≫Amazonで1000円がもらえる裏ワザ!

野遊びしよう!! 自転車旅行におすすめのアウトドア・キャンプ装備10選

更新日:2019/6/5

どうも!チャリブロガーのカンノ(@kanno414)です

 

自転車旅をしながらキャンプをする「キャンプツーリング」に興味あるけど、なにを持っていけばいいんだろう?

こんな質問に答えますね。

【この記事の内容】

○ 自転車旅行におすすめのアウトドア・キャンプ用品

○ お得に装備をそろえるコツ

ちなみにこの記事を書いてるぼくは自転車旅歴6年、野宿はこれまで100泊以上経験してきました。

なので、キャンプツーリングに必要なアイテムは理解してると思ってます。

キャンプツーリングは自転車旅をもっと自由にしてくれる最高の体験なので、よければ参考にしてみてください!

 


(※この記事は5分で読めます)

[もくじ] 自転車旅行におすすめのアウトドア・キャンプ装備

bunbougu_kokuban

これだけ揃えればどんなキャンプにも対応しますよ!

① テント
② シュラフ(寝袋)
③ シュラフマット
④ ランタン
⑤ クッカー
⑥ バーナー
⑦ シェラカップ
⑧ カトラリー(食器)
⑨ 折りたたみ式テーブル
⑩ 折りたたみ式チェア

ぼくはキャンプツーリングで使うアイテムの鉄則は 「コンパクトで軽いもの」だと思ってます。

自転車に積める荷物は限られますからね。

逆に積みすぎはトラブルの原因になりますし、、、

また、ここで紹介するアイテムはすべてぼくがセレクトしてみました。

実際に使ってるものばかりなので、あなたのニーズにあわせて選んでもらえればなによりです!

テントはキャンプ生活に欠かせない家のような存在です。

ぼくが自転車旅用のテントで重視するは「軽さ」「丈夫さ」「使いやすさ」の3つなんですが、

それをすべて満たしていたのがこのBUNDOKソロドーム 1というテントでした。

image
軽量(1.88kg)、防水性(耐水圧3000mm)、テント設営も慣れれば5分でできる。
それに加えて価格も1万円を切るロープライスで言うことなし。

ぼくはこのテントで日本一周したのですが、持ち運びもラクで快適にキャンプできましたよ。

ですが、唯一のデメリットは「インナーがメッシュ素材」なので寒い季節には不向きです。

とはいえ3シーズンで使える1人用テントならこれがコストパフォーマンス最強ですね。

 

1年中使えるテントを探してるならBUNDOK ソロ ドーム ウルトラ ライトがいいです。

上記のテントより値段は張りますが、それでも1.65㎏という軽さは魅力的。

また、このテントはインナーがナイロン製なので寒い時期でも使えるのもいいですね。

こちらには自転車旅用のテント選びのコツも紹介しています。

② シュラフ(寝袋)



モンベル(mont-bell) 寝袋 UL.スーパースパイラル ダウンハガー 800 #3 [最低使用温度-2度]

テントが家だとしたらシュラフはお布団です!

 

お布団の質によって快眠度は変わりますからね。シュラフはいいものを選んだ方が後悔しないです。

ぼくがおすすめしてるのは登山メーカーモンベルのシュラフ

気温や素材ごとにシュラフが出てるので、あなたのニーズにあったベストなものを見つけられますよ。

またモンベルのシュラフは伸縮性がすごく、寝返りをうっても生地が突っ張ることがないそう。

登山用品なので値段はなかなかですが、いい夢をみたいならこれでしょう。笑

▽ 使用温度によって種類がたくさんでてますよ。

ちなみにこれは3シーズン用

 

③ シュラフマット

シュラフがお布団だとしたら、シュラフマットはマットレスの役割をします。

マットレスがなければ、ガチガチの床でそのまま寝るようなものですからね~

まして自転車旅なら大変なことになるでしょう。笑

ぼくが使ってるシュラフマットは空気で膨らませるタイプ

風船の要領で空気をいれて、寝るときフカフカ、使わないときはコンパクトになりますよ。

持ち運びのときは荷物になりますが、広げるだけで手間がいらないのは魅力ですね。

 

④ ランタン

キャンプをするならランタンが1つあると捗りますよ。

普段は気づきませんが、夜って明かりがないとかなり暗いんですよね。

せっかくキャンプするなら明かりを灯して、テントでの時間も快適に過ごしたい。

そこでぼくが使ってるのはDODのLEDランタン

2段階で明かりの調節ができて、コンパクトに収納できるので重宝してます。

ここの製品は奇抜なカラーがポイント。(だがそれがいい!)

 

こちらは暖色系の明かりをだすタイプ。USB充電なので電池要らずです

⑤ クッカー


ユニフレーム スクエアコッヘル3 No.667705

キャンプで料理もするならクッカーは必須アイテム!!

一般の調理器具を持っていくと荷物になりますからね~。
なので、自転車旅にはアウトドア用クッカーを持っていくことをおすすめします。
ぼくが使ってるのはユニフレーム スクエアコッヘル3というクッカーなんですけど、

大鍋、小鍋、フライパンの3種類がコンパクトに1つでまとめられる仕様になってます。

image

また、大鍋はインスタント麺をちょうどそのまま茹でることができるサイズ

キャンプのときに食べるインスタント麺のうまさはバーゲンセール。

ただし熱伝導は異常にいいので、火傷には気をつけてくださいね。

▽ ちなみに丸型のクッカーだとこちらも定番です。

 

⑥ バーナー


ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

これはバーナーといってアウトドア用のコンパクトなコンロみたいなものです。

虫みたいな見た目ですけど、市販のガスボンベで使えますし、収納時はコンパクト

また、4つ足なので鍋を置いても安定感はバツグンですよ!
2017-05-01-20-36-35
キャンプで食べるあったかご飯はどうしてこんなに美味しいのだろうか。

ちょっとお高いのと、見た目が嫌じゃなければずっと使える間違いないバーナーです。

▽ こちらのバーナーは旅人たちの定番品。

3つ足なのと収納時の大きさだけ気になりますが、信頼できるアイテムですね。

 

⑦ シェラカップ


スノーピーク(snow peak) チタンシェラカップ E-104

シェラカップとはアウトドア用の万能マグカップのこと。

もともとは登山用で使われるものなんですが、驚きなのがその機能。

計量カップ、小鍋、マグカップ、お皿としても利用できちゃうんです!ワオワオ

image

見た目もアウトドアっぽくてよくないですか? 1つ持っておくとキャンプライフが充実するアイテムです。

ただし、チタン素材なので軽すぎるのが逆に注意(37g)ですよ。

▽ もう少し重さが欲しい場合はステンレス製(100g)のシェラカップもあります。

 

⑧ カトラリー(食器)

IMG_5793

カトラリーとはカンタンに言うと箸やスプーンなどの食器のことです。

荷物の限られるキャンプツーリングでは、箸などをそのままのサイズで持ち運ぶのは邪魔なんですよね。

そこで登場するのがカトラリーなのですが、コイツはすべての食器が組み立て式になってるのでコンパクトに持ち運ぶことができます!

IMG_5797

こんな感じで使わないときバッグに忍ばせておけばOK!

キャンプでもしっかり食器を使いたい人はカトラリーを1つ持っておきましょう。

ぼくが使ってるのはこれ。

レビューはこちら。

⑨ 折りたたみ式テーブル

FullSizeRender

キャンプのときにあると便利なのが折りたたみ式のテーブル

最悪地べたで済ましてもいいのですが、テーブルがあると調理台や物置きとして活躍してくれるんですよ。

IMG_5529

使はわないときはコンパクトになるので、荷物の限られる自転車旅にもマッチします。

なにより1人用なので「大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ」が男心をくすぐるんですよねぇ。

ぼくが愛用してるのはAmazonでベストセラーのコイツ!

詳しく知りたい人はこちらも。

⑩ 折りたたみ式チェア

IMG_5626

キャンプでよく見るあのイスです!

イスって荷物になるじゃん。地べたに座ればよくない?

と思ってたのですが、いざ使ってみるとその考えは吹き飛びました。

包み込むようにカラダをキャッチしてくれるので、一度座るとなかなか抜け出せないんですよ。笑

IMG_5629

なのに折りたためばグッとコンパクトになるので、荷物への負担も最小限で済みます。

、、、とはいえこれは必須ではないので、キャンプで快適に過ごしたい方向けですね。

ぼくが使ってるのはこちら。最近は家でも活躍しはじめました。笑

 

【番外編】:余裕があれば「コーヒーセット」もいかが?

IMG_6064

必須ではないですが、余裕のある人は「コーヒーセット」があるとキャンプライフは捗りますよ!

大自然に囲まれた場所で朝陽を浴びながら飲むコーヒーは格別。

さらにそれが淹れたてだとしたら、コーヒーの香りに包まれそれはもう、、、

「はぁ、、、生きててよかった」

荷物は増えますが、コーヒー好きなら持っていて損はないアイテムだと思います。

効率だけを求める旅もいいですが、遊びの要素があると落ち着けますからね。

こちらには豆から挽いたコーヒーを味わえるグッズを紹介してるので、興味があればどうぞ!

まとめ:自転車旅行におすすめのアウトドア・キャンプ装備10選

2017-07-03-14-48-26

いかがでしたか?

「なるべくコンパクトで便利なもの」 というのがアイテム選びの鉄則ですが、どれもあなたの旅を楽しくしてくれるアイテムだと思います。

キャンプツーリングって普通の人はやりませんが笑、一生の思い出になるくらいインパクトがある経験なんですよね~

自転車旅のおもしろさを最大限引き出してくれるという意味ではぼくは旅の最終形態だと思ってます。笑

ぜひ、挑戦してみて!!

 

お得にキャンプ用品が買い揃えられるコツを紹介します

必要なキャンプ用品はわかったけど、お得に買い揃えられないだろうか?

装備集めってわりと資金が必要なので、こう思う人もいるのではないでしょうか。

こちらにぼくが実践してきた「お得に装備を揃えるコツ」を紹介しておくので、よければ参考にしてみてください。

 

いらないアウトドア・キャンプ用品があるなら買取サービスで資金に変えよう

IMG_5170

「このキャンプ用品使ってないけど捨てるのはもったいない、、、」

という人はアウトドア用品宅配買取サービスの買うトドアを使うといいですよ。

ぼくはここで使わなくなったトレッキングシューズを売って、旅資金に換えちゃいました!

もちろん手数料や段ボールなどは無料なので、こちらで準備することはほとんどなし。

申し込みだけなら3分でできるので気になる人は公式サイトからどうぞ。

公式サイト

買うトドア

レビューもしてます!

Amazonで買い物するなら5000円分のギフト券を買うと1000円分のポイントがもらえます!

Amazonチャージ

Amazonをよく使う人に朗報です!

現在Amazonでは「5000円分のAmazonギフト券を買うと1000円分のポイントがもらえる」キャンペーンを実施しています。

つまり5000円をAmazonで使えるギフトに変えるだけで、ついでに1000円が付いてくるってことですね。

、、、、ただただお得なやつです。笑

ひと手間くわえるだけで1000円もお得に買い物できるので、まだの人はやってみてください。

 

以上、野遊びしよう!! 自転車旅行におすすめのアウトドア・キャンプ装備10選 でした。

では~!

また、こちらにはぼくがおすすめする自転車装備を紹介してるので参考にしてみてください。

 

自転車旅をイチからはじめたい人はこちらを。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました