≫運営者のプロフィール

【初心者向け】YouTubeにスマホで撮影した弾き語り動画をアップする手順【作り方】

IMG_6487
更新日:2019/6/11

どもども!ブロガーのカンノです。

 

スマホでYouTubeに弾き語り動画をアップしてみたいな。でもせっかくならクオリティも重視した動画にしたい。簡単に編集やエフェクトができたらいいんだけど、、

そんな人に向けて、この記事ではスマホでYouTubeに弾き語り動画をアップする手順を紹介します。

また、せっかく動画を作るならクオリティも高めたいと思うので簡単な編集やエフェクト作業もあわせて解説しますね。

この記事をマネすれば撮影からアップロードまですべてできるので試してみてください!

▽ 参考までにここで紹介した方法を使って作成した動画がこちらになります。

【作り方】YouTubeにスマホで撮影した弾き語り動画をアップするまでの手順

具体的には以下の手順で動画を作成・投稿していきます

POINT

① 弾き語り用の撮影アプリをダウンロード
② 三脚などを使って撮影アングルを決めておく
③ 納得のいくテイクが撮れるまでレコーディング
④ アプリで動画にお好みのエフェクトをかける
⑤ 最後に不要な部分をトリミングして動画を保存
⑥ 動画を加工したい場合はiMovieなどを使おう
⑦ 納得のいく動画ができたらYouTubeにアップロード
⑧ 無事にアップロードできたら「スマホ弾き語り動画」の完成


面倒そうだな、、と思われるかもしれませんが、順調に行けば最速15分ほどで動画が作れますよ。

ぼくも当初はどうすればいいのかわかりませんでしたが、実践を繰り返すことで少しずつ動画作成のコツがつかめてきました。

ともあれまずは実際に動画を作ってみることが大事なので、よければ一緒にやりながら進めてみてください。

 

動画投稿って難しいと思われがちだけど、意外にハードルは低いんだよね!

今回の弾き語り動画作成にあたっての事前事項

動画を作りはじめる前に理解してほしいポイントをまとめておきます

POINT

○ 今回使う撮影用アプリはiosのみになります

 

○ 録音環境はiPhoneのマイクです

 

○ 撮影スタイルによってアイテムが必要になることもあります


基本的には誰でも手軽にできるのですが、今回解説する方法はiPhone(ios端末)ユーザーが対象になります。

また、録音環境はiPhoneの付属マイクを使ってるので注意してくださいね。

追記:2019/1/19

スマホに直接繋げられるマイクを購入しました!

2000円くらいで買える安物だけど大丈夫かな?

と思ってましたが、使ってみるとiPhoneのマイクよりノイズも少なく高音質!

ボリューム調節やリバーブもかけられるので、手軽にクオリティを上げるなら持っておくといいですよ。

手順① 弾き語り用の撮影アプリをダウンロード

 

Impact by Focusrite

Impact by Focusrite
開発元:Novation
無料
posted withアプリーチ

まずは撮影用のアプリをダウンロードしておきましょう。

ぼくが愛用してるのは「Impact」というアプリですが、これは以下のような機能があります。

○ 弾き語りや楽器ごとに録音を最適化してくれる

○ 歌声やギターにエフェクトをかけられる

○ トリミングもできるのでカンタンな動画編集も可能

本格的に動画を作ろうと思うと機材や専門知識が必要になりますが、このアプリは違います。

面倒なことをすべてアプリがやってくれるので、自分は演奏だけに集中できるんですよね。

以下の手順ではこのアプリを前提に進めていくので、よければダウンロードしてみてください。

※ Impactはiosのみのアプリなのでご了承ください

 

手順② 三脚などを使って撮影アングルを決めておく

IMG_6446

アプリのダウンロードができたら、次は撮影アングルを決めましょう。

「Impact」アプリではカメラの向きを自撮りモードにできるので、画面を見ながらお気に入りのアングルをさがしてみてください。

IMG_6473
(画面が割れててごめんなさい笑)

また、アングルを決めるときはスマホ用の三脚があると捗りますよ!

ちなみにぼくは三脚の脚を自由自在に変えられるタイプを使ってます。

スマホ用三脚は意外とお手頃なので、動画をこだわりたい人は1つ持っておくといいです。

手順③ 納得のいくテイクが撮れるまでレコーディング

IMG_6448

「Impact」アプリでは演奏スタイルによって録音環境を整えてくれるので、自分に適したものを選びましょう。

ちなみに弾き語りなら「Guitar+Vocal」を選べばOKですよ。

FullSizeRender

アングルと録音環境が決まったらあとはひたすら動画撮影です!

自分が納得のいくテイクが撮れるまでひたすら演奏しましょう。

一度撮影にハマると「いやこれじゃだめだろ、、」と思って何度も取り直すかもしれませんが、そこは根気です。(実体験)

 

手順④ アプリで動画にお好みのエフェクトをかける

IMG_6475

ベストテイクが撮れたら次は音にエフェクトをかけていきましょう。

カラオケで言えばエコーやボリュームの調整ですね。

「Impact」アプリで自分が撮った動画を開くとエフェクトの表示がでてくると思います。(画像)

こだわりがなければそのままのエフェクトでいいのですが、自分で調節してみるのも面白いですよ!

 

IMG_6477

最後にエフェクトが調節できたら右上の「Select」をタッチしてください。

 

手順⑤ 最後に不要な部分をトリミングして動画を保存

IMG_6476

エフェクトの調節ができたら次は動画のいらない部分をカットしていきましょう。

アプリ右下の「四角ボタン」をタッチするとトリミングの画面に移行しますよ。

弾き語り動画では演奏の前と後に余裕を持たせてることが多いと思います。

なので、そこをカットすると演奏だけが聴ける動画になりますよ。

 

IMG_6478

トリミングができたら最後に右上の「Save」をタッチして動画を保存してください。

Saveをタッチすると「上書き保存」か「新規保存」を選べるのでお好きな方をどうぞ。

 

ここまでで「Impact」でできる作業は終わりだよ!

手順⑥ 動画を加工したい場合は「iMovie」などを使おう

iMovie

iMovie
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

「Impact」ではエフェクトやトリミングを担当してましたが、動画自体を編集するなら「iMovie」がおすすめです。

 

IMG_6479

動画の雰囲気やフェードイン・アウトなど簡単に「それっぽく」なりますよ。笑

詳しい使い方はこちらの記事を参考にしてみてください。

手順⑦ 納得のいく動画ができたらYouTubeにアップロード

 

YouTube

YouTube
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

よし!これで動画自体は完成したぞ!

という方は最後にYouTubeにアップロードしましょう。

 

IMG_6480

まずYouTube公式アプリを開いて右上の「カメラマーク」をタッチしてください。

 

IMG_6481

次に動画の選択画面に移るので「投稿したい動画」をタッチします。

 

IMG_6482

するとYouTubeアプリの編集画面に移りますが、すでに編集は終わってるので右上の「次へ」をタッチ

 

IMG_6483

最後に必要事項を記入して右上の「アップデート」をタッチしましょう。

 

手順⑧ 無事にアップロードできたら「スマホ弾き語り動画」の完成!

IMG_6484

最後にもう1つだけ!

アップロードした動画がYouTubeのアプリにちゃんと反映されていれば完了です。

おつかれさまでした!!

 

作り方:YouTubeにスマホで撮影した弾き語り動画をアップする手順

スマホだけでも意外とハイクオリティの動画が作れるんだよね!

以上がスマホで撮影した弾き語り動画をYouTubeにアップするまでの流れになります。

やってみると意外とカンタンでしたし、アプリを使えばハイクオリティの動画も作れるんですよね。

こんなに手軽に動画投稿できるのは本当にいい時代だと思います。

ぜひ今回紹介した方法を使ってあなただけの弾き語り動画をアップしてみてください!

ちなみにぼくがやっている弾き語りチャンネルもぜひ!笑

≫カンノの弾き語りチャンネルはこちら

 

おまけ①:動画に自分で作ったサムネイル画像を設定する方法

よく動画にオリジナルのサムネイルを設定してる人がいるけど、あれどうやるの?

ぼくも設定してますが、せっかく動画を作るならサムネイル画像を設定しておくと見てもらいやすいです。

ぼくの動画で言えばアーティスト名とタイトルを入れてるこんな画像のことですね。

サムネイル画像の設定は慣れれば1分でできるので、ぜひ導入しておきましょう。

詳しいやり方はYouTubeのサムネイル画像をスマホから設定・保存する方法【1分でできる】で記事にしてるのであわせてどうぞ。

おまけ②:スマホで弾き語り動画を作るときの注意事項

動画の作り方はわかったけど、他に注意した方がいいことはある?

という人のために、ここからはスマホで弾き語り動画を作るときの注意事項を紹介します。

ぼくが実際に動画を使ってみて感じたことだけ紹介するので、信憑性は高いと思いますよ。

 

周囲の雑音が入らないように、なるべく静かな場所で撮ろう

IMG_6416

スマホと言えど最近のマイクは高性能なので、周囲の音をよく拾います。

クルマやテレビの音など気がつけば雑音が混ざってるんですよね。

友だち同士の動画ならそれでもいいですが、弾き語りで誰かに聴いてもらいたいなら雑音はなくした方がいいです。

なので雑音の少なくなる場所、時間帯、工夫などを意識して動画を撮ってみてください。

あなたの声だけに集中できる動画の方がきっとステキですからね!

 

マイク(スマホ)の位置によって音量バランスが変わるので注意

今回紹介した方法では「マイク=スマホ」なので、レコーディングするときのスマホの位置に注意してください。

例えば、、、

○ ギターに近ければギターの音がメインに

○ スマホが遠ければボリュームは控えめに

○ 口に近づければボーカルがメインに

このようにマイクのポジションが変わるだけで、動画で強調される音も変わってきます。

なのでマイクの位置を考えながら、自分にとってベストな環境を整えてあげるといいですよ。

 

▽ ちなみにボーカルを強調させたい場合はマイク付きのイヤホンを使うといいですよ。

自分の声が一番真ん中に来る感じがします。

スマホに動画を撮れる容量があるか確認しておこう

IMG_5490

よしっ!いいテイクが撮れた、、、あれ?スマホの容量がなくて撮れてないじゃん!

レコーディングに夢中になってると、つい動画を撮りすぎてスマホの容量がなくなります。

そしてベストなテイクが撮れたときに限って容量不足でゲームオーバー。

、、、まあこれはぼくの話なんですけどね。笑

こんな悲しい事態を防ぐためにも、定期的にスマホの容量を確認しておくといいです。

余裕があるって大切ですからね(しみじみ)

これらの注意点も意識しながらあなただけの音楽ライフを楽しんでみてください!

 

以上、【初心者向け】YouTubeにスマホで撮影した弾き語り動画をアップする手順【作り方】という話でした。

では~!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました