≫【2022最新】Amazonで買ってよかったもの50選!

【体験談】初めてのリゾートバイト(旅館)で2ヶ月働いた感想まとめ!メリット・デメリットや評判まで語ります

スポンサーリンク
IMG_4721
更新日:2022/3/31

ども!旅ブロガーのカンノです。

リゾートバイトって実際どうなの?やってみたい気持ちもあるけど不安だから経験者のリアルな声を聞きたい!

こんな質問に答えますね。

【この記事の内容】

 

○リゾートバイトとはどんなもの?

 

○旅館で2ヶ月リゾートバイトしてわかったメリットデメリット

 

○おすすめのリゾートバイト派遣会社

 

ぼくは2018年の春にとある温泉旅館で約2か月間リゾートバイトをしてました。

リゾートバイトするのはこれが初めてだったので、正直不安や心配もかなりありました。ですがいざやってみると、、、

リゾバってなかなか面白いじゃん!!

という感想が正直なところです。笑 よくあることですが、やってみたら意外とおもしろかったんですよね。

とはいえこれからリゾバしようと思う人にとってはどうしても不安がつきものだと思います。

ぼくもリゾバする前だったら「人間関係大丈夫かな?」「仕事はうまくやっていけるかな?」「そもそもなにを持っていけばいいのかな?」と絶対あたふたしてました笑

というわけで、この記事ではぼくが約2か月の間リゾートバイトをした実体験からメリットやデメリットなどをなるべく詳しく紹介します!

リゾバしてみたい人は、1人の体験談として参考にしてみて!

 

※ちなみにぼくはリゾバ.comという派遣サイトを使ってリゾートバイトを始めました。

無料で登録でき、求人案件は業界最大級のサイトなのでよければ利用してみてください。

≫リゾバ.com公式サイトはこちら

【Audibleは2022/1/27から聴き放題の新制度に変わりました!】

 

Amazonのオーディブルなら30日無料+12万冊以上のオーディオブックが聴き放題!

 

≫30日無料+12万冊聴き放題でオーディブルを試す

 

※いつでも解約できます

そもそもリゾートバイト(リゾバ)とは?

リゾートバイトとは観光地やリゾートで住み込みで仕事ができるバイトのこと!

リゾートバイト(通称リゾバ)とは観光地やリゾートなどの言わば「旅先」でバイトができるというもの。

その期間は数日から1週間、1ヶ月、半年以上など多岐にわたっていますね。

そのためほとんどが住み込みで働くスタイルになるので、観光地で実際に生活しながら仕事することができるのが魅力です。

ぼくもせっかくバイトするなら面白い働き方がいいと思ったので、今回リゾートバイトに初挑戦してみたんですよね。

 

ぼくが今回利用したのは「リゾバ.com」

リゾバ

ちなみにぼくが利用したのは「リゾバ」で検索して一番上にでてきたリゾバ.comを利用しました。笑

実際に利用してみるとスタッフの対応も親切でしたし、ぼくのニーズに合う案件を一生懸命に探してくれたんですよね。

リゾバしてみたい人は公式サイトからお気に入りの案件をさがしてみてください。

≫リゾバ.com公式サイトはこちら

【体験談】2ヶ月間旅館でリゾートバイトをしたメリット・デメリット

IMG_4719

メリット① 家賃、光熱費などがタダだからこそやっぱり稼げる
メリット② 「旅してる感」を常に味わうことができる
メリット③ いろいろな人に会える
メリット④ 自分の時間がある
デメリット① 旅館の仕事は覚えることが多くて大変
デメリット② 旅館の仕事は休日の取り方が特殊なので注意
デメリット③趣味や、やることがない人は暇すぎるかも

POINT

まずはじめに言っておきたいのが、ぼくは「旅館の裏方として2ヶ月間働いていた」ということを伝えておきます。

リゾバにはほかにもスキーやホテル、その他の観光スポットなどいろいろありますからね。

リゾートバイトをしてみたいすべての人の参考になるか?と言われればそうではないと思います。

とはいえほかと共通する部分もきっとあるでしょうし、「1人のリゾバ体験者の実際の声」として参考にしてもらえたらなによりです!

 

メリット① 家賃、光熱費タダだからこそやっぱり稼げる

リゾバは基本的に住み込みで働くスタイルのバイトなので、とにかくたくさん働けます。

それに加え住み込みで使う寮の家賃や光熱費などはタダになることがほとんど。

また、場所によっては食費までタダになることもあるのでバイト代がそのまま収入に直結すればかなり稼げます!

ぼくの場合は家賃、光熱費はタダだったので1ヶ月で20万前後稼ぐことができましたよ。

 

ただし!遊びすぎや無駄遣いで稼いだお金はあっという間になくなるから注意しようね!(実体験)

メリット② 「旅してる感」を常に味わうことができる

IMG_2367

リゾバの一番の特徴として「観光地で働ける」というのが挙げられますよね。

そのため、今まで見たことないような場所や景色に触れながら生活できるので、毎日「旅してる感」を味わえちゃいます。

ぼくは2ヶ月働いてたのでさすがに最後の方は現地の生活に慣れてました。

ですが、初めの2週間とかは朝起きると「あ、おれは今観光地に住んでるんだ、、、!」とアニメの主人公になれたような気がしてテンション上がります!笑

もちろん観光地なのでグルメを食べ歩いてもよし、観光スポットを練り歩いてもよし、ちょっと遠出をして違う町に行ってもいい。

新しい刺激を常に味わいながら生活できるってなかなかないことだと思いませんか?

あなたが旅好きならリゾバはきっと楽しいと思いますよ!

メリット③ いろいろな人に会える

IMG_4699
リゾバをするとその土地の人、職場の人、同じようにリゾバで来てる人など、いろんな人に会うことができます。

人見知りで内向型なぼくなので当初は人とうまくやっていけるか心配でしたが、みなさんいい人で楽しい思い出になりました。

特に同じようにリゾバで来てる人はわりとぶっとんだ人も多く、話を聞くだけでもちょっと自分の価値観が変わっちゃいます。笑

そ、そういう生き方、選択肢もあるの!?

そう思えるだけでも来たかいがありましたね。

今でも旅館の温泉で語り合った時間は忘れられません。

もちろん派遣先によって出会う人は変わりますけど、リゾバはいろいろな人に会える場だと思います!

メリット④ 自分の時間がある

IMG_4572
実際にやってみて思いましたが、リゾバって意外と自分の時間があるんですよ。

というのも、リゾバは住み込みで働くことがほとんどなので、仕事以外の休日や空き時間をフルで使うことができるんですよね。

その空いた時間で観光するもよし、自分のやりたいことをするもよし、ダラダラするのだってOK笑

ぼくの場合はグルメを食べ歩いたり、ブログ書いたり、アニメ見たり、わりと悠々自適に暮らしてました。

お金を稼ぎながら自分の時間を確保できるのはホントにありがたいよね~

 

▽ちなみにぼくの珠玉の暇つぶし方法はこちらで紹介しています。

関連:休日に一人でできるおすすめ暇つぶし方法50選!家でも外でも楽しめる時間の使い方を教えます

デメリット① 旅館の仕事は覚えることが多くて大変

IMG_4556
ぼくは某温泉地の旅館で裏方として働いてたのですが、この仕事がまあ大変でした。笑

詳しくは言えませんが旅館で働く上での決め事や覚えることが多くて、来た当初は知恵熱が出たほど。笑

新しい仕事を覚えるときはどこも同じかもしれませんが、旅館の仕事ではかなり頭を使いましたね。

それでも2週間も経てば仕事にも慣れていき、余裕が持てるようになりました。

また、旅館の仕事は裏方だけでなく仲居の仕事もありますが、話を聞くとそっちの仕事もなかなか大変そうでしたね。

振り返ってみればいい経験だったけど、働きはじめは大変かもしれないので注意してください!

ぼくがリゾバで働きはじめて2週間目の感想はこちらで記事にしてるのでよければ参考にしてみてください。

関連:【体験談】リゾートバイト(リゾバ)2週間目の実体験レポート!この暮らし。意外といいんじゃない?

 

デメリット② 旅館の仕事は休日の取り方が特殊なので注意

旅館の仕事は宿泊するお客様がすべてなので、勤務時間もチェックインやチェックアウトにあわせて働くスタイルになります。

なので休みの取り方もちょっと変わってるんですよ。

1日休みがあるとしても「その日の午後から次の日の午後まで」というたすき掛けの休日になることが多かったです

これだと1日をフルに休日として使えることがないんですよね。

なのでしっかり休日が欲しい人はもしかしたら旅館の仕事は向かないかもしれません。

デメリット③ 趣味や、やることがない人は暇すぎるかも

IMG_4501
「自分の時間がある」というメリットがある反面、やることがない人は暇を持て余すかもしれません。

ぼくの場合はブログやアニメ鑑賞(本気)という趣味があって退屈することなく過ごせましたが、やることがなければ暇人になってましたね。

実際、一緒に働いていた人の中には「休みがあってもすることがない、、」という人もいたくらいですから。

リゾバへ行く前に、何かしら自分のやりたいことを決めておくといいと思います。

ちなみに、一緒に働いていた人の中には資格の勉強をしてる人もいたので、やるべきことに時間を充てるのも賢いなと思いました!

こちらにはリゾバに持っていくと捗るアイテムも紹介してるのでよければ参考にしてみてください。

関連:住み込みで働くリゾートバイト(リゾバ)での生活が捗る!おすすめのアイテム・サービス9選

また、やりたいことや趣味がない!という方はこちらも参考にどうぞ。

関連:【多趣味マン直伝】趣味がないあなたに趣味の作り方や方法を伝授する

 

リゾートバイトでよく聞かれそうな質問とその答え

ここからはリゾートバイトをしてみたい人に聞かれそうな質問に答えていくよ!

え~っとまあ一人芝居なんですけど、よく聞かれるだろうなってことを想像して答えてみました。笑

重ねて言っておくと、ぼくが働いていたのは旅館の裏方になります。

なのでそれ以外の職種ではまったく状況が違う可能性はあります。ご了承ください!

 

Q.リゾバにはどんな人が来るの?

A.大学生からフリーターまでいろんな人が来るよ!

ぼくがバイトしてた旅館ではほかにも大学生やフリーターなどいろんな人が働いてましたね。

あと、普通のバイトと違ってリゾバという特殊な働き方のせいか、面白い生き方をしてる人が多かったです!

○ 海外で生活をしていて、今は日本へ出稼ぎに来てる人

○ 仕事を辞めて、次のキャリアへの準備期間としてリゾバする人

○ 学校の長期休暇があるたびに日本全国でリゾバする人

 

今まで通りの生活をしてたら絶対出会えなかった人に会える。というのは本当に刺激的でした。

 

Q.リゾバに来る人の男女比率や年齢層はどれくらい?

A.男女比率はちょうど5:5くらいで、年齢は20~30代前半が一番多かったよ!

 働いてみてわかりましたが、意外と女性比率が高いですし年齢層も若い人が多いです。

とくに長期休暇を使ってきてる大学生も多かったので、若い人は意外とすんなり馴染める雰囲気でしたね。

ぼくは学生じゃないので来た当初は不安もありましたが、いろんなバックグラウンドを持った人が来てたのでどうでもよくなりました。笑

Q.住み込みの寮やまかないはどんな感じ?

A.寮は個室のキレイな部屋で、まかないは出勤日にお弁当が出るスタイルでした。

ぼくが住んでいた寮はちょうど改装されたばかりで、新築のようにきれいな内装でしたね。

IMG_4193

めちゃくちゃきれいじゃないですか??もはや一人暮らしって感じです笑

自分が生活する住環境って大事だと思うので、リゾバする人は担当に方に寮の設備や雰囲気をきいておくといいです。

あと、まかないは出勤日に弁当が支給されるタイプでした。

旅館と言えども手料理が食べれるわけではなかったです。これはちょっと残念

ですが、勤務場所によってはまかない料理を食べれるところもあると思うので、これも担当の方に確認しておくといいですよ。

 

Q.リゾバの人間関係はどう?

A.同年代が多いし、職場の人もバイトの人には優しく接してくれるので馴染みやすいと思いました。

まず、リゾバで来てる人は同年代が多いので純粋に馴染みやすかったですね。

これは普通のバイトと同じだと思います。

あと職場の人も「この人は短期バイトできてるから」というのもありますが、優しく接してくれたのはうれしかった!

ただし!注意してほしいポイントが1点!

リゾバはあくまで仕事なので、いつまでたっても仕事を覚えない人には多少きつく当たることもありました。

まじめにやってれば問題ないとは思いますが、「リゾバはあくまで仕事」というのを頭に入れておくといいですよ。

Q.リゾバで持っていった方がいい持ち物はある?

A.各リゾートバイトサイトで紹介してるのでまずはそれを参考にしてみてください。

リゾバで持っていった方がいい持ち物ですが、まずはこちらで紹介されてる持ち物を確認してみてください。(下記サイトを参考にどうぞ)

 

また、個人的に「これ持ってるとリゾバライフが捗るぞ!」というアイテムはこちらで紹介してるので、あわせてどうぞ。

関連:住み込みで働くリゾートバイト(リゾバ)での生活が捗る!おすすめの持ち物・サービス9選

 

あとはリゾバ先で事前に用意されてる生活用品がある場合もあります。

これも担当の方にしっかり聞いておくといいですよ。

ちなみにぼくの場合は調理器具は共用で使えたので持っていく必要がなかったです。

 

まとめ:実際に初めてリゾートバイト(旅館)をしてみた感想

IMG_4195

というわけで、2ヶ月間リゾートバイトしてきた感想を紹介してきました!

メリットだけでなくもちろんデメリットもありますが、振り返ってみて思うのが「とりあえずリゾバしてみてよかった!」ということ。

リゾバに行く前はそれこそ不安でいっぱいで何度も「やっぱりやめておこうかな、、、」と躊躇しました。

でも、やってみたいのであればとりあえずやってみた方が後悔はないです。

 

これはぼくの持論ですが、どうせ悔やむなら後悔の少ない方を選んだ方があとで振り返ったときにスッキリしてるんですよね。

「あぁ、あの時はバカだったけど悪くなかったな~」みたいな感じで!笑

リゾートバイトっていうと華々しいイメージがどうしても独り歩きしがちですが、この記事で実際の情報を届けられたならなにより。

1人の体験者の声ですが、この記事がリゾバしようか迷ってるあなたの参考になれば幸いです!

 

リゾートバイトを始めたいあなたにおすすめのサービスを紹介

リゾバの善し悪しはわかったけど、どうやってリゾバを始めればいいの?

という人もいると思います。

なのでこちらにはリゾバを始めるときに登録する必要がある派遣会社を紹介しておきますね。

面倒ですが、一度登録してしまえばいつでも働けるので参考にどうぞ。

リゾバ.com

リゾバ

【リゾバ.comの特徴】

 

○ 求人案件数は業界No.1(※2022/3/31時点で1798件)

 

○ 1週間程度の短期バイトも多数あり

 

○ ぼくが実際にリゾバで利用した会社がコレ

まずは今回ぼくが利用した「リゾバ.com」ですね。

正直、「自分に合った仕事はあるかな?採用されるだろうか?」と不安でしたが

求人案件が豊富なので自分のニーズに合う仕事が見つかりましたし、担当の方が仕事が終わるまで親身にサポートしてくれたので本当に助かりました。

なので「初めてだけどリゾバしてみたい!」という人はとりあえずリゾバ.comに無料登録しておくといいと思います。

≫リゾバ.com公式サイトはこちら

▽仕事を始めるまでの流れはこちらで解説してます。

関連:リゾバ.com(ヒューマニック)でリゾートバイトをはじめるまでの具体的な登録手順・流れを説明する

 

リゾートバイトダイブ

【リゾートバイトダイブの特徴】

 

○ 旅館、テーマパーク、スキー場などジャンルにあわせた案件が豊富(※沖縄多め)

 

○ 公式サイトから1分程度で登録できる(無料)

 

○ YouTubeやSNSなどでリゾバ情報を幅広く発信

サクッとリゾートバイトを始めたい人はリゾートバイトダイブがおすすめですね。

求人の種類が豊富なのはもちろん、会員登録は1分程度で完了しますし、最短1週間後から仕事を始められるというフットワークの軽さも魅力です。

また、ダイブでは人気リゾート地”沖縄”の案件を豊富にそろえているので「働きながら沖縄観光したい!」という人にも最適ですよ。

なお、公式サイトではリゾバ未経験の人でも安心して働けるようなコンテンツが充実してるので、よければチェックしてみてください。

≫リゾートバイトダイブ公式サイトはこちら

アルファリゾート

アルファ

【アルファリゾートの特徴】

 

○ 業界の中でもトップクラスに給料が高い(時給1200円以上もあり)

 

○ 温泉地での求人が強い

 

○ 3ヶ月以上働いた人には終業後に豪華特典がある

ぼくが最後まで登録しようか悩んだサービスが「アルファリゾート」でした。

求人数は他よりも少なめですが、業界内でもかなり時給が高いです。

ちらっと見てみると時給1200円以上がわりとあるんですよね。

また、3ヶ月以上働いた人には旅行やクルーズなどの豪華特典もあります。

働いただけなのにいいの?という気もしますが、それだけ福利厚生も充実してるようですね。

賢く働くなら、アルファリゾートに無料登録しておきましょう。

≫アルファリゾート公式サイトはこちら

あなたのニーズに合ったサービスを選んで、思い出に残るリゾバライフを過ごしてみてください

以上、【体験談】初めてのリゾートバイト(旅館)で2ヶ月働いた感想まとめ!メリット・デメリットや評判まで語ります でした。

では~!

▽こちらにはぼくが経験したリゾートバイトの生活を紹介してるのであわせてどうぞ。

関連:住み込みで働くリゾートバイト(リゾバ)での生活が捗る!おすすめのアイテム・サービス9選

関連:【体験談】リゾートバイト(リゾバ)2週間目の実体験レポート!この暮らし。意外といいんじゃない?

関連:リゾートバイト(リゾバ)初日の体験レポート!個人的に気になったポイントを挙げていきます



 

【よく読まれている記事】

【決定版】Amazonで買って良かったおすすめ商品まとめ!生活が捗るグッズを紹介します

休日に一人でできるおすすめ暇つぶし方法22選!家でも外でも楽しめる時間の使い方を教えます

【2022最新】Audibleオーディブルのセールキャンペーン頻度・内容まとめ

 

【Audibleは2022/1/27から聴き放題の新制度に変わりました!】

 

Amazonのオーディブルなら30日無料+12万冊以上のオーディオブックが聴き放題!

 

≫30日無料+12万冊聴き放題でオーディブルを試す

 

※いつでも解約できます

コメント

タイトルとURLをコピーしました