IMG_5342
更新日:2018/6/18

ども!健康オタクのカンノです。


もう二度と風邪を引きたくない!体調を崩したくない!絶対にイヤだ!


という人に向けてこの記事ではおすすめの健康本を紹介していきます。


実はぼくも大学生の頃は1ヶ月に一度風邪を引くくらい体が弱く、ほんとうに風邪が嫌いでした。

体調を崩してばかりいては楽しいことはすべて苦行になりますし、無理をしたら結局自分の健康につけが回ってくる。

「このカラダをどうにかして健康にしよう!」そう思い立ち、これまで何冊もの健康本を読み漁ってきたんですよね。

その成果もあって、今ではここ1年くらい風邪を引くことも体調が悪化することもなく、本当に健康な毎日を暮らせています。

正しい知識を身につけて、それを実行すれば少しづつでも確実に健康体になっていくんだと実感したんですよ!


というわけでそんなぼくがおすすめの健康本を紹介していくので、二度と風邪を引きたくない人は参考にしてみてください!



 「自分は体が弱いから」と諦めるにはまだ早いです


本題に入る前に少しだけお話を。


自分は体が弱いから体調を崩すのは仕方がないことだ、、、



その気持ちはすごくわかります。ぼくも以前は体が弱くて、いつものど飴やマスクを持ち歩く生活でした。

そしてどれだけ注意してもやっぱり体調を崩してしまう。

あぁ、自分のカラダは変えられないんだ、、、健康になれないんだ、、、と自己嫌悪に陥ることもありましたね。

周りの友達はなにもしていなくても健康で楽しそうだし、そんな姿をうらやましく思うこともありました。


でも、そんなこと思っていてもなにも良くならないんですよね。しっかりと現実を見て、自分にやれることをやるしかないわけです。

「自分は体が弱いから、、、」と諦めるにはまだ早いのではないでしょうか。

では、いったいどうすればいいのか?


 正しい知識を身につけて「どうしたら健康になれるのか?」を知ろう

IMG_5343

結論から言えば、正しい知識を身につけて、それを実践すれば少しづつ体は強くなっていきます!


これは「毎月風邪を引いてたぼくが今はここ1年風邪を引いてない」という事実があるので、信憑性は高いと思いますよ。

おそらくあなたは「なんとなくこれが健康にいい、、、、」という知識は持ってると思います。

でもそれは本当に正しい知識でしょうか?健康になれる根拠を持っているでしょうか?

ぼくもなんとなく健康にいいから、、、という理由でいろいろ試していた時期がありますが、あまり効果はありませんでした。


そこでおすすめするのが本を読んで、そこから正しい知識を学ぶ。そして実践する。ということ!

一見、遠回りのように見えますがこれが一番効果的でした。そして一度身についた知識はこれからのあなたの健康をずっと支えてくれます。


前置きが長くなったけど、ここからはぼくが読んだおすすめ健康本を紹介していくよ!



 【もくじ】 二度と風邪を引かないために読んだおすすめ本5選


1.食べない健康法
POINT2.健康はシモのほうからやってくる

3.腸をダメにする習慣、鍛える習慣

4.あなたの人生を変える睡眠の法則
5.自重筋トレ100の基本


ぼくが難しい本が読めない、、、というのもあって、ここに紹介してる本はどれも読みやすいものばかりになってます。

なので、もしかすると人によっては読みごたえがないかもしれません。

ですが、なにより「どうしたら健康になれるのか?」ということに根拠を添えながら解説してくれる内容ばかりなので、スッと頭に入ると思いますよ!


興味のあるものからぜひ手に取って読んでみてくださいね。




 食べない健康法

現代人の食べすぎが病気を増やしている!ガン、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、通風…これらの病気は、1日2食以下の「少食生活」で改善できる。本書は、断食が体に良い根拠から、その具体的な実践法、「飲酒はOK?」「いつまで続けるべき?」などの素朴な疑問までを解説。永年、断食指導を行なってきた著者が明かす「少食健康本」の集大成。

衝撃的なタイトルですが、「食べない」というのはそれだけで健康につながると教えてくれた一冊。


本書のなかに出てくるのですが、「1日3食があたりまえになったのはここ100年くらいの話でそれまでは1日1食や2食が普通だった」という事実には衝撃的でした!

つまり1日3食食べてる現代人は慢性的に食べ過ぎの状態にあるということで、それが万病のもとになっているんだそう、、、


それ以外にも少食の実践法や効果、他の健康法なども紹介してるので、自分の健康観を変えたい人におすすめです。

ぼくはこの本を読んでから少食や1日2食を実践してみましたが、問題なく、、、というか今までよりも体が活発になったのを実感していますよ。

図解版も出ているので、活字がニガテな人はこちらを読んでもいいかもしれませんね。


 健康はシモのほうからやってくる

健康・長寿のカギを握っているのはすべて“シモ"だった!
「シモ」とは、セックスであり、性器であり、ウンコであり、地べたであり、腸(腸内細菌)です。特に、性器はそもそも腸から分離・独立した器官であり、それゆえ免疫を担う腸と密接な関係がありました。
「シモとアレルギー」(第1章)「シモと長寿」(第3章)「シモとホルモン」(第4章)など、研究者の立場から、シモと健康との不可思議な関係をひも解いています。
「シモ」の世界は知れば知るほど、奥深く、豊かで、人生を楽しく健やかに生きるためのたくさんのヒントが詰まっているのです。

「シモ」とはつまり性器やうんこや腸などのこと。そう聞くとなんだか下品な話のように聞こえますが、実はシモは健康と密接にかかわっていたと気づかせてくれたのがこの本。

腸は免疫力の9割を担うと言われるくらい大切とされてますが、実は腸から分裂して性器などができたんですよ。

独特な切り口ですが、「シモ=性器や腸」を大切にすることが健康になると納得して読める目からうろこの一冊です!

ぼくはこれを読んでからは「どうしたら腸を大切にできるか?」というシンプルな健康法に気づくことができました。


 腸をダメにする習慣、鍛える習慣~腸内細菌を育てて免疫力をあげる30の方法~

健康で長生きするには免疫力を上げること、そしてそれには「腸内環境」を健康に保つことが大事、ということが 昨今広く知られるようになりました。
腸が健康な人は、心身ともに状態が良く生活習慣病などにもかかりにくいのだといいます。
つまり、腸が若いと、長生きできるのです。
私たちが知らず知らずのうちに腸を痛めつけている食べ方とは?免疫の70%を担う腸を鍛える食べものや習慣とは?
腸内研究の第一人者・藤田先生が、腸内細菌をうまく育てて免疫力を上げる30の習慣を明快に解説します。

「健康はシモのほうからやってくる」とあわせて読んでおきたいのが同じ著者である藤田紘一郎先生が書いたこの本。

「腸を大切にすることが健康につながる」ということがわかっても、どうすればいいのか?わからない人のために具体的な方法を紹介しています。

○ 身の回りの菌と仲良くして、生命力を高めよう!落ちたものも食べちゃえ!

○ 腸内細菌の好物を食べていると、幸せの感度が上がる

○ 腸内環境を整えるとテロメアの消費が穏やかになって、長生きにつながる


これは本書でぼくが気に入った一説です。

どれもこの本を読まなければ一生知ることのなかった知識ばかりなので、終始食い入るように読んでました。笑


「腸内環境を制するものは健康を制す!」と、なぞの名言を作りたくなるくらい影響を受けた一冊。



 あなたの人生を変える睡眠の法則

朝イライラする、昼間うとうとしてしまう、いつも体調が冴えない、仕事の効率が上がらない。
毎日が忙しくて、頑張りたいと思っているのに、なんだかうまくいかない。でも、今の生活は変えられないから、しょうがないとあきらめてしまう。
医療の現場には、毎日やる気をもって生活し、もっと自分を高めたいと思っているあなたに、ぜひ知っていただきたい科学的な法則があります。
毎日必ず行う、最も身近な作業である睡眠。この生理的な現象を最大限に活用する。
これこそが、一番手軽で、しかも効果的にやる気を引き出す法則なのです。

人生の3分の1は睡眠時間に充てられてるので、睡眠の質を上げることが健康につながるのはもはやあたりまえだと思います。

「じゃあどうやって?」本書ではそんな睡眠を最大化する具体的な方法を説いていました。

朝・昼・夜にそれぞれ5分ずつ行動を意識するだけで眠りの質が変わったときは、正直驚きましたね。

「就寝前にネガティブ思考になって寝付けない」そんなありがちなことへの対処法まで書いてある、正しい睡眠習慣のバイブル的な本。


 自重筋トレ100の基本

もう器具はいらない!
自分の体レベルに合わせた「自重筋トレ」を推奨。
運動不足の人でも無理なく始めて続けられる基本の4メニューをはじめ、体の部位ごとの様々なトレーニングを紹介します。
また、筋トレスタート時の自分のレベルに合わせて、まずはカラダの土台を整えるための食事プログラムを3ステップで解説。
現状のカラダの調子のチェックから、タイプ別メニュー提案、さらには目指す「目標」別の筋トレ応援レシピも教えます。

ぼくは健康知識を蓄えると同時に筋トレもやっていました。

「筋トレ」というとジムでハードなトレーニングをする修行のようなイメージがあるかもしれませんね。

でも、ぼくがやってたのは誰でも家でできる「自重筋トレ」なので、そこまでハードではなかったんですよ!

(※自重筋トレとは腹筋や腕立て伏せなどの器具を使わないトレーニングのこと)


それに本書には目的別で効率よく筋肉をつける知識も紹介されてるので、筋トレ初心者の方でも安心して始められると思います。

筋トレで平均体温を上げるとそれだけ免疫力もあがるので、健康習慣とあわせてぜひ実践してみてください。

ちなみにぼくはこの本に書いてあることを実践したら体脂肪率が14%→9%まで落ちました。笑



 まとめ : 二度と風邪をひかない健康体になるために読んだおすすめ本

IMG_5313

正しい知識を身につければ今より健康になることはできる!



いかがでしたでしょうか。ぼくは以上の本を読んで、正しい知識を身につけたうえで風邪をひかない健康体になれました。

自分の体にコンプレックスを感じてると、すぐにでも治したいとつい先を急いじゃいますよね。

その気持ちはぼくもすごくわかります。


でも実は自分で正しい知識を学んで、変えれるところから改善していくのが遠回りのように見えて一番近道なんだとわかりました。

ここまで読んでくれたあなたが「もう二度と風邪をひかない健康な自分にしたい」と思ったなら、ぜひ興味のある本から手に取ってみてください。



 余談:正しい知識を学ぶために読書するならAmazonプライム会員になるといいよ

prime5

読書でいろんな知識を学びたいならAmazonプライム会員になると以下のような特典があるよ!


○ 送料、お急ぎ便、日時指定便が無料
POINT○ 毎月1冊Kindle本が読める
○ 数百冊の本が読み放題になるPrimeReadingが使える
○ 電子書籍端末Kindleが割引価格で購入できる
etc,etc,,,,,
余談ですが、Amazonを普段から利用して読書する人はAmazonプライム会員になるといいですよ!

年会費3900円(月額325円)で以上のようなサービスが付いてくるので、読みたい本やそうでない本まですぐに手にすることができます。

ぼくもかれこれ4年以上愛用してるサービスですが、損をしたと感じたことがホントに一度もありません。笑

現在は30日間の無料体験を実施してるので、気になる人は試してみてはどうでしょうか?(無料体験は公式サイトよりどうぞ)

公式サイト

Amazonプライム


Amazonプライム会員についてもっとよく知りたい人はこちらもどうぞ。




以上、もうイヤだ!二度と風邪をひかない健康体になるために読んだおすすめ本5選【随時更新】でした。

では~!


こちらにはぼくが実際に読んだおすすめ本を紹介してるのでよければ参考にしてみてください。







                スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット