≫運営者のプロフィール

【備え】地獄の夜行バスを快適に過ごすためのコツとおすすめグッズ10選【準備】

IMG_6426
更新日:2019/6/20

ども!旅ブロガーのカンノです。

夜行バスって安いですよね~!

旅行の移動手段には電車、飛行機、クルマなどありますがその中でも夜行バスって圧倒的に安いんですよね。

ぼくもその安さゆえにこれまで何度も利用させてもらいました。

でも、夜行バスを使うときにどうしても避けられないことがあるんです。それが、、、

夜行バスって快適に過ごせないし、あんまり寝れなくない??地獄なの?

 

ってこと!笑

うーむ。これは夜行バスユーザーの人には避けては通れない問題ですよね~。

そこで今回はぼくなりに夜行バスを快適かつ快眠で過ごすためのノウハウ・グッズを紹介しようと思います!

 

夜行バスを快適にするのは不可能じゃない!

【準備しよう】夜行バスを快適な過ごし方にするコツとグッズ

○ コーヒーなどからカフェインを摂取しない
POINT○ 眠気のピークを乗車時間に持ってくる

○ ブルーライトをカットしておく

○ 胃やお腹にやさしい食事を心がける
○ 座席やシートのゆったりしたバスに乗る
○ アイマスク&耳栓は必須
○ 携帯まくら(ネックピロー)で守りを固める
○ 酔い止めや薬は忘れずに
○ ポケットWiFiがあればネット使い放題
○ Amazonプライムで暇つぶし

夜行バスを快適に過ごせるかどうか?というのはその旅の良し悪しを決める需要な要素になります。(本気)
それだけにできる対策はなるべく打っておきたい。
ということで思いつくままに自分が必要だと思う方法を並べてみました。
実際にぼくが経験してみたこともいくつか紹介してるので、取り入れられるものから試してみてください!

今日から実践できる!夜行バスを快適に過ごす5つのコツ

コツ① コーヒー、緑茶などからカフェインを摂取しない

IMG_4869

眠気を覚ます!といえばコーヒーや緑茶、エナジードリンクをはじめとした成分の「カフェイン」が有名ですよね。

当然ですがバスに乗る前、乗ってるあいだカフェインを摂取するのは控えましょう!

またそれ以外の時間だとしてもカフェインには持続時間があるので注意です。

通常摂取してから3〜5時間ほど経たないとカフェインの効果はなくならないそうですよ。

なお、カフェインには利尿作用もあるので自由に席を立てない夜行バスの環境だったらどうなるかもうおわかりですよね、、、(白目)

夜行バス、快眠したくば、禁カフェイン

これが合言葉です!!

それでもコーヒーが好き!エナジードリンクナシじゃ生きていけない!

と言う人はノンカフェインのコーヒーやドリンク持参するのもいいでしょうね。

 

コツ② 眠気のピークを夜行バスに持ってくる

夜行バスはどれだけ熟睡できるか?が次の日を楽しめるかどうかをわけますよね。

とすると、夜行バスの乗車時間にあわせて眠気のピークを持っていければ、熟睡することができるのではないでしょうか?

例えば、寝る1~2時間ほど前にストレッチや入浴すると、寝るときに体温が下がり始め深い睡眠に入ることができると言われています。

 

BlogPaint

これは例えばの話なので、他にも睡眠の質をあげる方法はいくつかありますがよければ実践してみてください。

▽ ちなみにぼくはこの知識を作業療法士の菅原洋平さんが書いたあなたの人生を変える睡眠の法則という本で知りました。

今まで意識したことがなかった「熟睡できる法則」が科学に基づいて紹介されてましたよ。

コツ③ 寝る前のブルーライトをカットしておく

IMG_4870

寝る前にスマホやパソコンの画面を見ると眠れなくなる

とよく言われますが、これは事実なのでなるべく避けましょう。

というのも、スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトは日光と同じ役割を持ってるんです。

なので、夜にブルーライトを浴びるとカラダは「おっ!朝になったな。活動するぞ!」というように目が覚めてしまうんですね。

コツ④ 胃にやさしい食事を心がける

これはぼくだけかもしれないのですが、夜行バスの環境ってストレスがかかるのでお腹が痛くなったり、ガスが溜まりやすくなったりするんですよね。

そのせいで次の休憩まで気が気じゃなくなったり、ガスを我慢するので精一杯になったり、、、笑

これはたぶんいつも以上に胃に負担がかかってるからだと思うんです。

なので、バスに乗る前はやさしい食事を心がけることで自分のカラダを気遣ってあげるといいですよ。

実際にぼくもバスに乗る前は食べる量を減らしたり、ヘルシーなものに変えたらずいぶんマシになりました。

 

コツ⑤ 座席やシートのゆったりとしたバスに乗る

IMG_4868

ひと言で夜行バスといっても、最近はいろいろな種類のタイプが登場してます。

例えば、、、

○ 2列の広々としたシート

○ 3列で1つずつが独立したシート

○ 4列でも前後の距離が広めにつくられたシート

などなど、、、

夜行バスは安い代わりに修行!辛いもの!というイメージがありますが、料金をプラスすることで快適さを求めることもできます。

ぼくは4列のゆったりシートを使ったことがありますが、足をのばせて夜行バスといえども快適に過ごせました!

シートの種類は夜行バスを予約するときに選べるので、自分にあったものをチョイスしてもいいかもしれませんね。

バスブックマークではシートタイプを絞って検索できるので、一度探してみるのもいいでしょう。

公式サイト

バスブックマーク

夜行バスをより快適・快眠で過ごせる5つのおすすめグッズ

① アイマスク&耳栓

夜行バスで快眠しようと思ったら欠かせないのが「アイマスク&耳栓」ではないでしょうか。

夜行バスに乗っているとどうしても途中で目が覚めることってあると思います。

○ 途中、休憩のサービスエリアについたら車内が明るくなって目が覚める

○ となりの人のいびき、物音がうるさくて寝れない

などなど、こんな経験ありませんか?

これではいくら眠ろうと思っても外部からの刺激で睡眠を妨げられてしまいます。

そうさせないためにアイマスク耳栓で目と耳から入る刺激をふさいでしまうのが手っ取り早いんですよね!

IMG_4839

ぼくは今まで夜行バスに乗るときアイマスクも耳栓もつけなかったのですが、実際に試してみるとその効果はバツグン!

周りを気にしなくていいので想像以上によく眠れました。

▽ 夜行バスだけでなく昼寝するときにも使えたりと、持っておくとなにかと捗るアイテムです。

 

② 携帯まくら(ネックピロー)

携帯まくら(ネックピロー)とは空気で膨らまして首にかけるタイプのまくらのこと。

 

これは夜行バスだけでなく電車や飛行機でもそうですが、寝るときに寄りかかれるものがないと寝づらいんですよね。

窓側ならいいかもしれませんが、無理な体勢だと首を痛めることもあるでしょう。

それを一発で解決してくれるのが携帯まくら(ネックピロー)と言われるアイテム!

IMG_4872

このように空気で膨らんだまくらを首にかけることでがっちり固定してくれます。

付けてみるとわかるのですが、首が固定されてると寝やすいし、なによりラクなんですよね~

▽ 旅先で快眠環境を作ろうと思ったら先ほど紹介したアイマスク&耳栓と携帯まくらは必須です!

③ 酔い止め、クスリ類

乗り物酔いやストレスに弱い人は酔い止めやクスリを持っておくのをおすすめします

 

酔い止めはその名の通りですが、ストレスに弱い人はお腹が痛くなったり、ガスが溜まったりと症状はそれぞれ、、、

夜行バスの環境はいつでもトイレに行けるわけではないので、クスリを飲んでおくだけでも気持ちは楽になりますよ。

▽ ぼくがよく飲む酔い止めはこちら。水なしですぐ飲めるので重宝してます

▽ ガスが溜まりやすいぼくのようなタイプならこれもいいですね。

④ ポケットWiFi

おれは寝ないから最大限バスの時間を楽しんでやる!

という人に向けて、最後はちょっと番外編。笑

最近はバスの座席にコンセントがあるタイプが多く、電子機器の充電は気にしなくてよくなったのでがっつりネットを楽しむことができます。

そんなときに重宝するのがいつでもネット環境を持ち運べるポケットWiFi。

IMG_6893

ぼくが使ってるのはポケットWiFiにありがちな2年縛りや手数料が一切ない「縛りなしWiFiというもの。

これがあればいつでもアニメをみたりネットサーフィンできるので深夜バスの退屈な時間を埋めてくれるんですよね。
気になる人は公式サイトから確認してみてください。

公式サイト

縛りなしWiFi

こちらではレビューもしてるので実際の使用感が気になる人はどうぞ。

⑤ Amazonプライム

IMG_4533
Amazonプライムとは通販サイトでおなじみのAmazonが提供してる有料会員サービスのこと。

その内容は年会費4900円で以下の特典が楽しめちゃう、クレイジーなサービスなんですよね。

○ 配送料が無料
○ お急ぎ便、お届け日時指定便も無料
○ プライムビデオで名作、新作、旧作までの動画が見放題
○ Prime Musicで100万曲以上が聴き放題
○ Kindle本が毎月1冊無料で読める
○ Prime Readingで数百冊の本が読み放題
etc、、、上記以外にもサービスがあります!

これ1つあるだけで余裕で1日楽しめちゃうので、移動時間の暇つぶしには最適です。

今なら30日間の無料体験をしてるので、夜行バスに乗る前に登録しておくといいかもしれません(申し込みは公式サイトから)

公式サイト

Amazonプライム

また、Amazonプライムの詳しい特典はアマゾンヘビーユーザーのぼくがこちらの記事で紹介してます。

まとめ:地獄の夜行バスを快適に過ごすためのコツとおすすめグッズ10選

【快適に過ごすコツ】
○ カフェインを摂取しない(ノンカフェインドリンクはOK)

POINT○ 眠気のピークを乗車時間に持ってくる

フィルムメガネでブルーライトをカット

○ 胃やお腹にやさしい食事を心がける
○ 座席やシートのゆったりしたバスに乗る

 

【快適に過ごすグッズ】
アイマスク耳栓
携帯まくら(ネックピロー)
酔い止め
ポケットWiFi
Amazonプライム

これがぼくの考える夜行バスを快適・快眠で過ごすコツになります。

夜行バスってとにかく安く旅をすることができる代わりに、きつい、ツライというイメージがありますよね。

でも安さには代えられない。そんなあなたにこの記事を役立ててもらえたらなによりです!

安さと快適さを両方手に入れてもいいじゃないか!いいじゃないか!

 

 おまけ:夜行・高速バスをもっとお得に利用する方法

夜行バスの対策はわかったけど、できればお安く利用したい!

という人に向けて、ここからは夜行バスをお得に利用する方法を紹介します。

 

 ネットの高速バス比較サイトで最安値を狙い撃ち

手軽にリーズナブルなバスを予約するならネットの比較サイトを使うといいです。

ぼくもよく利用しますが、数あるバス会社の最安値プランを一覧で見れるのでわかりやすいですね。

例えば比較サイトのバスブックマークでは17社のバス会社から比較して、格安のプランを探すことができますよ。

シートや時間帯の指定もできるので、あなたのニーズに合うプランが見つかるかもしれません。

公式サイト

バスブックマーク

 

 予約は早めにしよう!

出発ギリギリになってバスの予約をすると最安値の席が取りづらいです。

ぼくも経験ありますが、ギリギリまで決めあぐねてると「あ!候補に入れてたプランが満席に!」なんてことがあるんですよね。

なので、バスを利用する日にちが決まってるなら面倒でもその場で予約した方がいいですよ。

また、バス会社によっては早割などの値引きもあるので、快適かつお得にバスを利用したい人はぜひ。

地獄の高速バスを少しでも楽園に変えてもらえたら幸いです!

 

以上、【備え】地獄の夜行バスを快適に過ごすためのコツとおすすめグッズ10選【準備】でした

では~!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました