度はぐっと高まるよ!


以上がポタリングに最適な服装・ファッションになります。

基本的には「動きやすければなんでもOK」なのですが、季節に応じて衣替えするとより快適にできますよ。

「さすがに冬は乗らないけど、春秋は乗ろうかな」

「夏場だけ自転車を楽しみたい!」

いろんなニーズがあると思いますが、あなたの状況にあわせて選んでみてください。

快適なポタリングライフを!!

おまけ:ポタリング時に注意しておきたい服装のポイント

ポタリングに最適なファッションはわかったけど、他に気をつけることある?

という人に向けて、ここからはポタリングで注意しておきたいポイントを紹介します。

出かける前の参考程度にどうぞ!(※1分で読めます)

 

自分の体温に応じて服の着脱をしよう

IMG_6562

自転車って意外と体温変化の激しい運動です。

それは天候の変化はもちろん、自分の体温も移り変わっていくんですよね。

着すぎて汗をかけば体は冷えますし、薄着だと体調を崩しかねません。

「どのくらいが一番快適かな?」とカラダに問いかけながら、服を着脱するといいですよ!

 

くるぶしとお尻は要チェック!

ポタリングの服装はなんでもいいと言いましたが、ズボンだけは注意です!

「くるぶしのあたりがチェーンに擦れて汚れる」

「ズボンのお尻部分がサドルと擦れて色が落ちる」

なんてことがあるんですよ。

お気に入りのズボンを履いてる人は注意ですよね。

対策としてはくるぶしは専用のテープで止めたり、色の落ちないズボンを履くなどでしょうか。

ズボンは意外と盲点なので気をつけてくださいね。

 

というわけで、紹介したことに注意しながらあなただけの自転車ライフを送ってください!

 

以上、ポタリングに最適な服装・ファッションはなに?春夏秋冬のおすすめスタイルも紹介 という話でした。

では~!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました