≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

【初心者向け】片づけ・断捨離を始めるのにおすすめの本6選【片付けのコツも紹介】

IMG_5369
更新日:2019/5/31

どもども!自称ミニマリストのカンノ(@kanno414)です。

 

ミニマリストになりたい!っていうわけじゃないけど、片づけや断捨離に興味がある。

という人に向けてこの記事ではぼくが実際に読んだおすすめの片づけ本を紹介します!

片づけや断捨離って、ただの大掃除みたいなものじゃないの?

と思われるかもしれませんが、、、、まあたしかに表面上はどちらも似たようなものですね。笑

ですが、ただの掃除と決定的に違うのが「片づけるときの考え方」なんですよ。

これはいつものように部屋の片づけや掃除をするだけではあまり気づけない視点だと思います。

かく言うぼくも以前は片づけなんかまったくしなかったし、むしろ部屋が汚いことで有名でした。(なんのこっちゃ)

でも、しっかり考え方を学べば誰でも部屋も心もキレイに片づけられるようになるんですよ!

 

あなたは何のために片づけや断捨離をしますか?流行ってるから?

本題に入る前に、まず質問です。

あなたは何のために片づけや断捨離をするのですか?

なんとなく流行ってるから?友だちがやっていたから?汚い部屋に嫌気がさしたから?それとも自分を変えたいからでしょうか?

どんなことにも言えますが、ざっくりでもいいので目的をハッキリさせておくのが結果を出す最短ルートだと思います。

とすれば、あなたは片づけることでどんな効果を期待してるのでしょうか?おそらくあなたにとってプラスになるから。というのは間違いないと思います。

え~っと。偉そうに語ってますが、ぼくも片づける当初にこんな質問をされてもハッキリ答えられなかったと思います。ごめんなさい笑

でも、目的を意識するのは絶対に必要なプロセスなのでぜひ考えてみてください。

ぼくは目的がハッキリしなかったので、本を読みながら片づけを進めていきました

IMG_5370

ぼくは自分の頭で考えてもハッキリしなかったので、本を読んで知識を得ることにしたんですよね。

 

片づけの目的?なんとなく自分を良くしたいから!

ぼくはこんなふわふわした目的しかでてこなかったので、本を読んで片づけの本質を学びながら進めていきました。

すると驚くことに、学べば学ぶほど目的がハッキリとしてきますし、なによりきちんと片づけられるようになったんですよ。

「これはただの掃除だと思ってなめちゃいけないな」 そう感じました。

 

【初心者向け】片づけ・断捨離を始めるのにおすすめの本6選

○ 人生がときめく片づけの魔法
○ ぼくたちに、もうモノは必要ない
POINT○ 人生を思い通りに操る片づけの心理法則
○ 自由であるために20代で捨てるべき50のこと
○ 諦める力
○ エッセンシャル思考-最少の時間で成果を最大にする

本題です。

ここからは、ぼくが片づけや断捨離する際にお世話になった本を紹介していきます。

具体的なノウハウ本から思考の片づけ本など、ジャンルや領域はさまざま。ぜひ、今のあなたが必要に思う本から手に取ってみてください。

これであなたもミニマリスト!!

人生がときめく片づけの魔法

この本は、「一度片づけたら、二度と散らからない方法」について書いた本です。
「そんなことはありえない」
そう思った方にこそ、じつは読んでいただきたい本でもあります。
その極意をひと言でいうと……
まずは、「捨てる」を終わらせる。そして、一気に、短期に、完璧に片づける。
これを正しい順番で行うと、二度と散らからなくなり、一生、きれいな部屋で過ごせるというのです。

断捨離や片付けブームの火付け役になったのがこちらの本。

片づけコンサルタントという変わった肩書をもつ近藤麻理恵(こんまり)さんが書いたものです。

片づけで人生なんてときめかねーよ!!

と思うかもしれませんが、ぼくはこの本に書いてあることを鵜吞みにしてひたすら実行していったらマジで暮らしが変わりました。笑

部屋が散らかることは一度もなくなったし、以前よりもグッと頭や心が軽くなったんですよね。(宗教かな?いいえ事実です)

兎にも角にもリバウンドしない片づけをはじめたい!という人におすすめの一冊。

読書するのがニガテ、、、という方はマンガで読むバージョンも出てましたよ。

ライトに楽しく読むならこっちですね。

ぼくたちに、もうモノはいらない

持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。
ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。
誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。
最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。

こんまりさんの本が断捨離ブームだとすれば、こちらはミニマリストブームを巻き起こした一冊。

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」という衝撃的なタイトルですが、内容は「捨てまくればOK」みたいなこのではありません。

どうして捨てるのか?捨てた先になにがあるのか?本当にそれは必要か?

本書を読みながら片づけていくとミニマリストの本質が知れると思いますよ。

どちらかというと「こんまり本より男性向け」な片づけ本だと思います。

 

人生を思い通りに操る片づけの心理法則

本書は部屋がきれいになることをゴールにした本ではありません。片づけで人生を最大化し、幸福を手に入れるための本です。本書では、一度片づけたら二度と元に戻らない片づけの技法を伝授します。本書で紹介する片づけの習慣で、自分の大切なことに使える時間、お金、体力は最大化されます。つまり、片づけで人生は思い通りに操れるのです!

テレビのパフォーマンスでもおなじみのメンタリストDaiGoさんが書いた片づけ本がこちら。

内容はよくありがちな「主婦の片づけ収納術!」みたいなノウハウではありません。

本書では片づけをする本当の意味とそれに対する根拠を心理学を交えてわかりやすく解説してくれます。

 

片づけする意味は?メリットは?実益は?ねえねえ!

というぼくのようなイヤな性格の人にとって、この本は疑問を正確に打ち返してくれるのでホントに頭が上がりません。(すいませんでした)

読んだらすぐに実践したくなるDaiGo流の片づけメソッドが盛りだくさんですよ!

 

自由であるために20代で捨てるべき50のこと

20代は捨て。
今後の自分にプラスにならないと思ったものは、潔く捨てればいい。捨てれば捨てるほど、視界と思考からノイズが取り除かれ、本当にやりたいことが明らかになる。自分らしさを取り戻していく。集中力が高まり、本当の能力が引き出される。組織に縛れることなく、自由な生き方を手に入れるための具体的な方法がわかる本。

大学生3年生のころにたまたま読んで、心が震えた一冊。ぼくのバイブルです。

著者はニュージーランドの湖畔と日本や世界各国を行き来するノマドライフを送ってる四角大輔さん。

片づけや断捨離などの直接的なアプローチの本ではありませんが、人生で残すべきものと捨てたほうがいいものを四角さんの言葉でやさしく語りかけてくれます。

一方的に本を読んでるというよりかは、一緒に語り合ってる気分になれますよ。

○ マルチタスク思考を捨てる

○ ライバル心を捨てる

○ 「あれもこれも」を捨てる

一部ですが、これは本書のなかでぼくが気に入った一説。

ビビッと来たらぜひ手に取ってみてください。

 

諦める力-勝てないのは努力が足りないからじゃない

 

耐える人生か。選ぶ人生か。
前向きに「諦める」ことから、自分らしい人生が開けてくる。
諦めることは、逃げることにあらず。
与えられた現実を直視し、限られた人生を思い切り生きるために、
よりよい選択を重ねていくことこそが「諦める」ことの本質である。
オリンピックに3度出場したトップアスリート・為末大が、
競技生活を通して辿り着いた境地。

一見ネガティブなタイトルですが、それとは裏腹に内容はポジティブかつ現実的です。

著者は不可能と言われた世界大会の陸上トラック種目(400mハードル)で銅メダルを手にした為末大さん。

世界大会でメダル?そんな雲の上の人が書いた本は参考にならない。

はたして本当にそうでしょうか?実は為末さんは「世界一」という目標を達成するためにさまざまなことを諦めてきた人なんですよ。

言わば勝つためにいろんなものを片づけて来た人。

○ 手段は諦めていいけれども、目的を諦めてはいけない

○ あれも、これも手に入れたいという発想の行き着く先は、つねに「できていない」「足りていない」という不満になってしまう

○ 人が不安になるのは「これがなくなったら大変だ」と思うからだ。不安の種になりそうなものをあらかじめ捨てておくと、不安から自由になれる

 

読み返すたびに本質的だと思います。自分の血肉になるまで持っていたい本。

エッセンシャル思考-最少の時間で成果を最大にする

本書で紹介するエッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。

本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。

エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。
そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になるが、時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。

前述した「諦める力」とあわせて読みたいのがこちらの「エッセンシャル思考」という本。

この2冊を読むと正しい努力の方向性が見えてきます。

エッセンシャル思考とは簡単に言うと「やるべきを見極め、絞ることで最短で結果を出すという考え方」のこと。

FullSizeRender

本書ではこのような図で表してましたが、まさにこれがエッセンシャル思考の肝になります。

今までは「いろんなことに手を出して、なんでも同時にできるようになれたらいいな」と思ってましたが、

これを読んだあとは自分にとって必要なことはなにか?そして正しい努力はどんなものか?と、自分の努力の方向性を考えるようになりましたね。

モノだけじゃなく思考の片づけもするならこの本だと思います。

この本は海外の原著を日本語訳したものなので若干わかりづらいところもあります。

なので、さらっと内容を頭に入れたい人は「マンガわかる版」がいいかもしれませんね。

まとめ : 片づけ・断捨離を始めるのにおすすめの本5選

以上が片づけや断捨離をするときに役立った本になります。

モノだけでなく考え方や人生訓なども含まれてますが、それだけ「片づけ」が現代で必要とされてる裏付けではないでしょうか。

ぼく自身大学生の頃に片づけに目覚めて今までいろんなモノを捨ててきましたが、放っておくと知らないうちにまたモノはたまります。

そんなとき片付けの方向性や方法を教えてくれる本があると、いつでも身軽な自分でいられるんですよね。

ぜひ、あなたにとって必要なものを選んでステキな生活を送ってみてください!

 

おまけ : 片付け・断捨離する前に意識するといいポイントを紹介

おすすめの本はわかったけど、片付けや断捨離はどう進めていけばいいの?

という人もいると思います。

なのでここからは「片付け・断捨離前に意識したいこと」を紹介します。

すべてぼくが実践した方法なので安心してくださいね。

 

片付け・断捨離のメソッド本は一冊に絞ろう

IMG_6436

片付けや断捨離で失敗したくないのなら「方法論」を解説した本は一冊に絞るといいです。

ぼくも片付けの手順はこんまりさんの本だけを参考にして進めましたからね。

というのも、片付けも受験勉強と同じで参考書選びに必死になると肝心のアクションを起こせません。

あなたの目的は片付けをしてなにを得たいのか?

それを考慮したうえで一冊だけ手に取ってみてください。

 

自分のモノだけを片づけよう

よーし片づけるぞ!ついでに家族の分もやってしまおう!

という人はちょっと待ってください。

本を読んでやる気になったあなたはいいかもしれませんが、家族の人は「急にどうした?」と困惑すると思います。

それに他人のモノも片付けると「これは〇〇だから、、」とか「もったいない!」と横槍を入れてきますからね。笑

なのでまずは自分のモノから始めてみてください。

これなら誰に指図されようとあなたの自由です。

片づけをするなら買取サービスを使うと経済的

買取

片づけでいらないモノを処分するなら買取王子でお金に変えるといいよ!

ぼくは片づけと同時並行で本、ゲーム、おもちゃなどのいらないモノを買取王子で売って資金にしてました。

どうせ捨てるなら少しでもお金になったらうれしいじゃないですか笑

○ 買取に必要な手数料はすべてタダ

○ すぐに入金

○ 現金やAmazonポイントなどに換金可能(ボーナスあり)

買取王子はこんな感じのサービスなんですが、ぼくはここを利用して5万円くらい手元に入りましたね。

正直、おいしいです!

大切な資金なので本を買うのに使ったりしてますが、よければあなたも片づけついでに利用してみてはどうでしょうか?

気になった人は公式サイトから試してみてください。

公式サイト

買取王子


レビューもしてます!

 

以上、【初心者向け】片づけ・断捨離を始めるのにおすすめの本6選【片付けのコツも紹介】 でした。

では~!

 

 

ちなみに最近の読書はすべてkindleで読んでいます。

毎日なにかしらのセールを開催してるのでお得に読書したい方はぜひ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました