≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

[レビュー] キャプテンスタッグのアルミロールテーブル(M-3713)を買ってみた!10秒で取り出せる使い勝手の良さがいいぞ

IMG_5549

どもども!アウトドア1年生のカンノ(@kanno414)です。

ソロキャンプに最適なミニテーブルが欲しい!

と思ったので、巷で人気とうわさの「キャプテンスタッグ アルミロールテーブル」を購入してみました。

○ 実際のサイズ感や使い心地が気になる

○ 自分も同じ商品の購入を検討してる

○ キャンプを本格的にはじめたい

こんな人に向けてレビューしていくのでよければ参考にしてみてください!

 

テーブルがないと料理もキャンプもしっかり楽しめないからね!大事!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル

今回ぼくが購入したのはこちらの「キャプテンスタッグ アルミロールテーブル」という商品。

価格はAmazonで1443円でした(※2018/8/1時点)

ソロキャンプを始めたいと考え「コンパクトかつ使いやすいテーブルはないかな~?」と思っていたらこれを見つけました。

というのも、キャンプをするときって料理、食事、遊び、など。

いろんな場面で「テーブルがあったら便利だよなぁ」と思うことが多かったんですよね。

それに地べたに食材や道具を置くのも嫌ですし、、、、というわけで買っちゃいました!

 

また、ざっくりこの商品について説明すると

「折りたたみ式でコンパクトに持ち運べるアルミ製のミニテーブル」という感じのもの。

Amazonでもベストセラーに選ばれている商品のようで、信頼感は抜群みたいですよ!

ここからはそんなアイテムを徹底レビューしていくよ!丸裸だぜ!

まずは外箱から商品を取り出すぞ!

IMG_5514

というわけで例のブツが届きました!(テーブルです)

キャプテンスタッグの長方形の外箱に商品が入ってるような形といたってシンプル。

IMG_5515

中を取り出してみると「CAPTAIN STAG」のロゴマークが入った専用袋が、、、

このなかにブツがあるようですね!(テーブルです)

 

いざ開封の儀!本製品の中身はこんな感じでした

IMG_5516

こちらが本製品のすべての内容物になります。

○ 外箱

○ 専用の袋

○ アルミロールテーブル本体

う~ん。これまたシンプルですね!

保証書や説明書などは用意されておらず、使い方は外箱に書いてありましたよ。

 

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルを組み立ててみた!

さっそくテーブルを組み立てていくよ!

IMG_5517

まずは外箱から商品を取り出すと写真のように折りたたんだ状態で入ってます。

ちなみに手で押さえてるのは本体がバネのように伸縮性があるからなんですが、、、

IMG_5518

手を離すとこのように一瞬でテーブルの形に生まれ変わります!

自分で広げる必要はなくバネの慣性に任せるだけなので超ラクチンでしたよ。

IMG_5550

つぎにテーブルを裏返して脚を組み立てていきます。

初期状態では脚に使うバーが収まっているので、これを解除してストッパーにセットしていきましょう。(写真)

IMG_5551

こんな感じで横に収まっていたバーを縦にして、ストッパーにセットしておきます。

IMG_5521

つぎに左右のバーがセットされた脚を写真のように持ち上げます。

IMG_5522

左右の脚がどちらも持ち上がったらこれで組み立ては完了!

IMG_5523

あとはテーブルを裏返せばすぐに使えちゃいますよ!

実際にやってみた感じとしては超カンタンです。あなたもわかってるとは思いますが、一瞬でした。笑

実測してみると10~20秒程度だったのですぐに組み立てられますよ。

また、使い終わって収納するときはこの手順を逆再生すればOKです!

やってみると驚くくらい組み立てはカンタンだったよ!

実際のサイズ感はどれくらい?

IMG_5524
(本体にはさりげなくCAPTAIN STAGのロゴが入ってました。う~んいいぞ!)

ここからは実際のサイズ感を紹介していきます。

一応公式には

○ 幅400mm

○ 奥行290mm

○ 高さ120mm

となっていますが、数字だけじゃあまりよくわからないのでボールペンと比較してみました。

IMG_5527

まずは横幅。

400mm(40㎝)とのことですがボールペン3本分ないくらいのサイズ感でした。

あと実物を見て思いましたが400mmって大きすぎず、小さすぎないほど良い幅でしたよ。

IMG_5526

つぎは奥行。

290mm(29㎝)とのことですがボールペン2本分くらいのサイズでした。

IMG_5547

最後は高さ。

120mm(12㎝)とのことですがこれはボールペン1本分くらいのサイズでした。

脚の長さが短いので一般的な机よりはかなり低めの設定ですね。

以上が実際に手に取ってわかったサイズ感の紹介でした!

 

例えるなら「飲食店で出てくる長方形のおぼん」くらいのサイズ感かな!それに脚をはやせばまさにそれ!笑

重量は?

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル」の重量ですが約700gになります。

アルミなだけあって持った感じはかなり軽いですね。

これだけ軽ければオートキャンプだけでなく、バイクや自転車の人でも持ち運びしやすいと思いますよ。

ちなみに700gの重さって週刊少年ジャンプぐらいになるらしいよ!参考までに!

使い終わったら専用の収納袋に入れるだけでOK

 

使い終わったら前述した「組み立て方法」を逆再生して専用の袋にいれればOK!

IMG_5517

ちなみに折りたたんだテーブル(写真)のサイズは以下のようになります。

○ 幅70×60mm

○ 高さ400mm

専用の袋はこれより大きめに作られていてラクに収納できるのでご安心を。

 

実際にアルミロールテーブルを使ってみた感想

商品の価値は実際に使わないとわからない!

というわけで外に持ち出して実際に「キャプテンスタッグ アルミロールテーブル」を使ってみました。

FullSizeRender

感想としては「大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ」って感じです。

バーナーやシェラカップなどを置いてもスペースにはまだ余裕がありますし

まな板を置けばここで調理することも可能だと思います。なかなか秀逸!

ただし、食材、食器、調理器具などをすべて一緒に置くほどのスペースはないかもしれません。

あくまで食事や調理などの補助的な役目だと思った方がいいかもです。

IMG_5539

また「高さ12㎝って低くない?」と思ってましたが、使ってみるとそこまで気になりませんね。

むしろ、イスに座りながら作業しやすい高さだったりするのでぼくは気に入ってます。

キャンパーなら「テントの前室に置いても邪魔にならない高さ」というのもやさしい設計だと思います。

 

まとめ : キャプテンスタッグのアルミロールテーブルをレビューしてみた

こんな人におすすめ○ ソロキャンプ用のテーブルを探してる人

 

○ 持ち運びカンタンなテーブルを探してる人

 

○ 調理や食事を補助してくれるミニテーブルが欲しい人

というわけでここまで「キャプテンスタッグ アルミロールテーブル」をレビューしてきました。いかがでしたか?

まだ購入したばかりですが、個人的にこれからのアウトドアライフを快適にしてくれる存在だと思ってます。

このテーブルを広げてキャンプの朝にコーヒーとか飲んだら最高だと思うんですよね。

あ~キャンプしたい!!

あなたは外でどんなことをしたいでしょうか?

アウトドア用のミニテーブルを検討してる人は参考にしてみてください。

余談:いらないキャンプ用品があれば「買うトドア」で資金にするといいよ

IMG_5170

「このキャンプ用品使ってないけど捨てるのはもったいない、、、」

という人はアウトドア用品宅配買取サービスの「買うトドア」を使うといいですよ。

ぼくはここで使わなくなったトレッキングシューズを売って、軍資金に換えちゃいました!

もちろん手数料無料なので、ぼくたちが準備することはほとんどありません。

申し込みだけなら3分でできるので気になる人は公式サイトからどうぞ。

公式サイト

買うトドア

もっと詳しく知りたいあなたはこちら!

 

以上、[レビュー] キャプテンスタッグのアルミロールテーブル(M-3713)を買ってみた!10秒で取り出せる使い勝手の良さがいいぞ でした。

では~!

 

 



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました