≫Amazonの買って後悔しないアイテムまとめ!

チャリブロガーが日本一周自転車旅行で使ったガジェット・電子機器装備まとめ

スポンサーリンク

image
更新日:2021/2/16

どうも、チャリブロガーのカンノです。

今回はぼくが日本一周にもっていく電子機器・ガジェット用品を紹介していきます。

○ 旅をしながらブログを書きたい

○ せっかく日本一周するならキレイな写真を撮りたい

○ 旅をしながら電源やネット環境を確保できるか不安だ

日本一周の旅にガジェット用品をもっていこうと考えているぼくにとって、これらのポイントを満たすのはとても大切。

ということで。

自転車旅行でも快適に使えそうなガジェット用品を調べつくして、自分なりにベストなものを集めてみました。

コンパクトでコスパの高いものを意識したのでよければ参考にしてみて!


 2017年10月に旅を終えたので、実際の感想を付け加えてます。

チャリブロガーが自転車日本一周で使った電子機器・ガジェット用品

□ パソコン類

□ カメラ類

□モバイルバッテリー、充電ポート

□ スマートフォン、イヤホン

□ 充電コード

□ ポケットWiFi

□ その他(乾電池、腕時計など)

ぼくがもっていったアイテムはこんなかんじ。

旅行中はスマホの充電に困ることはあまりなく、ブログ更新やネットサーフィンをする程度なら十分な持ち物でしたよ。

なるべく安く、快適、コンパクトを意識したアイテムを選んでみました。

ノートパソコン

ASUS ノートブック E200HA ダークブルー ( WIN 10 64Bit / Atom x5-Z8300 / 11.6インチ / 1.44GHz ) E200HA-DBLUE

ぼくは旅をしながらブログ更新もしていたのでノートパソコンは必須でした。

ですがパソコンって基本的には重たいし、荷物になるし、もしかしたら旅の途中で壊れてしまうかもしれません。

それはちょっと精神的によくないよねってことで

○ ロープライス
○ ライトなボディー
○ コンパクト
○ ブログ更新ができるくらいのスペック

そんなノートパソコンをネットの海から見つけたのがASUSのノートPC

「12時間の長時間バッテリー」 「980gという軽さ」 「3万円台で買える安さ」などぼくが旅パソコンに求めていた要素をすべて持ちあわせてました。

ただしメモリは2GBしかないのがネックでしたが、実際のところブログやネットサーフフィンするだけなら十分でしたよ。(この記事もコイツで書きました)

「もっと詳しく知りたいんだが」という人はレビューもしてるのでよければどうぞ。

 

紹介したASUS E200HAの最新モデルを紹介しておきます。

唯一の弱点だったメモリが4GBに増量されてるので敵ナシですよ。

マウス

Logicool ロジクール 静音マウス M220GR グレー ワイヤレス クリック音90%以上軽減 音響工学設計 電池寿命18ヶ月 小型 コンパクト


ぼくがつかってたマウスがコレ。

マウスのカチカチ音って自室でつかう分には気にならないですけど、外でつかうときすごい気になりません?

静かなカフェや図書館でマウスをカチカチしてると、まわりを気にしちゃうんですよね。

そう思ったのでぼくは静音マウスにしてみました。

なんでもカチカチ音を90%以上カットしてくれるので、これならどこでもクリックしほうだいなわけです。(カチカチッ!!)

また、このマウスはワイヤレス操作で、電池の寿命も18か月持つので日本一周中もしっかりつかえましたよ。

 

パソコンケース

Amazonベーシック ノートパソコン ケース スリーブ 11.6インチ NC1303151

パソコンを入れるケースはこれ。

チャリをこいでいるとけっこう路面からの衝撃を受けるんですよね。それがタイヤの細いスポーツバイクならなおさら

そんな環境で精密機器のパソコンをそのまま持ち運ぶのはちょっと危ないです。

なのでパソコンケースは必須。

2017-02-06-09-20-22

ぼくが買ったケースはASUS ノートブック E200HAがすっぽりと入るサイズなので、11.6インチのパソコンならピッタリですよ。

とにかく安くて、クッション性のあるケースを探していたぼくにはいい買い物でした。

液晶フィルム

Digio2 液晶保護フィルム ブルーライトカット 11.6インチワイド対応 反射防止 グレー色タイプ SF-FLGBK116W

パソコンの液晶に貼りつけるフィルムも買っておきました。

パソコンの画面を長時間みていると目がつかれるんですよね。

ぼくはブログでパソコンを使いはじめてすぐに、目のつかれを実感してました。

「このまま視力が落ちてもイヤだな~」 と思ったので、画面のブルーライトをカットしてくれるフィルムを買ったんですよ。

多少ですけど目がつかれにくくなったので効果はアリかと。

image

また、映りこみをシャットアウトするフィルムにしたので、画面に自分の顔が映るのがいやな人にもおすすめです。

カメラ(ミラーレス一眼)

OLYMPUS PEN E-PL7 EZダブルズームキット ブラック ミラーレス一眼 E-PL7 EZ DZKIT BLK

ぼくが持っているのはいわゆる 「ミラーレス一眼」 とよばれるカメラ。

スマホよりはいい写真を撮りたいけど、一眼レフだとガチすぎるよ、、、

でもせっかく日本一周をするんだし、きれいな写真を残しておきたい!!というぼくの願いをかなえてくれました。

ぼくの相棒 OLYMPUS PENシリーズのミラーレス一眼はデジカメくらいコンパクトですが、けっこういい感じの写真が撮れますよ。

また、このカメラはWiFi機能つきで、撮ったその場でスマホに写真を送れちゃいます。

SNSやブログに写真をアップする人にはうれしい機能なんですよね~。


PENシリーズの最新モデルはこちら!

 

カメラストラップ

(ダイアグナル)diagnl Ninja Camera Strap 25mm Navy

これはカメラにつけるストラップになります。

正直、カメラって取りだす手間がかかるとあまり使わなくないですか? 結局スマホで済ませちゃったり。。。

それがイヤだったので、ぼくはストラップを使ってカメラをいつでも取りだせるようにしておきました。

ぼくが使っているストラップは、自転車に乗りながらでも使いやすい工夫がつめこまれている優れもの。

例えば片手でストラップの長さを調節できるので

「走行中はカラダに引っ付けておいてシャッターチャンスがあればストラップを緩めて撮る!」 みたいな使い方が可能です。

 

カメラケース

HAKUBA 撮影用品 インナーソフトボックス 200 ブラック KCS-39-200BK

これはカメラ用のケース

パソコンとおなじくカメラも精密機器なので、ケースにいれておくことでチャリの振動や衝撃からまもってました。

このケースはバッグの中に忍ばせるインナーケースでなので 「バッグインバッグ」 のような使い方をします。

なかには取り外し可能な仕切りもあるので、カメラやレンズのサイズにあわせて収納できちゃいますよ。

ひたすら無難なバッグですけど、カメラを守る機能はしっかり果たしてくれました!

 

レンズクリーナー

KING レンズクリーニングティッシュ 50枚入り 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ PSCL50N 79583

こちらはレンズや液晶に使うクリーナー

カメラのレンズやスマホの画面って意外と汚れませんか?

ぼくは気がつけば手垢だらけにしちゃうので、ショックがデカいです。笑

そんなときにレンズクリーナーがあればいつでもレンズをキレイに保てます。

ぼくが持っていたのは1枚ごとに包装されたつかい捨てタイプなので、ムダなく使えますよ。

ついでに帯電防止効果もあるので、ホコリがつきにくくなるおまけつき。

 

レンズプロテクター

Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 37mm レンズ保護用 737019

これはカメラのレンズに取りつけるレンズプロテクターというもの。

BlogPaint
(赤い線で囲ったところがレンズプロテクターです)


ミラーレスや一眼レフのレンズは大きくてデリケートなので、傷やほこりが付きやすい
です。

もしレンズ本体が傷つこうものなら、修理費用でパタパタと諭吉さんが羽ばたいていくことでしょう。

「そんなことはさせないぞ!!」 ってときにレンズの身代わりになってくれるのがレンズプロテクターさん

画像からわかるようにレンズの上につけるので、直接レンズが傷つくのを防げます。

ただしレンズのサイズにあわせてプロテクターのサイズも変わるのでそこは注意ですよ。

ちなみにぼくがつかってるOLYMPUS PEN E-PL7にあうレンズプロテクターはこちら


もう一つぼくが使っているダブルズームレンズという大きいタイプのレンズにはこれがぴったりでした。

 

三脚

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

これはミニサイズの三脚

○ 旅先でしっかりと夜景を撮りたい

○ いろんな角度や場所から写真を撮りたい

○ いい写真を撮るためには妥協したくない!

という人は三脚を持っておくとすごく捗ると思います。

ですがぼくの場合、そこまで夜景を撮ることやキレイな写真にこだわりがありませんでした。笑

なので旅のあいだ三脚をつかう機会はほぼなかったです。う~~ん無念

でも、コンパクトで荷物にならないので普通の旅行や趣味でつかうにはいいですよ。

 

モバイルバッテリー


Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 A1271012

これはモバイルバッテリーというもの。

長期の旅になると、野宿などで連日電源を確保できないことがあります。

そんなときスマホなどの充電を切らしてしまうとオーマイガー

ですがこのモバイルバッテリーがあれば、電源のない場所でもスマホやカメラなどを充電することができちゃうんです。

ぼくがもってるAnker PowerCore 20100iPhone6なら7回くらいフル充電できる大容量

むしろ充電を減らすほうがむずかしいレベルだったりします笑

パソコンの充電に対応してないのが残念ですが、これ1つあれば旅先で充電の心配をすることはないですよ。

 

充電ポート


Anker PowerPort 4 (40W 4ポートUSB急速充電器) 【急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載】 (ホワイト) A2142122


最近はネットカフェ、コンビニ、カフェなど、コンセントをつかえる場所が増えてますよね。

充電できるのでありがたいのですが、コンセントが1か所だけしかつかえない場合がほとんど。

 

スマホもカメラもバッテリーもぜ~んぶ一気に充電したい!(スリスリ

そんなときこの充電ポートがあれば、1つのコンセントで最大4つまで同時にチャージできますぞ。

ちゃっかり急速充電もしてくれるので、正直デメリットが見つからないのが唯一のデメリットです

 

スマートフォン(iPhone6)

image

あたりまえですがスマートフォンも持っていきました。

ぼくが使ってるのはiPhone6。 もう長いことiPhoneにはお世話になってるアッポーユーザーです

ブログ更新、連絡手段など旅だけではなくどんなときも一緒なので、ぼくの分身みたいなものですね。

ちなみに日本一周をする前に格安SIMの「mineoに契約しました。

これまでのスマホ代がmineoに変えたことで4分の1以上安くなったんですよ。やばい!本当にすごい!(語彙力)

公式サイト

○ mineo

イヤホン

2017-01-27-10-22-33
SoundPEATS(サウンドピーツ) ワイヤレス イヤホン Bluetooth 4.1 apt-Xコーデック採用 高音質

コードが引っかかって耳ピンしちゃうあなたへ。

ぼくは結構ランニングが好きでして、走ってるときにイヤホンが絡まったり、引っかかるのがイヤなのでワイヤレスタイプを使ってます。

ワイヤレスでも意外と音質は気にりませんし、防水機能がついていたりで優秀なやつです。

見た目がゴツイさと充電式なのが欠点ですが、そこが気にならなければ使い勝手はグー!!

 

普段使いするときはコード式の方がしっくりくるので、ぼくはこっちも使ってました。

1000円以下で買えて音質も悪くないのでリピートしてます。

 

ケーブル類


Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 【Apple MFi認証取得 / 高耐久ケブラー素材 / 結束バンド付属】iPhone、iPad、iPod各種対応 (0.9m ホワイト) A8111021

これはアップル製品に使えるライトニングケーブルです。

以前は純正のものを使ってましたが、ケーブルが断線したのでもっと丈夫なやつを購入。

しっかりとしたつくりなので、旅中に断線することはなかったですよ。

さすが安さと信頼のANKER製品っす!!

モバイルバッテリーやカメラのバッテリー、ワイヤレスイヤホンの充電にはこちらのmicroUSBケーブルをつかってました。

なわとびかな? ってくらい丈夫にできてるので、酷使しても断線することはないです。

ポケットWIFI

旅をしながらがっつりネットを使ってたので、ポケットWiFiと契約してました。


ぼくが使ってたのは民泊WiFiと呼ばれるジャンルのポケットWIFI。

月額4500円しますが、よくあるポケットWIFIにありがちな2年縛りや解約金がかからないんです!!(あざっす)

ぼくの場合は日本一周の期間だけ使いたかったので、条件的に申し分なし。

通信制限もないのでいつでもサクサクネットが使えましたよ。

旅しながらネットをヘビーユーズする人には必須のアイテムではないでしょうか。

公式サイト

○ 民泊WiFi


追記(2019/3/2)
IMG_6893

また、現在は上記のWiFiを解約して縛りなしWiFiというポケットWiFiを利用してます。

月額3300円のみでその他の手数料なし!2年縛りもなし!

という旅にもってこいのサービスなので日本全国に持って行ってますよ。
縛りなしWiFiがどんなものか気になる人は公式サイトからどうぞ。

公式サイト

縛りなしWiFi

レビューもしてます!

その他

そのほかには乾電池やカメラのバッテリーや充電器、腕時計なども持っていきました。

かなり地味なアイテムたちですが、どれもずっしりと旅の生活を支えてくれましたよ。

参考程度にどうぞ~

 

まとめ:チャリブロガーが日本一周自転車旅行で使ったガジェット・電子機器装備

2017-03-27-16-54-24

もういちど日本一周に持っていく電子機器をまとめておきます。



こんな感じになりました。

○ 旅をしながらブログやネットサーフィンをしたい

○ コンパクトで持ち運びしやすいものがいい

○ なるべくコストパフォーマンスが高いものがいい

というぼくのわがままをこれらの装備たちは叶えてくれました。

実際、日本一周のあいだもほぼ不満なく役割をはたしてくれましたからね。

同じように自転車旅行や日本一周をしながら電子機器を使いたい人の参考になれば幸いです。

 

【もくじ】ガジェット・電子機器以外の日本一周装備・持ち物

ここからはぼくが自転車日本一周で使ったアイテムを種類ごとに紹介してます。

各カテゴリーにはアイテムを紹介した記事リンクを掲載してますので、気になるものからチェックしてみてください。

※なお2017年10月に日本一周を終えたので、実際の感想を交えながら解説してます。

 

自転車・ツーリング

ぼくはロードバイクで日本一周したので、荷物を積載するために多少メンテナンスする必要がありました。

とはいえメンテナンスと言ってもキャリアやサイドバッグを付けたりタイヤを交換する程度だったのですが、それでもかなり走りやすくなりましたね。

また、他にもライトやボトル、サドルバッグなど自転車旅に必須となるアイテムも揃えたので、不自由なく旅ができましたね。

もしぼくと同じようにロードバイク(もしくはクロスバイク)などで旅される方がいれば参考になると思うのでよければこちらをどうぞ。

関連:ロードバイクを旅仕様に!!日本一周自転車旅行でつかった自転車・ツーリング装備のまとめ

関連:意外とカンタン‼︎ 日本一周で使うロードバイクにした5つのメンテナンス

 

服装・衣類・ファッション・ウェア

自転車日本一周ではおもにアウトドアやスポーツウェアをメインの服装にしてました。

例えばTシャツ、ウインドブレーカー、レインウェア、パンツ、ズボン、靴下、サンダルなど、、、

軽量かつ機能性を重視したアイテムを選んでまして、実際の旅でも大活躍してくれました。

とはいえ、難点を言えばアウトドア用品は少し値が張ります。ですが、長期的な視点で考えると快適さや物持ちの良さがあるので後悔しないと思います。

服装やウェア選びは旅の快適さを左右する重要なファクターなので、ぜひ妥協なく選んでみてください。

関連:なにを着ていく?日本一周チャリダーが自転車旅行で使った服装・衣類のまとめ!!

 

キャンプ・アウトドア装備

ぼくはロードバイクで日本一周したので、キャンプやアウトドア関連の荷物はできるだけコンパクト&軽量を意識してました。

とはいえ、せっかくの旅なので外遊びもしっかり楽しみたい!

そう思ったのでキャンプも楽しみつつ、無駄な荷物にもならないギリギリのラインで装備を選んでみました。

結果的には日本一周中も不自由なくキャンプやアウトドアが楽しめたので、わりと最適化された装備かなと思います。

キャンプやアウトドア用品は自転車旅のおもしろさをより一層引き立たせてくれるので、ぜひ取り入れてみてください!

関連:外に出ようぜ!日本一周自転車旅行で使ったアウトドア・キャンプ装備のまとめ

 

生活・日用品

自転車で日本一周をするということは自分の自転車に生活のすべてを詰め込むわけですからね笑

身だしなみ、食材、調味料、洗面洗濯用品、薬、地図、傘、暇つぶしグッズなど、、、

暮らしを成り立たせるには想像以上に細かなアイテムが必要になります。

 

もちろん「旅の途中で必要なものを揃えればよくない?」という考えもありますが、薬や食材などは場所によってすぐに手に入らない場合もあるんですよ。

なので、最低限「これはあったほうがいいだろうな」というものや「これは個人的に持っていきたい!」というものを事前に考えておくといいです。

そのおかげでぼくも日本一周中はわりと不自由なく過ごせたので、備えあれば患いなしかなと思いましたね。

関連:旅人の七つ道具⁉日本一周自転車旅行でつかった生活・日用品のまとめ

 

自転車日本一周をやってみたいと思うあなたへ

自転車で日本一周してみたい!

そう考える人は意外と多いと思いますが、実際それを実行に移すには多大な準備や時間、お金、そして勇気などが必要です。

なので、そんな現実を目の当たりにすると「やっぱりやめようかな、、、」「自分には無理かもしれない、、」と思って諦めてしまいますよね。

それはぼくも同じで、実際に日本一周をしよう!と決めたものの、常にアタマの中には不安や投げ出したい気持ちでいっぱいでした。

 

ですが、そこから一歩踏み出して具体的な準備や根回しを一歩ずつ進めていくことで、無事に自転車日本一周という夢を達成できました!

「じゃあ具体的にはどんなことをやったの?」

その疑問にはこちらの記事でぼくが自転車で日本一周を企画し、準備し、実行するまでのすべてをまとめています。

「本気で日本一周してみたい!」という方ならきっと役に立てると思いますので、ぜひ一度読んでみてください。

関連:【完全版】日本一周チャリダー直伝!自転車で日本一周できる準備からノウハウ、方法までをすべてまとめる

 

以上、チャリブロガーが日本一周自転車旅行で使ったガジェット・電子機器装備まとめでした~

では~!

▽ぼくが自転車で日本一周しようと思ったキッカケの本。読み始めたら止まらない一冊です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました