IMG_5134
更新日:2018/11/4

どもども!現役チャリブロガーのカンノ(@kanno414)です。


ぼくは大学に入学してから趣味として自転車旅をはじめました。

それから今日まで、かれこれ5年くらいの期間で自転車を使ったいろんな旅を経験してきたんですよね。

それでも自転車旅行をやろうと思った当初は

○ そもそも自転車旅ってどんなことをするんだろう

○ 自転車旅に種類ってあるのだろうか?

○ なんだかハードルが高そう、、、


と、あれこれ不安に思っていました。笑 今思えばどうってことはないんですけどね!

だからこそ旅をはじめたばかりの自分に「自転車旅ってこんなものがあるよ!」と伝えられたらもう少し身軽に動けた気がするんですよ。

というわけで今回は、現役チャリダーのぼくが5年間で経験してきた6つの自転車旅行を紹介しようと思います!


おすすめや難易度も伝えていくので、自転車旅行をはじめたい人や初心者の人は参考にしてみてください!




 [目次] 現役チャリダーが経験した6つの自転車旅行


① 【初心者向け】手軽に旅をはじめるならまずは「日帰り」ツーリング

② 【初心~中級者向け】自転車に慣れてきたら宿に泊まる「1泊2日」ツーリングはどう?

③ 【中級者向け】 もっと遠くへ。それなら「2泊以上」の旅がおすすめ!

④ 【中級者向け】 好きな場所だけ走れる「輪行ツーリング」もいいぞ

⑤ 【中級~上級者向け】 旅の醍醐味がたくさん詰まった「キャンプツーリング」は最高です

⑥ 【番外編】 旅は意外と身近にある‼︎ 「ポタリング」から始めてもいいよね


これから伝えていく6つの自転車旅行は初心者におすすめなものもあれば、難易度の高いものもあります。

それでも、はじめてしまえばどれも楽しいので自分のレベルにあわせて参考にしてもらえれば幸いです。





 ① 【初心者向け】手軽に旅をはじめるならまずは「日帰り」ツーリング

2016-11-17-00-58-44

ぼくがのしたはじめての自転車旅もそうだったのですが、初心者の方にはまず「日帰り」の旅がおすすめです!

というのも、、、

○ 自分は1日にどれだけ自転車で走れるのか?

○ 自転車旅に必要な持ち物は何なのか?

○ 自分はどんなことに旅の楽しさを見出すのか?

などなど。

日帰りの自転車旅は自分にとって必要な知識を学ぶことができますし、旅をはじめるキッカケになるんですよ。


ちなみに自転車で1日どれだけ走れるのか気になると思うのですが、運動習慣のない人なら1日に50㎞こぐのがやっとだと思います。

慣れてきたら70㎞、80㎞、100㎞以上走ることもできますが、体力に自信がなければまずは50㎞くらいに設定するのがいいですよ。

いきなり100㎞こぐと翌日は筋肉痛フェスティバルですからねっ(実体験)



image

また1日で走る距離はスタートからゴールまでの往復になるので、スタートから20〜30㎞先のポイントを目的地に設定するとちょうどいい距離になりますよ。


距離設定はわかったけど実際に必要な持ち物はなに?


という人も安心してください。日帰りなら季節にあわせた服装とパンクの修理用品、ライトなどを持っていけば大丈夫です。

こちらには初めての自転車旅でぼくがおすすめする装備などを紹介しています。


ぼくが体験した日帰り旅の旅行記はこちら。


チェックポイント
○ はじめての自転車旅ならまずは日帰りから

○ いきなり100㎞は大変。はじめは50㎞くらいがおすすめ

○ 季節にあわせた服装とパンク修理用品などを持っていこう


 ② 【初心~中級者向け】自転車に慣れてきたら宿に泊まる「1泊2日」ツーリングはどう?

2016-11-16-14-04-06

自転車に乗ることに慣れてきたらつぎは「1泊2日」の旅をしてみましょう!

1泊2日ツーリングのいいところはこんな感じでして、、、

○ 1日で走れる距離が増やせて遠くに行ける

○ 宿に泊まって旅気分が味わえる

○ 1泊2日なので時間と体力に余裕が持てる



そして1泊2日の旅でぼくは片道「50㎞」以上という距離をおすすめしてるのですが、それにはワケがありまして

2017-09-13-18-01-02

というのも、スタート地点から半径50㎞以内には何かしらの観光地があるんですよね!

せっかく宿に泊まるなら、観光地でステキな時間を過ごせたらサイコーじゃないでしょうか?

さらに温泉があれば自転車旅と相性バツグンですからね!いい汗をかいた後の温泉はまさに至福の時間。


また、1泊2日になると日帰りよりも荷物が増えるので旅用のリュックや入れものがあると便利ですよ。

こちらにはリュックを含め、初心者の方におすすめできるツーリング用のアイテムを紹介しています。


チェックポイント
○ 自転車に慣れてきたら1泊2日の旅を!

○ 最寄りの観光地に泊まってみよう

○ 旅用のリュックや入れ物があると便利だぞ


 ③ 【中級者向け】 もっと遠くへ。それなら「2泊以上」の旅がおすすめ!

2016-08-23-21-25-12

ここからは初心者を抜け出して中級者向けになるよ!



1泊2日の旅にも慣れてきたら、つぎはもっと行動範囲を広げた「2泊以上」のロングツーリングをしてみましょう!

「連日自転車をこいで、体力的に大丈夫なのかな?」

と思うかもしれませんが、日帰り、一泊二日と経験を積んでいけばおそらくその頃には「自転車用のカラダ」ができてると思います。

なので1日に70〜80㎞、もしくは100㎞走るのも不可能じゃないはず! 

image

また、ロングツーリングは単純に行動範囲が広がるので

○ クルマで行くような観光地に自転車で行ってみる

○ 自分の住んでいる県を自転車で一周してみる

なんてこともできるようになります。

ここまで来たらあなたはかなり旅にハマってると思いますよ笑

ロングツーリングと言っても装備は日帰りや1泊2日とあまり変わらないので、日数にあわせて持っていきましょう!

こちらには自転車旅をするために必要な持ち物やノウハウをまとめておいたので、旅をする前にのぞいてみてください。


チェックポイント
○ もっと慣れたら2泊以上のロングツーリングを

○ 1日に走れる距離もぐっと増えるよ

○ 日数に応じて荷物の量を変えよう


 ④ 【中級者向け】 好きな場所だけ走れる「輪行ツーリング」もいいぞ

2015-08-21-13-21-07

こちらはちょっと特殊。 これは「輪行」という旅のスタイルです。

輪行とは、輪行袋というものに自分の自転車を折りたたみ収納して、電車や飛行機などの公共交通機関で移動すること。

もっとカンタンに言うと、輪行とは自転車を大きな袋(輪行袋)にいれて電車や飛行機で移動する手段のことです。

2015-08-15-16-39-53

輪行のいいところは自分の自転車をもって公共交通機関をつかえるので、好きな場所だけ走れるようになるってこと。

京都を旅したいなら京都に自転車をもっていけばいいですし、北海道を旅したいなら北海道にもっていけばOK。 


観光地だけをねらって旅することもできれば、険しいルートを輪行で避けることだってできます。

というように、輪行は旅の自由度がかなり高めてくれるんですよね~!

ただし、輪行する際は自転車をバラす必要があるので多少の知識と経験が必要です


▽ ちなみに輪行袋とはこんな感じのもの。

輪行袋自体は折りたたむとペットボトルくらいコンパクトですが、広げると自転車が1台入るほど大きくなりますよ!

自転車旅に慣れてきたら輪行袋はぜひ持っておきたいアイテムと言えますね。

チェックポイント
○ 輪行ができれば旅のいいとこ取りができる

○ 輪行するには輪行袋が必須

○ ただし自転車に関する知識と経験が多少必要


 ⑤ 【中級~上級者向け】 旅の醍醐味がたくさん詰まった「キャンプツーリング」は最高です

2017-05-26-07-35-55

さてこちらは上級編。 ぼく的には自転車旅行の最終形態だと思っている「キャンプツーリング」の紹介です。


キャンプツーリングとは、その名のとおり自転車にテントや寝袋などのアウトドア用品をどっさりのせて旅するスタイルのこと

言わば自転車に家をのせるのと同じ状況なので、旅をしながらキャンプ場を利用したり、好きなところで野宿することができます!

2017-06-24-08-58-56

キャンプツーリングは宿泊費がほとんどかからないので、日本一周や世界一周などの冒険に出かける人は大抵このスタイルのことが多いですね。

ぼくも自転車で日本一周したときはこのスタイルでした。


もちろんそんなに大きな冒険にでなくとも、キャンプツーリングは誰でも楽しめると思っていて

○ 大自然の中でテントを張ったり

○ 自分たちで食材を調達して料理したり


ただでさえ非日常の自転車旅をキャンプツーリングはさらに特別にしてくれますよ!


旅の醍醐味がたくさん詰まってるんだよね〜


ただし、自転車に乗せる荷物がそれだけ増えますし、自転車本体をキャンプ仕様にカスタマイズしなければいけないので難易度は高め


それでもキャンプツーリングに挑戦したい!というワイルドな人はこちらに装備を紹介してるので参考にしてみてください。

ここにあるものそろえておけば最低限大丈夫ですよ!


ぼくが体験したキャンプツーリングの旅行記がこちら。


チェックポイント
○ 自転車旅にどハマりしたあなたはキャンプツーリングを!!

○ 自由度マックスなので旅の醍醐味が詰まってます

○ ただし難易度は高め


 ⑥ 【番外編】 旅は意外と身近にある‼︎ ポタリングから始めてもいいよね〜

2016-12-15-11-26-20

さいごはちょっと変わりダネの「ポタリング」を紹介します。

○ ロードバイクを買ったけど正直そんなにがっつり走りたくない

○ マイペースで自分の好きなように自転車に乗りたい

という人にポタリングはうってつけでして

ポタリングは散歩するように自転車をこぐだけなので、これまで紹介してきた旅のスタイルよりよっぽどゆるいんですよね。

ぼくはけっこうポタリングが好きで、よく地元の町をあてもなくふらふらしています笑

image

ぼんやり自転車をこいでると思いもよらぬ景色に出会えたり、知らないお店を発見できたりするのでポタリングも立派な旅だと思うんですよね。


体力にまったく自信がなくて不安な方は、まずポタリングからはじめてもいいかもしれませんね!

チェックポイント
○ 散歩するように自転車をのるポタリングも1つの旅

○ 体力にまったく自信のない人でもできます!!


 あなたはどの自転車旅から始めてみたいですか?


以上がぼくの経験してきた自転車旅のすべてになります。


あなたはどの旅スタイルに興味を持ったでしょうか?


「自転車で旅するのって大変そう。辛そう。」

どれも間違いではないですが、その先には経験した人しか味わえない楽しさが待っていると断言できます。


今すぐにでも旅に出たい!


という人はこちらに自転車旅で最低限押さえておきたいポイントを紹介しています。

必要なものをそろえたら、さっそくあなたにしかできない旅を楽しんできてくださいね。




  まとめ: 現役チャリダーのぼくが経験した6種類の自転車旅行


ここまでぼくが経験してきた6つの自転車旅を紹介してきので、もう一度まとめておきます


① 【初心者向け】手軽に旅をはじめるならまずは「日帰り」ツーリング

② 【初心~中級者向け】自転車に慣れてきたら宿に泊まる「1泊2日」ツーリングはどう?

③ 【中級者向け】 もっと遠くへ。それなら「2泊以上」の旅がおすすめ!

④ 【中級者向け】 好きな場所だけ走れる「輪行ツーリング」もいいぞ

⑤ 【中級~上級者向け】 旅の醍醐味がたくさん詰まった「キャンプツーリング」は最高です

⑥ 【番外編】 旅は意外と身近にある‼︎ 「ポタリング」から始めてもいいよね〜


自転車旅にはどんなものがあるかわかってもらえたでしょうか?


ここまで紹介してきた旅スタイルはどれもぼくが実際に体験したものになります。

今では自転車で日本一周するまでになったぼくですが、旅をはじめた頃はそれこそ日帰りやポタリングからスタートしました。

そこから少しずつ経験を積んでいってキャンプツーリングやロングツーリングなど、自転車旅行を自由に楽しめるようになったんですよね。

チャリ旅ってこんなにもおもしろいのか!



あなたも自分の経験や知識に合わせて、少しずつ旅のたのしみ方を増やしてもらえればなりよりと思います。


この記事が自転車旅行をはじめたい方や、初心者の参考になればサイコーです!




 当ブログでは自転車旅を始めたい人へのノウハウも公開してます

IMG_0827

自転車旅をやってみたいけど、自分にもできるのか不安だ、、、



そんな人に向けて当ブログでは自転車旅のノウハウやQ&Aを公開してます。

すべてぼくが実際に旅をしてわかった実体験をベースに書いているので、よければ参考にしてみてください。


チャリ旅は誰でもできますが、誰もが挑戦するわけじゃない最高の体験です。


そんな世界にあなたも足を踏み入れてみませんか?





以上、【初心者向け】自転車旅行とは?現役チャリダーが経験した6種類の旅をまとめて紹介!おすすめは? でした

では~!


また、こちらにはぼくが実際に訪れた自転車旅スポットを紹介しています。

つぎの行き先がまだ決まってない人は参考にしてみてくださいね。












               スポンサーリンク
FullSizeRender FullSizeRender


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット