≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

仮想通貨をはじめてみて「投資は余剰資金でやれ!」の意味がわかった話。

IMG_4542
更新日:2019/5/30
おっす!仮想通貨1年生のカンノです。

投資は余剰資金でやれ!

ってセリフよく聞きませんか?

余剰資金、、、なにそれ?とりあえず有り金すべてを投資に回しちゃいけないの?そのほうががっぽり儲からない?

最近まで投資をしたことがなくて余剰資金の意味がわからなかったぼくですが、話題の仮想通貨をはじめたことでこのセリフの意味がわかってきました。


「投資は余剰資金でやる」 

この言葉の意味をわかってないと、もしかしたらとんでもないピンチに陥ってたかもしれません。

というわけで今回は、投資や仮想通貨をこれからはじめるぜ!という人にこの言葉の意味をぼくなりに説明してみます!

ジェットコースターのように価格が変動する仮想通貨市場

もうなんといってもこれ。

仮想通貨をはじめてわかりましたが、価格がジェットコースターかな?ってくらい変動するんですよね。笑

IMG_4540

例えばこれはぼくが使ってるZaifという取引所でのビットコインのチャートです。

見てわかるように、ここ数ヶ月で価格が数倍、もしくは数分の一に変動してるんですよね。

チャートの見方がわからない人もなんとなく「やばい」感じは伝わってると思うのですが、ジェットコースターみたいになってますよね。笑

仮に去年の10月くらいに1万円分のビットコインを買ったとしたら、現在は3万円くらいになっちゃいますからね。笑

数ヶ月で3倍ってあんた、、、投資としてはありえない倍率です。(白目)

逆に去年の12月くらいにビットコインを買った人は、現在は半分くらいの値段になってるのでかなりの損益をだしてしまいます。

最近はやっと落ち着いてきたと言われてますが、それでも仮想通貨市場の異常な変動っぷりを理解してもらえたでしょうか?

投資を人生を賭けるギャンブルにしてはいけない

仮想通貨で億り人になりました!やっほい!

価格が数倍、下手したら数十倍レベルで変動するのがこれまでの仮想通貨だったので、人によっては1億円以上の大金を手にした人もいます。

あなたもツイッターやニュースなどでそういう情報を目にしたことがあるのではないでしょうか?

もしかしたらあなたのまわりにも「仮想通貨で儲かったぜ!やっほい」という人がいるのかもしれませんね。

その影響で投資を始めようと決意した人もいることでしょう。

わかります。たしかに「儲かる」という事実を知ると、人って欲張りたくなりますよね。

もしかしたら俺も大金持ちになれる!?よーし、有り金ぜんぶ仮想通貨につぎ込も!

こんな感じで。ぼくもお金大好きなのでその気持ちもよくわかるのですが、ちょっと待ってください。

「光があれば影もある」というように、仮想通貨でめちゃくちゃ儲かった人もいれば反対にとんでもなく損をした人もいるはずなんです。

先ほど見てもらったチャートを思い出してください。安いときに買った人は何倍も儲かってますが、一番高いときに手を出した人は半分以下になってますよ?

ということは、今あなたが仮想通貨に手を出せば儲かるかもしれないし、損をするかもしれないわけです。

人間っていいことだけ言いふらしたいもので、「仮想通貨が儲かる!」みたいな話がひとり歩きしちゃうんですよね。

そして「儲かるから!」という理由だけでビットコインなどに飛びついて大損する人もきっといるはず。いや、絶対います。

実際、仮想通貨をはじめとするブロックチェーンの技術はすごいと思いますし、確かに仮想通貨で稼げるのかもしれません。

ですが、投資を人生を賭けるギャンブルにしてはいけないと強く思ってしまうんです。

「仮想通貨は余剰資金で投資する」というスタンスは必要不可欠

ここからが本題。

仮に仮想通貨で大損をこいたとして、それが余剰資金だとしたらどうでしょうか?

ちなみにぼくが思う余剰資金の目安は、不自由ない生活をするのに必要なコストを取り去った分のお金を指します。

生活費や貯金、交際費など生きていくのに必要なお金をすべて差し引いた上で算出してみてくださいね。

では次に、余剰資金を使って仮想通貨で投資していたお金が半分になった場合を考えてみましょう。

かなり痛手ではありますけど「余剰資金だし、いつも通り生活はできるからいっか!ドンマイ!」とわりきれませんか?

こう思えるだけでも精神的にかなりラクなんですよね。

反対に価格が何倍にも跳ね上がって儲かったなら、ラッキーだよね!(嫉妬)

 

そう考えると、余剰資金で投資する」というのはそれだけで損したときのリスクを軽減できる手段になるんですよ。

もちろん投資するからには投資先の将来性や下調べをして、なるべくリスクを排除するということは必要。ですが、それでもダメなときはありますからね。

投資するなら「自分の余剰資金を算出して、最悪の場合のリスクを排除する」というスタンスが必要不可欠なんだよね!

まとめ:投資は余剰資金でやろう!

投資は余剰資金でやれ!

ジェットコースターのように価格が変動する仮想通貨市場に飛び込んでみて、ようやくその意味がわかりました。

「投資」という行為は夢を見せてくれる反面、その裏には必ず損をしてる人もいるわけなのでいつ自分がそっち側に行くかわかりません。

できれば、、、というか絶対行きたくないけどね!

ぼくもまだ仮想通貨をはじめたばかりなので、微量の余剰資金を使ってまずは遊んでいきたいと思います。笑

これから投資や仮想通貨をはじめる人は「投資は余剰資金でやれ!」というスタンスをぜひ持ってみてください。

 

ちなみにぼくはZaifという取引所を使って仮想通貨取引をはじめました。

ここではビットコインなどの主要通貨が買えますし、「仮想通貨で大損したくない!」という人のための低リスクなコイン積立というサービスもあります。(実際にぼくも毎月積み立ててます)

大儲けとかはないですが、低リスクなので余剰資金とかけ合わせれば手堅いです。

▽ なにはともあれ仮想通貨をはじめるには取引所に登録する必要があるので興味のある人どうぞ!

公式サイト

Zaif

▽ Zaifの登録方法や詳しい使い方はこちらにまとめてます!

 

以上、仮想通貨をはじめてみて「投資は余剰資金でやれ!」の意味がわかった話。でした

では~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました