黒板吹き出し猫4

どもども!ブロガーのカンノです。


アコギでソロギターを始めたいけど何が必要なの?まずは必要なものだけ揃えたいんだけど、、


こんな質問に答えますね!

【この記事の内容】
○ ソロギターを始めるのに絶対必要な機材


○ 重要度別あると便利な機材

○ ライブや路上ライブを視野に入れる人向けの機材


ちなみにこの記事を書いてるぼくもソロギター初心者でして、現時点で8ヶ月目くらいです。

とはいえギター歴自体は3年ほどになるので、その経験の中で必要な機材の選別法がわかってきました。

特にソロギターはギターの中でも圧倒的に「初期費用がかからない」ので、よければ参考にしてみてください!




【初心者向け】アコギでソロギターを始めるために必要な機材【重要度別】


ムダな買い物を避けるために重要度別に紹介していきます



冒頭でも言いましたが、ソロギターは準備が驚くほど少ないので誰でも始められます。

ですが、それでも「さすがにこれは持っておいた方がいい」というアイテムはあるんですよね。


そこでここからは重要度別にソロギターの機材を紹介していきます!

必須アイテムからあると便利なものまで伝えるので、あなたのニーズに合う機材をそろえてみてください。


【☆☆☆】ソロギターを始めるのに必須の機材

黒板吹き出し猫1

まずはソロギターを始めるなら「これがないとできない!」というレベルの機材です。

ここで紹介するアイテムは必ず用意しておきましょう。


 アコースティックギター(アコギ)

IMG_6852

○ アコースティックギター(アコギ)は必須!

○ 最初は安物でOK

○ 女性や手の小さい人にはミニギターもおすすめ


まずはアコースティックギター(アコギ)ですね。

まだ持っていない人はマイギターを用意しましょう!


ちなみにぼくは「初心者のギターは安物でいい」と考えてまして、というのもいきなり高価なギターを買うと挫折したときの出費がイタイんですよね。

「自分は形から入るタイプだ!」という人ならいいですが、そうでなければまずは安物がいいですよ。

ぼくも最初は父親のギターを借りてましたからね。初期費用はゼロです笑


ヤマハやLEGENDなどの有名メーカーからもリーズナブルなモデルが出てますよ。

スタートはこれくらいで十分だと思います。



また、女性や手の小さい人には「ミニギター」というジャンルもあります。

アコギをそのまま小さくしたものなので、こちらから始めてもいいでしょうね。



 チューナー

FullSizeRender

○ チューナーは必須アイテム

○ ギターの音色を正しく整える役割

○ 1000円前後で買えます
ギターとあわせて用意してほしいのがチューナーですね。


ギターには6本の弦が張られてますが、1本ごとに決められた音があります。

その音に調節する手助けをしてくれるのがチューナーなんですよ。

イメージとしては、カラオケの採点機能で音程グラフにあわせるあの感じですね笑


チューナーはいろんな種類が出てますが、Amazonでも人気なこちらのタイプを用意すれば問題ないでしょう。

ぼくも使ってますがクリップ式なので簡単に使えますよ。


同じようなタイプだとこちらも人気ですね。

上で紹介したチューナーよりもリーズナブルです。



 ソロギターの楽譜

FullSizeRender

○ 楽譜がなければ始まらない!

○ 難易度は低めがおすすめ

○ あなたの好きな曲を選ぼう

最後はソロギターの楽譜を用意しましょう。


いろんな種類があって悩むかもしれませんが、最初は難易度の低いものがおすすめです。

ぼくは難しい曲に挑戦して挫折したことがありますからね笑

それを防ぐために「練習すればなんとかできそう!」というレベルの楽譜にするといいですよ。


また、ジャンルはあなたの好きな音楽がおすすめですね。

定番曲などもありますが、好きな曲を演奏するのが一番モチベーションになります。


ちなみにぼくはジブリ音楽が大好きなのでこちらの楽譜を使ってます!

カンタン!とは言えませんが、練習すればなんとかできるレベルでした。



また、ネット上には無料でソロギターの楽譜が公開されてるので、そちらを参考にしてもいいでしょうね。

参考までに初心者向けの楽譜を紹介しておきます。


【☆☆】ソロギターを始めるなら持っておきたい機材

黒板吹き出し猫2

ここでは必須ではないですが、後々必要になってくる機材を紹介します。

ソロギターに関わらず、ギターを続けていくなら持っていて損はないアイテムですよ。


 ピック

FullSizeRender

○ フィンガースタイルのギターなら使わない

○ 弾き語りやピックを使った演奏をするなら必要

○ ジャカジャカできるのでギターらしい音が出ます

ピックとはギターを弾くときに使う爪のようなアイテムです。


ソロギターに限らずジャカジャカ弾いたり、弾き語りもするなら必要になってきますね。

とはいえソロギターはフィンガースタイル(指で弾く)が多いので、今すぐ必要になることはないと思います。

ギターを続けていく上で「もっといろんなスタイルを試してみたい!」と思ったら購入するといいですよ。


ぼくが使ってるのはシンプルな形のピック。お徳用なのでなくしても安心です


おにぎり型のピックは初心者でも握りやすいですね。



 カポタスト

IMG_5410

○ ギターを続けてると必要になります

○ 原曲どおりに演奏したいなら必要になることも

○ 1000円以内で買えます


なにこれ?と思った人も多いと思いますが、これはカポタストというアイテム。

ギターのネックに挟んでキーを調節する役割があります。

イメージしにくければ「カラオケでキーの高さを変える機能」だと思ってもらえればOKですよ。


初心者の頃はあまり使いませんが、ギターを続けてるとカポタストが必要な曲に行き当たりますね。

ソロギターだと原曲キーで演奏したい場合などがそうです。

カポタスト自体は1000円以内で買えるので、ギターにハマれそうなら買っておくといいですよ。




 予備の弦

 

○ 弦が切れたときのスペアとして

○ 弦が古くなったときの交換用として

○ 初心者にはやわらかい弦がおすすめ


ギターを続けてると弦が錆びたり切れたりするので、予備の弦を常備しておくといいですよ。

弦を張り替えると気分も一新しますし、新しい弦で鳴らす音は快感なんですよね。


「でも、どんな弦を持っておけばいいの?」

そう思うかもしれませんが、初心者なら「やわらかい弦」が圧倒的におすすめです。

ぼくも使ってるのですが、やわらかい弦なら指も痛くなりにくいですし、なにより弾きやすい!

難しいと思われがちなアコギのデメリットをカバーしてくれますよ。


ぼくが使ってる弦はこちら。一番やわらかいタイプを使ってます


こちらの弦も人気ですね!



 初心者用の教本

IMG_5411

○ ギターの基礎を学びたい人向け

○ 1つずつ体系的に理解したい人


○  練習曲もあって心強い

きっちり学ぶなら初心者用の教本があると便利です。

ぼくは弾き語り用の教本からアコギを始めましたが、学んだ知識は今のソロギターに活きてるんですよね。


ギターの基礎知識、弾き方のフォーム、コードなど

1冊あればギターのことが体系的に学べるので、じっくり上達していきたい人は持っておくといいです。



弾き語り用の教本もあったりします。



【☆】ソロギターを続けるなら持っておきたい機材

黒板吹き出し猫3

最後はギターを長く続けていくなら持っておきたいアイテムになります。


 ギタークリーナー

FullSizeRender

○ ギターを長持ちさせる

○ いつもキレイに管理したい


○ 1000円前後で買える


ギターをメンテナンスしたい人は「クリーナー」も用意しておきましょう。

クリーナーにはボディ(木の部分)を磨くものや、指板や弦に使うものがありますね。

「そろえるの面倒じゃない?」と思うかもしれませんが、一度そろえれば長く使えますし、セットになったタイプもありますよ!


ギターは放置するとすぐに劣化していくので、長く使いたい人はクリーナーを持っておくといいです。



ギターのボディを拭く用のクリーニングクロスもあわせて持っておくといいですよ。



 ギターケース

IMG_5416

○ 外に持ち出すならケースは必須

○ おすすめはリュックのように背負えるタイプ

○ ギターの保管場所にもなります

ギターを外に持ち出したいならケースがあると便利です。


スタジオ、ライブ、公園、友だちの家など、、、

ギターは自宅で楽しめる楽器ですが、外に持ち出せば楽しみ方が広がるんですよね。

ぼくも最近は海にギターを持っていって、ポロポロ弾いてます笑


また、ケースがあればギターの保管場所にもなるので一石二鳥ですよ!

個人的なおすすめは「リュックのように背負えるタイプ」のケースですね。



しっかり守りたい人はハードなギターケースもあります。



 まとめ:アコギでソロギターを始めるために必要な機材・アイテム


必要な機材をそろえてさっそくソロギターにチャレンジしましょう!



【必須の機材】

POINT

ギター
チューナー
ソロギターの楽譜


【持っておきたい機材】
○ ピック
○ カポタスト
○ 予備の弦
○ 初心者用の教本

【あると便利な機材】
○ クリーナークロス
○ ケース

「ソロギターって始めるまでの準備が大変そう」

と思ったかもしれませんが、実際は少ないアイテムで始められます。

もちろん、完璧にそろえようと思ったら大変ですが、まずは最低限でいいのではないでしょうか。


小さく始めて、ハマれそうだったら少しずつプラスしていく。

そして大好きになったら思いっきり揃える。

記事を参考にしながら「これは必要!」というアイテムを考えながらソロギターを始めてみてください。


 ライブや路上ライブを視野に入れるなら持っておきたい機材

黒板吹き出し猫5

将来的にライブもしてみたいんだけど、持っておいた方がいいモノってある?


という人に向けて、ここからはライブ(または路上ライブ)で活躍する機材を紹介します。

ぼくもソロギターで路上ライブするのが1つの夢なので、一緒に頑張ってみませんか?


 アンプ

IMG_7121

○ 路上ライブするなら必須のアイテム

○ ギターの音が何倍にも膨れ上がります

○ デカい音でギターを弾きたい人にもおすすめ

「ライブをする」となればアコギの生音では音量が足りないので、ボリュームアップする必要があります。

そこで登場するのがアンプでして、これがあればギターの音を何倍にも増幅してくれますよ。

特に路上ライブをするならアンプがなければ周りに音が聴こえないので、必須アイテムと言えますね。


ちなみにぼくが持ってるのは電池でも駆動するこちらのアンプ。

10Wの出力がありながらサイズも小さいので、持ち運びカンタンなんですよね。



本格的なライブを意識するなら値は張りますがこちらが人気ですね。



 エレアコ(エレクトリックアコースティックギター)

FullSizeRender

○ アンプに繋ぐならエレアコ!

○ もちろんアコギとしても使えます

○ 1つあると使い勝手の良いギター

エレアコ(エレクトリックアコースティックギター)とはアコギにエレキギターの要素をプラスして、アンプに繋げられるようにしたもの。

見た目も音もアコギですが、アンプに繋げられるのでライブで活躍するんですよね。

(※通常のアコギだとアンプに繋げられないので注意)


もちろん、アンプに繋がなければアコギとして使えるので「自宅でも外でもギターを弾きたい人」に向いてます。

ぼくが使ってるのはYAMAHAから出てるエレアコのミニギター

旅先でギターを弾いてみたいので機動力を重視しました。



通常サイズのエレアコだとこちらが人気ですね。



 シールド

IMG_7122

○ アンプとギターを繋げるコード

○ 1000円程度で購入できます

アンプとギターを揃えたらシールドも忘れずにどうぞ。

シールドとはアンプとギターを繋げるコードなので、これがなければ音を鳴らすことはできません。


また、シールドもいろんな種類があってピンキリですが

こだわりがなければコスパの高さで人気なVOXのケーブルでいいと思います。

ぼくも使ってますが、不満のない音質でしたよ!



 ピックアップ

 

○ 普通のアコギをアンプに繋げるなら必須

○ エレアコは買いたくない人

○ 1000円~から買えます


「すでにアコギ持ってるし、エレアコを買うのはもったいない、、」

そんな人はピックアップを使うという手もありますよ!


ピックアップとはアコギをエレアコのようにするアイテムでして、自分のギターでアンプに繋げれます。

価格も性能によってピンキリですが、1000円程度から試せるので興味のある人はどうぞ。




紹介したことを参考にしながら、あなただけのギターライフを送ってみてください!




以上、【初心者向け】アコギでソロギターを始めるために必要な機材・アイテム【重要度別】という話でした。

では~!


▽ ギター関連の記事はこちらからどうぞ



▽ YouTubeに弾き語りやソロギターの動画をUPしてます



カンノのギターチャンネルはこちら



▽ ぼくが使用してるソロギターの楽譜はこちら



▽ 愛用のマイギター









               スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット