≫運営者のプロフィール

続けるしか取り柄のない僕が、努力を習慣化したい人が継続力を身につける9つの方法を教えてみる!

BlogPaint

タイトルが自己啓発本みたくなってますが、気にしないでください!どもども!カンノ(@kanno414)です。

継続力を身につけたい!

という人に向けてこの記事では「自称続けることが取り柄のぼく」が、継続力を身につけられる方法を紹介していきます。

おそらくこの記事を読んでくれるということは、あなたはこれまで「何かしらの努力を継続しよう!」と思って挑戦してきたのではないでしょうか?

勉強、ダイエット、運動、趣味など、その種類は人それぞれだと思います。

 

でも、続けるのって難しいんですよね~。思い立ったときはいいんですけど、気がつけばめんどくさくなって三日坊主で終わる。なんてよくあること

ぼくもこれまでいろんなことに手を出してきましたが、続かなかったものは山のようにあります。笑

ですが、反対に続けられてるものもあるんですよね。(例えばこのブログとか)

その理由を分析してみたら、継続力にはレシピ、、、というか方法論があったんです。

 

なにかで結果を出すには努力を継続するのが必要不可欠

結果を出すには一朝一夕では無理で、努力を続けることが必要不可欠!

「なにをいまさら!」と思うかもしれませんが、何かで結果を出したいなら努力を続けることが必要ですよね。

例えば、ダイエットを成功させたいなら少なくとも1~2週間は続ける必要がありますし、リバウンドを阻止するならもっと長い期間が必要です。

でも、いくら頭でわかっていてもなにかしら言い訳を作って努力をやめてしまう。なんてことは本当によくあります

1日や2日の努力は簡単ですが、継続させるのが一番難しいんですよね。

 

ブログ、ギター、ランニングなど。気がつけば継続できるものに囲まれていた

少し話がそれますが、気がついたらぼくは継続できるものに囲まれてたんですよね。(自分語りが嫌いな人は下へスクロール!)

○ ブログ・・・今読んでもらってるこれ!かれこれ1年半くらい続けられてます

○ ギター(アコギ)・・・中学生くらいに初めて触ってから、これまでもゆるく継続

○ ランニング・・・中学で陸上部に入って以来、なんだかんだと継続

などなど継続できなかったものがある反面、継続できてるものも多いなぁと気づきました。

続けているだけあって、どれもペースはバラバラですが結果はついてきています。多少なりとも「継続は力なり」を実感してるわけですね。

正直どれも「続けよう!」と思ってるわけでなはく、純粋に楽しいから続けてるだけですが、ぼくはここに継続力の秘密があると思いました。

 

自称継続力だけはあるぼくが「努力を習慣化する方法」を教えてみる

IMG_5360

さて、本題!

ここからは「ぼく自身の継続できてること」を研究して、その中で「これは継続力を作ってるんじゃない?」と思った要素を紹介していきます。

個人の経験に基づくものなので、正直誰にでもフィットする方法かはわかりません。

ですがどれも実際に継続力を養ってくれた生の情報なので、取り入れられるものから試してみてください。

 

カンノ流継続力のレシピを紹介するよ!

努力する対象は少なく。できれば1つに絞ろう

今日から俺は変わるぞ!まずはダイエットと読書と筋トレとランニングしよう!あと資格も、、、

 

ちょっと待ってください!!

あなたのがんばりたい!という意思はすばらしいですが、努力する対象は少ない方がいいですよ。あと、できれば1つに絞った方がいいです。

というのも、なにかをする前は「自分にはこれくらできる」と思っちゃいますが、実際それをすべて習慣的に行えるでしょうか?

筋トレ、食事制限、読書、勉強など、、、こんな日々をあなたがくり返せるならぼくはなにも言いません。

ですが、実際やってみると難しいことがほとんどではないでしょうか?

「人は未来のことを甘く見積もる」という研究結果もあるくらいですし、がんばる対象を減らしておいた方が習慣化しやすいと思います。

やりたいことがたくさんあってもまずは1つずつ行きましょう!習慣化したら次へ移ればいいんです。

 

必ず自分から。まずは主体性をもって始めよう

IMG_4499

なにかを始めるなら必ず自分から、主体性を持って取り組むといいですよ!

例えば、親に「たかし!勉強しなさい!」って言われるとやる気なくなりませんか?(たかしって誰だよ、、、)

反対に自分から「今日は宿題を先に片づけよう!」と思い立った日はやる気も出るし、勉強が捗った経験があると思います。

実は、人は主体性を持った行動をすると生産性やモチベーションが上がるという研究結果があるんですよ。

あなたも感覚的にわかると思いますが、人に指図されてやるより自分から主体的に取り組んだ方が面白くないですか?

なので、せっかく努力するならつねに自分から行動を起こすといいと思います。なのでぼくの話も適当に聞き流してくれればいいです(泣)

主体性は正義!(ジャスティス)

ざっくりでいいので目標を掲げよう

「頑張ってる自分かっこいい」状態になりたいのであれば必要ありませんが、理想があるなら必ず目標を設定しておくといいです。

例えば、ダイエットをするにしても

○ どれだけ痩せたいのか?

○ 痩せて何をしたいのか?

○ ダイエットして頑張ってる自分を見せたいのか?

など、目標によってとるべき行動が変わってきます。

努力しないよりはしてる人の方がぼくはステキだと思いますが、思い描いてる姿があるなら目標を設定しておきましょう。

別に細かい目標でなくてもざっくりしててもいいんです。自分が頑張る方向性がわかっていればOKですよ。

 

初期費用がなるべくかからないものだとプレッシャーがなくていいよ

IMG_5374

ランニング始めるからウェアとシューズとあとウォークマンも買って、プロテインもいるかもな~

新しい趣味をはじめるときに形から入る人がいますが、個人的に初めの費用(初期費用)をかけすぎるのはおすすめしません。

だってあれですよ。そのうちつまらなくなってきたら、「でも、あれだけお金出したしやらなきゃ!」という状態になるかもしれませんよ。

これは一見、継続力を高める方法に思うかもしれませんね。

 

でも、「お金を出したからやらなきゃ!」という感情は強制力にはなっても、自分のモチベーションを高めてくれるわけじゃないんですよね。

それよりは、まず初期費用をあまりかけずとりあえず始めてみる。

で、楽しく継続できるようなら装備を整えていく。そうしたら継続するのがさらに楽しくなって結果がついてくる。

努力はお金を出しても買えないので、とりあえず行動してみることがなによりも大事だよ!

習慣化したいものはすぐ始められるようにしておこう(20秒ルール)

BlogPaint

メンタリストDaiGoさんが言ってましたが、人間は20秒以内に始められるものを習慣化しやすいという特性があります。(通称20秒ルール)

つまり自分の身の回りにあるものや、目に見えるものはあなたの習慣に強く関係してると言えますよね。

ほら、例えばスマホ!いつも持ち歩いたり、机の上に出したりして身近にあるのでつい画面を見ちゃいませんか?

正直、スマホは集中力を妨げるのでいい例ではありませんが、これが20秒ルールということです。

でも、このルールを逆手に取れば身につけたい習慣に関わるものを近くにおいておけば継続する確率はグンとあがりますよね。

勉強道具、トレーニングセット、本など、、、習慣化したいものはあなたの近くに置いておくといいよ!

 

理性よりも本能を重視した努力をしよう

「やらなければいけない」という理性でがんばるより、「やりたい」という本能に従ったほうが努力は継続しやすいです。

なにを当たり前のことを!と思うかもしれませんが、あなたは本当に本能を使えているでしょうか?

「試験があるから勉強しなければいけない」「医者に言われたから痩せなければいけない」

このような思考で動いてませんか?そして続けるのがつらくなってませんか?

ぼくらは基本的にラクをしたい生き物なので、「~しなければいけない」という強制力には限界があります。

 

反対に「~したい!」という気持ちは主体的なものなので、そこに強制力はありません。むしろ楽しいので努力を努力と感じないんですよね。

自分が楽しめれば、他人から努力と思われてることは自分にとって遊びになるんです。

具体例としては勉強なら好きな科目・ジャンルから始める。筋トレなら好きな運動から始める。というような本能を重視したやり方がありますよ。

努力する対象の中にある「~したい!」という内なる声を大事にしてみてね!

ちなみにぼくはテニスアニメ「ベイビーステップ」からこのことを学びました。興味のある人はどうぞ!

他人との比較をやめて、過去の自分と比べてどうなってるか?で考えよう

IMG_5375

努力しているとつい他人と比べたくなりますが絶対にやめておきましょう。絶対だからね!

だってあれですよ。他人と比べ続ける限り上には上がいると思い知らされますし、嫉妬することだってあるかもしれません。

そういうマイナスな感情が沸き起こると努力するのがバカらしくなってなかなか継続しづらいんですよね。

「なんでこんなことやってるんだろ、、、」みたいな。これは以前のぼくがそうだったからこそ言えることでもあります。笑

 

なので考え方としては他人と比較するのではなく、過去の自分と比較しましょう!

過去の自分と比べてどうなってるか?で考えられれば、努力してる限り少しづつでも自分は前に進めてるわけで、他人と比べるよりよっぽどマシです。

ゲームに例えるとわかりやすいですが、他人のレベルをうらやんでるより自分がフィールドに出て少しでもレベル上げした方がよっぽどいいわけです。

他人と比べるのはやめて自分と比べることで半永久的なモチベーションを手に入れちゃいましょう!ひと狩りしよう!

 

誰かに見てもらえる。評価してもらえる機会を作るとなおよし!

人は誰しも「認められたい!」という承認欲求を持ってると思います。(ネコだけど)

承認欲求と聞けばあまりいいイメージはないかもしれませんね。

でも褒められたらうれしいように、認められたい気持ちは誰もが持ってる自然な感情だと思うんですよ。

それならば、自分の努力したことを外に発信・表現することが今後のモチベーションにつながるかもしれません。

BlogPaint

ぼくの場合ならブログで自分の考えを発信したり(まさにこれ)、人前でギターを演奏したりすることですね。

そんなの自己満足だ、、、と言われたらそれでおしまいですが、もしかしたら誰かの役に立ってるかもしれませんし、なにより頑張り続けられるならやらない理由がありません。

幸い今はネットを利用すれば自分のしてることをすぐに発信できます。

ツイッター、インスタグラム、YouTube、ブログなど、自分のやっていることを素直に出してみてはどうでしょうか?

Twitter

Twitter
開発元:Twitter, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

完璧主義はやめよう。サボってしまってもやめない限りそれは継続です

IMG_5376

かわいい。

完璧主義や100点というのはかっこいい響きですが、継続力をつけたいならこれらの考えは捨てた方がいいです。

「完璧を目指すことのなにが悪いんだ!」と思うかもしれませんが、より良くしようという思い自体はぼくも大切だと思います。

でも、完璧にこだわりすぎて自分で自分の首を絞めると続けることがキツくなってきませんか?

あれが足りない。これが足りない。こんなものではまだ見せられない。毎日こなさないといけない、、、

ぼくも気がつけば完璧を目指そうとするタイプなのでよくわかりますが、この状態に入るとツライです。頑張ることがプレッシャーになってのしかかってきます。


完璧主義はやめましょう。

別にサボってもいいんですよ。やめない限り1週間サボろうが、1ヶ月サボろうがそれは継続力です。

それに続けていたら完璧だと思っていたものが実は「50点くらいだったなぁ」と思う瞬間がありますから。笑

それなら100点を目指すより70点くらいでいいので、とりあえず行動して継続するほうが高得点に近づくと思いませんか?

 

まとめ : 努力を習慣化したい人が継続力を身につける9つの方法

○ 努力する対象は少なく。できれば1つに絞ろう
○ 必ず自分から。まずは主体性を持って始めよう
○ ざっくりでいいので目標を掲げよう
○ 初期費用がかからないものだとプレッシャーがなくていい
○ 習慣化したいものはすぐ始められるようにしておこう(20秒ルール)
○ 理性よりも本能を重視した努力をしよう
○ 他人との比較をやめて、過去の自分と比べてどうなってるか?で考えよう
○ 誰かに見てもらえる、評価してもらえる機会を作るとなおよし!
○ 完璧主義はやめよう。サボってしまっても、やめない限りそれは継続です
POINT

以上がぼくの考える継続力を身につける方法論になります。

いかがでしたか?おそらく「んなもん、あたりめーよ!」ということを言ってますし、どこかの本に書いてあるようなことも言ってると思います。

それだけ継続力というのは考え方や方法を学べば誰でも得られる能力なんですよ。

長々と偉そうに語ってきましたが、ぼくもまだまだです。続けることができても試行錯誤することはたくさん出てきますしね。(あ~がんばります!笑)

ですが、続けなければ何も得られないのは事実。

さて、あなたはどうしますか?よければ参考にしてみてください。

 

ぼくが継続力を身につける上で参考になった書籍を紹介

ここにはぼくが継続力や努力の方法論を学ぶ上で参考になった本を紹介しておくよ!

「おまえの話より、しっかりした人のノウハウを参考にしたい!」という人のためにこちらにぼくがお世話になってる本を紹介しておきます。(トホホ)

 

諦める力

これはメダルは不可能と言われた陸上トラック種目の世界大会で、銅メダルを獲得した為末大さんが書いた本。

諦めるという消極的なタイトルとは裏腹に内容はポジティブかつ現実的。

「手段は諦めていいけれども、目的を諦めてはいけない」

これは本書の中でぼくが気に入った一説。読めば読むほど自分が余計な荷物を背負っていたと気づかされます。

努力の方向性を改めて考えさせられる一冊。

 

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考とは「やるべきことに的を絞り、無駄を排除することで短期間で成果を出せる」という考え方

自分が今やってることは目標への最短ルートか?方向性は間違ってないか?

努力することが目的になる前に、この本を読んでおくと自分がなにを成し遂げたいのかがハッキリします。


天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

これは「東大主席&弁護士」というまさにエリートな肩書を持つ山口真由さんが書いた本。

どうせ天才だからそんな人の本を読んでも無駄だよ、、、

本当にそうでしょうか?実は山口さんには彼女なりの努力論があったんですよね。

天才と思われてる人のアタマのなかを覗ける一冊です。ぼくはこれを読むたびに継続力の燃料にしてます。

 

自分を操る超集中力

これはテレビのパフォーマンスでおなじみのメンタリストDaiGoさんが書いた本。

集中力は元々できる人しか持ってないものだ、、、

いいえ違いました。この本には集中力を作り出す具体的な方法と根拠がわかりやすく解説されています。

すぐに実践できて効果の高い方法が盛りだくさんなので、あなたの努力を集中力で加速させちゃいましょう!

 

以上、続けるしか取り柄のない僕が、努力を習慣化したい人が継続力を身につける9つの方法を教えてみる!でした。

では~!

こちらにはあなたの能力を高めるライフハックも紹介してます。あわせてどうぞ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました