≫Amazonの買って後悔しないアイテムまとめ!

【やり方】初めて自転車旅行をするのに必要なノウハウと5つの用意【コツ】

スポンサーリンク

image
更新日:2021/2/18

どもども! チャリブロガーのカンノです。

最近はロードバイクやサイクリングなど、自転車ブームがおきてますよね。
いや~チャリ好きのぼくとしてはうれしい限です。そのまま旅にもハマっちゃいましょう!
ですが、そんなブームの反面「自転車旅行のはじめ方がわからない」という人もいるのではないでしょうか?
○ 体力に自信がないけど自転車旅ってできるの?
○ 行き先はどこに行けばいいの?どこがいいの?
○ 自転車旅行に必要な知識・アイテムは?

という具合にね。

こんな偉そうに語ってるぼくですが、チャリ旅をはじめたころは右も左もわからず困ったものでした。笑

しかし、大学生のころに旅をはじめて6年。

今では「自転車で日本一周」をするくらい旅慣れたんですよ!

おかげで、自転車旅に関するたくさんの経験や知識を得ることができたんだよね。

そこでこの記事では自転車旅行をする人や初心者の方に必要なノウハウを全力紹介していきます!

(※この記事は5分で読めます)

 

  1. 【やり方】初めて自転車旅行をするのに必要なノウハウと5つの用意
    1. 体力に自信がなくても自転車旅行はできるよ!
      1. 【コツ①】まずは自転車旅行のスタイルを決めよう
      2. 【コツ②】つぎは旅の「行き先・目的地」を決めよう
      3. 【コツ③】自転車旅で泊まれる場所を把握しておくと心強いぞ
    2. 【全5種】旅人が選ぶ自転車旅行におすすめの用意やアイテム
      1. 用意① 自転車
      2. 用意② ツーリング用品
      3. 用意③ 服装・ファッション
      4. 用意④ キャンプ・アウトドア用品
      5. 用意⑤ 電子機器・ガジェット用品
    3. [番外編] 自転車旅行に慣れてきたらセルフメンテナンスするのも楽しいぞ!!
    4. [番外編2] ちょっと待って!自転車旅行へ行く前に確認しておきたいポイント
  2. まとめ:初めて自転車旅行をするのに必要なノウハウと5つの用意
    1. 【Q&A】自転車旅行をやりたい人に聞かれそうな質問に回答します
      1. 自転車旅行中の充電や電源ってどうしてる?
      2. 旅をしてて困ったことやトラブルはあった?
      3. 自転車旅は1人でやるべき?それとも仲間と?
    2. おまけ:お得に自転車用品が買い揃えられるコツを紹介します
      1. いらないアウトドア・キャンプ用品があるなら買取サービスで資金に変えよう
      2. いらないものは掃除ついでに資金に変えましょう
      3. Amazonで5000円分のギフト券を買うと1000円分のポイントがもらえるキャンペーン

【やり方】初めて自転車旅行をするのに必要なノウハウと5つの用意

○ 体力に自信がなくても自転車旅行はできるよ!
○ まずはあなたの旅スタイルを決めよう

○ つぎは旅の「行き先・目的地」を決めよう
○ 自転車旅で泊まれる場所を把握しておくと心強いぞ

○ 旅人がおすすめする自転車旅の装備やアイテムを紹介

○ [番外編]自転車旅行に慣れてきたらセルフメンテナンスするのも楽しいぞ!!

○ [番外編2]ちょっと待って!自転車旅行へ行く前に確認しておきたいポイント

○ まとめ

もくじ

こんな感じの流れになります。

ボリューミーなので必要なところだけ読むのもありですよ。もちろん初めから読んでもらうのも大歓迎です!

ちなみにぼくは、自転車旅ってだれもが経験するわけじゃないし、むしろ一生の思い出に残る特別な体験だと思ってるのですが

ふつうの人に自転車旅の良さを語っても、「え?めんどくさそう、、、大変じゃない?」と思われるのがオチなんですよね。

この記事を読んでくれたあなたは旅に興味を持ってくれたと思うので、よければ参考にしてみてください!(本気)

 

体力に自信がなくても自転車旅行はできるよ!

image

「自転車での旅!」とか「ロードバイク!」と聞けば、ワイルドで体力に自信のある人だけがやれること。

というイメージを持つかもしれませんね。

たしかに自転車はスポーツでもありますから、ある程度の体力は必要です。
ですが、その「ある程度の体力」って多くの人がクリアしてると思うんですよね。
ぼくの感覚としては通勤、通学で数十分自転車をこげる体力があれば旅はできると思ってます。
というのもですね。自転車旅って、、、
○ 1日中まったく休まずペダルを回し続けることはない。
○ むしろ何度も休憩をはさんでのんびりすることもある
○ 通勤や通学の感覚で休みながら走ってみると、案外走れている。

このように、自転車に乗る感覚の延長線上に旅があるという感じなんですよね。

だから、たとえ10キロでも20キロでもあなたが旅と思えるならOKですし、 続けてるうちに体力がついて走れる距離ものびてきます。

ネットでは1日で300㎞走った!みたいな人もいますが、そこまでストイックになる必要はないですよ。あなたのペースでいいんです。

実は自転車旅ってワイルドじゃなくてマイルドなスポーツなんだよね。

【コツ①】まずは自転車旅行のスタイルを決めよう

image

さて、自転車旅のハードルが実は低いと気づいてもらったら、つぎは旅のスタイルを決めましょう。
実はひと口に自転車旅行といっても、そのスタイルは様々あるんですよ。
○ ロングツーリング(2泊以上の長い旅のこと)
輪行(自転車をたたんで、電車などの公共交通機関をつかって移動するスタイルのこと)
キャンプツーリング(自転車にテントやシュラフを乗せて、キャンプや野宿をしながら旅すること)
ポタリング(散歩するようにのんびり旅すること)
というように、ぼくが思いつくだけでもこれだけ種類があります!
体力に自信のある人は、はじめから「キャンプツーリング」や「ロングツーリング」でもいいですが、これらは正直中級者以上のレベルになります。

なので、初心者の人にはまずは日帰りやポタリングからはじめて、慣れてきたら一泊二日の旅。

というようにステップアップしたほうがいいと思ってます。

ぼくも初めての旅は日帰りだったなぁ (遠い目)

 

自転車旅のスタイルはこちらに詳しく書いてますので、あなた好みの旅を選んでみてください。

 

【コツ②】つぎは旅の「行き先・目的地」を決めよう

自分がやってみたい旅スタイルを考えたら、つぎは「行き先・目的地」を決めましょう。
あたりまえですが、日数が多ければ遠くにいけますし、少なければ近場になります。

ここでは初心者にむけてということで、とりあえず「日帰り、一泊二日」の場合で考えてみますね。

 

image

日帰り、一泊二日のどちらにも共通するのが「行きと帰り」があるってことなので、目的地までの距離の2倍は少なくとも走りますよね。

なので、日帰りなら1日で走れる距離の半分あたりに目的地を設定するといいです。

また、一泊二日なら1日で走れる距離あたりに目的地を設定するといいかんじですね。

このときに行き先や目的地はなにかしらの観光地やグルメ、温泉地にしておくと達成感があってたのしいですよ。

また、こちらにはぼくが個人的におすすめする自転車旅のスポットを紹介してます。

どこも実際に足を運んだ場所だけ紹介してますよ。

 

【コツ③】自転車旅で泊まれる場所を把握しておくと心強いぞ

IMG_6702

旅の作り方はわかったけど、泊まる場所はどうするの?宿は予約しとくべき?

泊まりがけの旅をするときに不安になるのが「宿泊場所をどうするか?」ですよね。

ぼくも初めてチャリ旅をしたときは「本当に泊まれる?大丈夫?」と心配になってました。

ですが、かれこれ200泊以上経験してきたぼくから言えるのは「泊まれる場所は意外と多い」ってことです。

宿なら当日予約でもなんとかなりますし、野宿なら安眠できるおすすめスポットもあります。

こちらには自転車旅で使える宿泊スポットをまとめてあるので、よければ参考にどうぞ!

 

▽また、旅先でなるべく安い宿を探したい人は宿の比較アプリがあると捗りますよ!

ぼくも愛用してるこちらのアプリでは大手18社の旅行サイトから最安値を探してくれます。

旅比較ねっと ホテル予約

旅比較ねっと ホテル予約
開発元:BIGLOBE Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

【全5種】旅人が選ぶ自転車旅行におすすめの用意やアイテム

さてさて! 自転車旅の具体的なイメージをつかんでもらえたと思います。

ここからはぼくがおすすめする自転車旅行の用意やアイテムを紹介していきますよ。

○ 難しいことはわからないけど、必要なものはもっておきたい
○ 無駄遣いをさけて、コストパフォーマンスを重視した物がいい
という視点から紹介してるので、あなたのニーズにあわせて読んでみてください。
各カテゴリーにポイントをまとめているので、そちらも参考にどうぞ。

 

用意① 自転車

image

まずは自転車の紹介から。兎にも角にもこれがなければ旅ができないですよね。

ですが、ひとくくりに自転車と言っても

○ ロードバイク
○ クロスバイクイク
○ ランドナー
○ マウンテンバイク
○ ママチャリ

など種類はたくさんあるので、どれが旅に最適な自転車なのか悩むかもしれません。

そこでぼくがおすすめする自転車選びの基準が1つだけあります。

それは「実際にみて、乗ってみたいと思ったものを買う」ってこと。

ネットでなんでも買える時代だからこそ、一緒に旅をするチャリだけは納得いくものを選ぶと後悔しないです。
あとネットで自転車を買うと、サイズが合わなかったり、イメージと違ったり、メンテナンスを自分でやる必要があったり。と面倒ですからね(体験済み)

image

言いたいことはわかったけど、おすすめの自転車はないの?

そうですね、、、個人的にはロードバイクはおすすめです。

自転車にドハマりしたときにカスタマイズできますし、スピードも出せて、なにより見た目がカッコイイ。

あなたが熱中しやすいタイプなら初めからロードバイクにしたほうが後悔しないですよ!

また、日本一周やキャンプツーリングなどの旅を考えてる人はこちらでも自転車の選び方を紹介しています。

 

チェックポイント

○ 自転車は実際にみてから決めるといいよ
○ ただ、個人的にはロードバイクが好き

 

用意② ツーリング用品

image

ツーリング用品とはすなわち、自転車に乗るとき必要になる持ち物のこと。これも大事ですな
これは一例ですが、仮にロードバイクを買ったとしてパンク修理用品を持たず旅に出たとしましょう。

何事もなければいいですが、もし自転車屋も人もいない場所でパンクしたら途方にくれますよね。

逆にパンク修理用品を持っていればなんとかすることができます。

こんな風に、緊急時の対処や、ライディングを快適にしてくれるのがツーリング用品なんですよ。

チューブなどの消耗品もありますが、一度そろえれば長く使えるアイテムなので自転車旅をはじめるときに購入しておきましょう!

 

こちらにはぼくが実際に使っているツーリング用品やパンク修理アイテムを紹介してます。

最低限ここにあるものを準備しておけば間違いないですよ。

チェックポイント

○ ツーリング用品は旅を快適・安全にしてくれるもの
○ 旅に出るまえには揃えておくといいよ

 

用意③ 服装・ファッション

 

チャリダーのイメージってピチピチの服なんだけど実際どうなの?

はい。スピード重視のレーサータイプの人だと、ピチピチの服を着てることが多いですね。

ですが、自転車旅に関していえば、ラフな格好の人が多い印象を受けました。
あくまで感覚的なものですがどちらが良い悪いというわけではないですが、旅をする場合は人目につく場所にいくことが多いので、ラフな格好のほうが馴染みやすいんですよね
ぼくもラフなスタイルで旅をするので、アウトドアウェアやユニクロの服を着て走ってます。

どんな服装にすればいいか迷ったらこちらにおすすめをまとめてるので参考にしてみてください。

チェックポイント

○ 旅人はラフな服装のことが多いよ
○ 自分の旅スタイルにあわせて服装を決めるのがよし

 

用意④ キャンプ・アウトドア用品

image

使う人が限られるのですが、テントやシュラフを積んだ旅(キャンプツーリング)をしたい人はアウトドア用品が必須になります。

 

○ え、自転車に乗せれるくらいコンパクトなテントってあるの?
○ 自炊する場合はどうするの?
○ そもそも、なにを持っていけばいいのかね?
もしかすると、こう思うかもしれませんね。
ぼくもキャンプツーリングをはじめた頃はなにが必要かわからず、テントは?シュラフは?どれがいいの?
と、あたふたしてました。笑 おかげで大荷物で旅をしたこともあります。
ですが、日本一周した経験などから最低限必要でチャリ旅に適したアウトドア用品がわかったんですよね。

こちらにはぼくが実際に使っているアウトドア装備を紹介してるのでよければどうぞ。

必要最低限ですがしっかりキャンプを楽しめますよ!

チェックポイント

○ キャンプや野宿しながらの旅ならアウトドア用品は必須
○ 旅に適したコンパクトな装備がおすすめ

 

用意⑤ 電子機器・ガジェット用品

image
現代人のぼくらにとって、電子機器は欠かせない存在ですよね。
もちろんそれはアウトドア要素のつよい自転車旅にも言えることでして、ぼくの場合だと
○ スマホでルートの確認、宿の予約、友人や家族に連絡
○ 旅の思い出をカメラにおさめる
○ パソコンを持ちだしてブログを書きながら旅をする
というように、ガジェット用品はヘビーに使ってきました。
カメラやパソコンを持ちだすことで旅の思い出を残すことができますし、スマホは今や旅にかかせないアイテムになりつつあります。

 

あなたも旅行先で地図を見たりスマホで検索することもあるのではないでしょうか?

実はぼく、以前は旅に電子機器を持ちだすことに抵抗感があったのですが、いざやってみると旅の幅が広がってなかなかおもしろい!笑

ブログを通じてグルメ観光情報を発信するなど、すっかりハマってしまいました。

こちらにはぼくが使っているパソコンやポケットWiFiなどのガジェットを紹介してるのであわせてどうぞ。

チェックポイント

○ 自転車旅といえども電子機器は欠かせない!
○ カメラやパソコンを持ちだすのも旅の幅が広がって楽しいよ

 

[番外編] 自転車旅行に慣れてきたらセルフメンテナンスするのも楽しいぞ!!

image

初心者向けではないですが、チャリに乗り慣れてきたらセルフメンテナンスするのも良いですよ。

最初はぼくも

えっ!メンテナンスってプロの人ががやるんじゃないの?むりむりむり!!

と、思ってたのですがやってみると意外とカンタン。
もちろん。自分ではムリな部分もありますが、わりとできることもあるんですよね。
セルフメンテナンスをやると自転車に愛着がわきますし、専門知識もつくので自転車旅どんどん楽しくなってきますよ! (これが沼ってやつか、、、)

こちらにはぼくが日本一周する際に実践したセルフメンテナンスを紹介してます。

どれも独学でできるので安心してください!

チェックポイント○ 自転車旅に慣れてきたらセルフメンテナンスするのもいいよ
○ 知識もつくし、なにより自転車に愛着がわきます

 

[番外編2] ちょっと待って!自転車旅行へ行く前に確認しておきたいポイント

さあ、すべての装備が整ったしさっそく自転車旅行にいくぞ!

ちょっと待ってください!旅に出たい気持ちはわかりますが、その前に最終チェックしておくといいですよ。

○ 当日の天気、ルート設定は大丈夫か?

○ 天候や日数に応じた装備を持っているか?

○ もしもに備えて最低限必要なアイテムを持っているか?

○自転車の状態はどうか?メンテナンスは必要か?

 

これはぼくが自転車旅行に出かける前にいつもチェックしてる項目ですが、これを確認することでストレスなく旅ができます。

めんどくさくて天気の確認や下準備を怠ってしまうと、当日苦労するのは自分ですからね。

ぼくもそれでなんど雨に打たれたことか、、、笑

チェック項目の詳しい内容はこちらにまとめたので、旅に出る前に確認しておくといいですよ!

 

まとめ:初めて自転車旅行をするのに必要なノウハウと5つの用意

○ 体力に自信がなくても自転車旅行はできる!
○ まずはあなたの旅スタイルを決めよう
○ つぎは「行き先・目的地」を決めよう

自転車旅行の装備やアイテムをそろえよう

○ 自転車旅に慣れてきたらセルフメンテナンスをしてみよう

○ 旅に出る前の最終チェックも忘れずに
POINT

いかがでしたか? 自転車旅行って意外にハードルは低いですし、実は知識も体力もそんなにいらないんですよね。

最低限の準備さえあれば誰でも挑戦できますし、そのノウハウはこのブログですべて公開しています。

 

それなのに、楽しい。ちょー楽しい。すごく楽しい。

 

自転車旅だからこそ気づける景色や出会いもあれば、1日中走りまわったあとのお風呂やご飯はため息が出るほどサイコーなんですよね。
誰でもやろうと思えばできるのに、誰もがやるわけじゃない。
そんな自転車旅行に興味を持ってくれたあなたには、ぜひ画面の向こう側にある素晴らしい世界を見に行ってほしいと思います。

さあ行こう!!

【Q&A】自転車旅行をやりたい人に聞かれそうな質問に回答します

チャリ旅のはじめ方はわかったけど、まだいろいろ不安要素があるんだけど、、、

その気持ちはすごくわかります。ぼくも旅を始めたときは不安に駆られてました。

ですが、しっかり対策を練っておけばその心配はありませんよ!

ここからは自転車旅をしたい人に聞かれそうな質問に答えてみたので、参考にしてみてください。

 

自転車旅行中の充電や電源ってどうしてる?

モバイルバッテリーやコンセントのある場所で充電してます

自転車旅は普通の旅行と違ってワイルド要素が強め。

なので「スマホの充電はどうするの?」とよく聞かれるんですよね。

ですが、最近はコンセントが使えるカフェも増えてきてますし、モバイルバッテリーがあればどこにいても充電に困りません。

また、余裕があれば宿に泊まって充電もできますからね!

それでも不安な人はこちらの記事を参考にどうぞ。

 

旅をしてて困ったことやトラブルはあった?

旅を続けているとどうしてもトラブルは避けられませんね

ぼくはかれこれ5年以上自転車旅を続けてますが、その中でトラブルや困りごとはたくさん経験してきました。

パンクや自転車トラブルはもちろん、道中でのハプニングまで。

旅に出ればトラブルは避けられないと言ってもいいですが、それでもあらかじめ知ってもらうのは予防になると思います。

こちらにぼくが経験したことをまとめてるので興味ある人はどうぞ!

 

自転車旅は1人でやるべき?それとも仲間と?

1人も複数人もどちらにも長所と短所があります!

自転車旅を始めるときは1人か、それとも仲間と一緒にやるか悩むと思います。

どちらも経験した自分としては「メリット・デメリットを把握した方がいい」と思っていて、そのうえで自分に合うスタイルを探すのがいいです。

初体験の印象は大事ですからね!

こちらにぼくが考えるメリット・デメリットを紹介してるのでよければ参考に。

 

おまけ:お得に自転車用品が買い揃えられるコツを紹介します

自転車旅行に必要な知識や持ち物はわかったけど、もっとお得に装備を買い揃えられる方法はないのかな?

装備集めってわりとお金が必要なので、こう思う人もいるのではないでしょうか。

実際にぼくも自転車旅の資金を集めるためにいろいろな方法を試しまして、その結果「これを使えば資金が集めれるな!」というものをいくつか見つけたんですよね。

というわけで、こちらにぼくが実践してきた「今すぐ資金を集めるコツ」を紹介しておくので、よければ参考にしてみてください。

 

いらないアウトドア・キャンプ用品があるなら買取サービスで資金に変えよう

「このキャンプ用品使ってないけど捨てるのはもったいない、、、」

という人はアウトドア用品宅配買取サービスのJUST BUYを使うといいですよ。

【JUST BUYの特徴】

・アウトドア用品専門のためマニアックな商品も買取可能(キャンプ・登山・釣具)

・ネット店舗のためコストが削減できて高価買取

・手数料はすべて無料(送料、振込手数料、査定料など)

・最短で即日入金

・宅配買取なので全国どこでもOK

・必要なら梱包用のダンボールがもらえる(無料)

・LINEでサクッと仮査定することもできる

このようにJUSTBUYでは売り手の負担を極限まで減らしつつも、ニーズにあった取引ができるので「売れたらいいけど面倒だしなぁ、、」という方でも安心して使えそうです。

また、各種手数料や段ボールなどは無料なので、こちらで準備することほとんどなし。

なので、もしあなたの家に「一度しか使っていないキャンプ・登山用品」や「買い替えるために使わなくなったアイテム」があるならこの機会に売りに出してみてはいかがでしょうか。

なお現在JUSTBUYでは買取価格が10%UPするキャンペーンを実施してるので、利用される方はお早めにどうぞ。

≫JUST BUYを利用する

いらないものは掃除ついでに資金に変えましょう

買取

ぼくが愛用してるのが買取王子という宅配買取サービス。

ここは手数料がかからず、段ボールも向こうが用意してくれるのでとにかく売るのがラクなんですよね。

ぼくは資金が必要になったら買取王子にいらないモノを出して、臨時収入を作ってました。

買取王子2

また、Amazonを使う人なら査定金額をアマゾンギフト券で受け取ればお得になる制度もあるんです!

現金で受け取るよりも最大11%お得になりますよ。

資金がなくとも装備が欲しい。という人はよければ利用してみてください。

≫買取王子でいらないものを売る 

 

関連:【評判】片づけ・断捨離で使う買取サービスは「買取王子」がおすすめ!利用者がメリット・デメリットを語るよ

 

Amazonで5000円分のギフト券を買うと1000円分のポイントがもらえるキャンペーン

Amazonチャージ

Amazonをよく使う人にもう1つ朗報です!

現在Amazonでは「5000円分のAmazonギフト券を買うと1000円分のポイントがもらえる」キャンペーンを実施しています。

つまり5000円をAmazonで使えるギフトに変えるだけで、ついでに1000円が付いてくるってことですね。

、、、、ただただお得です。笑

また、現在は12000円分のギフトを買うと2000円分のポイントがもらえるようなので、このお得なキャンペーンが終わる前に試してみてください。

≫Amazonギフトを購入してポイントをもらう

 

これらの方法を駆使しながら、あなただけのサイクルライフを送ってみてください!

 

以上、【やり方】初めて自転車旅行をするのに必要なノウハウと5つの用意【コツ】でした。

では~!!

 

▽また、こちらには実際にぼくが愛用してるアイテムを紹介しています。

資金を集めて自転車旅行の用意ができたらとりあえず旅に出てみましょう!

 

▽ ちなみにぼくが自転車で日本一周をするキッカケになった本がこちら。

ノンフィクションなのにドラマチックな展開が次々と巻き起こって、ラストまでページをめくる手が止まらないです。

自転車旅行の魅力がこの一冊にすべて詰まっているので、全チャリダーに読んでほしい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました